競合とは(読了時間:2分18秒)

マーケティングや広告・宣伝に関する文章の中によく登場する「競合」という言葉。

競争が激しい現代社会においては、知らずに済ませることはできないキーワードのひとつです。

ここで「競合」の意味をしっかり把握しておきましょう。

文字通り「競い合うこと」を指す「競合」

「競合」という言葉の持つ意味は、「競い合うこと」や「重なり合うこと」です。

ビジネスシーンでは主に「競合他社」を略して「競合」といい、自社にとって同じ業界や分野において競争関係にある他社のことを指します。

またIT業界でいう「競合」は、コンピューターシステムの中で複数のプログラムが同時に動作している時に、異なるソフトウェアやハードウェアが同じファイルやデータベースにアクセスしようと争っている状態。

動作が不安定になったり、データ更新が正しく行われなかったりすることがあるため、「競合」を避けてシステム設計が行われます。

ビジネスシーンで広く使われる「競合他社」

ビジネスにおいては、常に競合他社を意識しながら戦略を立てなければなりません。

その業界や分野においてトップを走る企業の動向は常にチェックする必要がありますし、自社と同じ商品を扱っているなど、業界内で似た立ち位置の企業の動きもこと細かく知っておくようにするべきだといえます。

その上で、トップ企業からは優れた点を学び、似た立ち位置の企業のものとは差別化できる商品を開発するなど、臨機応変に戦略を立てて実行していくことが重要なのです。

また、競合他社がバッティングすることを避ける動きも見られます。

例えば広告・宣伝業界においては、ひとつのテレビ番組に競合他社の企業が2社以上、広告主として存在することがないように調整。

同じタレントが同業種2社以上の商品のコマーシャルに出ないようにすることも、「競合」を避けるための調整のひとつだといえるでしょう。

「3C分析」の中の「Competitor=競合」

マーケティングにおけるビジネスのフレームワークとして有名な「3C分析」は、戦略を立てる際に幅広く使われている分析手法で、この中で「競合」を分析することが推奨されています。

「3C分析」の手法とは、市場に存在する「3つのC」の関係を明らかにすることで、事業を成功に導くというもの。

「3つのC」とは、「Customer=市場・顧客」、「Competitor=競合」、「Company=自社」で、この3つの視点から分析を行うことが重要だとされているのです。

「Customer=市場・顧客」

ビジネスにおいては市場を知ることが第一であるため、3C分析ではまず、市場・顧客の分析を優先的に実施。

景気の変動や流行の移り変わりなどの社会的な変化を見つけ出す「マクロ分析」、業界内の変化を知り、自社のビジネスへの影響を見つけ出す「ミクロ分析」、これらにより顧客の価値観やニーズの変化を探る「顧客分析」を行います。

「Competitor=競合」

競合分析では、市場・顧客の変化に競合他社がどのように対応しているかを探ります。

競合他社の売り上げやコスト、販売管理費用、資産などに着目し、ビジネスとしてどれくらい成長しているのかを導き出すのです。

「Company=自社」

市場・顧客の変化を受け、競合他社の変化と自社を比較して、他社のいい点を取り入れる、他社とは異なる商品を開発するなど、自社のビジネスをその市場で成功に向かわせるための要因を探ります。

「競合」とは主にビジネスシーンで競合他社のことを指し、戦略を立てるためには常に競合他社の動向をチェックすることが大切だということがおわかりいただけたでしょうか。

戦略を立てるにあたっての分析手法のひとつ、「3C分析」の中でも「Competitor=競合」が取り上げられています。