投稿者プロフィール

メーカーの経理 ゆりこさん

20代後半(就労時) 女性経験:3年 大阪府

退職済み / 正社員

投稿者の仕事満足度

総合満足度
2.00
仕事内容
2.50
やりがい
2.00
働きやすさ
2.50
給料・年収
3.50
休日・待遇
2.00
成長・将来性
2.00

経理は管理部門として地味な仕事でありながら責任は大きい

メッセージ

経理は会社の数字を管理する仕事です。

会社の収支に常に目を向け、会社の経営状況を管理しなければなりません。

また、会社全体のお金を扱う業務であるため責任は重いです。

ルーチンワークで単純作業が多いため、基本的にミスをすることは許されない厳しさもあります。

チームで作業をすることが多いため、部署一丸となって問題なく開示できた際はやりがいのある仕事です。

単純作業が多いで

経理は会社の数字を管理する仕事です。

会社の収支に常に目を向け、会社の経営状況を管理しなければなりません。

また、会社全体のお金を扱う業務であるため責任は重いです。

ルーチンワークで単純作業が多いため、基本的にミスをすることは許されない厳しさもあります。

チームで作業をすることが多いため、部署一丸となって問題なく開示できた際はやりがいのある仕事です。

単純作業が多いですが、地道にコツコツ作業できる人は向いていると思います。

仕事内容

<勤務地>
大阪府

<勤務先規模>
1500名前後

<仕事内容の詳細>
債権債務管理・売上・払いの請求書のチェック・経理関係のシステムの問い合わせ・経理業務運用改善・資料作成・BS・PL作成・月次・四半期・年次決算

なるには

特に経理の業務がしたいというわけではなく、大学卒業後、配属されたのが経理部でした。

高校時代に簿記の勉強をしていたこともあったので、特に苦労したことはないです。

ですが、簿記と企業の経理業務は異なることがありますので、勉強は必要です。

やりがい

部署一丸となって決算業務をし、問題なく開示できた際に達成感があります。

魅力については、自社のPL・BSを作成するので決算書類から見える自社のいい点・悪い点がわかります。

また、同業他社と比較等もすることでできるようになります。

つらいこと

つらいことは特にありません。

当たり前のことですが、金額の誤りは許されないことです。

大変なことは、月初は月次があるため残業時間が増え忙しくなります。

逆に月中は特に忙しくなく定時で帰宅することも可能です。

向いてる人

経理業務に向いている人ですが、コツコツ地道にに飽きることなく作業できる人が向いていると思います。

ルーチンワークかつ単純作業が多いため、数年も同じ周期で作業をしていると飽きてしまうため、作業をする上での効率化を求めていくといいと思います。

志望理由

高校時代に簿記の勉強をしていましたが、志望理由については、とくにありません。

大学卒業後、配属されたのが経理部でした。

実際に働いてみて感じたことですが、思っていた以上にルーチンワークで単純作業が多いなと感じました。

働きやすさ

職場の雰囲気はいいと思います。

決算シーズンになると、PL開示に向けて部署が一丸となって決算を終わらせる必要があります。

そのため、ほかの人の業務が遅れていたりすると、部署が一丸となって助け合う風土があります。

給料・年収

大学卒業後、新卒で入社し、月収は基本給のみで20万前後で、基本給以外にも1分単位で残業手当がつきます。

6月・12月にボーナスがあり、1年目は350万円前後でした。

また、毎年基本給が数千円上がります。

休日・待遇

仕事とプライベートのバランスについては、まだまだ改善する余地があります。

決算シーズンになると、毎月1回もしくは2回土曜日出勤が発生するためです。

どうしても通常業務をしながら決算業務をしなくてはいけないため、仕事中心になります。

就職・転職

就職先の選び方についてですが、説明会・面接等を通してこの会社で働きたいなと思った会社を選ぶことが大事だと思います。

入社後、数年働いて転職の道もありますが、この先、何十年も同じ会社で働くのであれば、仕事はチームでしていくので、「人」はとても大事です。

恋愛・結婚

社会人になって出会いの場が少なくなったことが理由の一つかわかりませんが、社内でお付き合いされている方は数名いました。

また、結婚・出産後も仕事を続けられる環境でもあったため、特に結婚したから退職されるとはなかったです。

成長・将来性

経理業務はルーチンワークであるため、今後成長したい・新しいことをしたいのであれば、自分から手を挙げて業務に携わらないと成長はありません。

将来性ですが、経理業務がなくなることはないですが、単純作業が多いため、AI・RPAなどに取って代わる日も遠い将来もあり得ます。

つづきを読む

\お役に立ちましたらクリックお願いします!/