最終面接に合格サインやフラグはある?

(読了時間:1分44秒)

最終面接の結果を待つまでの期間は、合否がとても気になるものです。

最終面接で面接官が見せた言動から合格のサインやフラグを判断することができれば、少し安心材料になるかもしれません。

合格サインやフラグのようなものは実際にあるのでしょうか?

雰囲気が良かった面接=合格とは限らない

最終面接後によく出てくる声として「雰囲気が良かったから内定なのではないか?」という感想が挙げられます。

面接官がにこやかに対応してくれたのだから「合格」だろう、と考えがちですが、実はそうとは限りません。

たとえ不採用の学生であっても、せっかく足を運んでもらった手前、あまりに早く面接を切り上げてしまうのは申し訳ないと考える面接官もいるからです。

また、前もって準備してきたアピールポイントを出し切れたことで「最終面接は成功だった」と思い込んでしまい、最終面接の出来を過大評価してしまう場合もあります。

最終面接の雰囲気と合否は全く関係がないわけではありませんが、雰囲気が良かったと感じたからといって内定がもらえると思い込むのは性急です。

最終面接での合格サインと考えられる面接官の言動とは

最終面接中に面接官が発する「合格サイン」は、大まかに言えば「あなたを採用したい」「辞退してほしくない」という熱心さとなって表れます。

「あなたは当社と相性が良さそうだ」といった発言が聞かれた、入社後のやりがいやキャリアプランの話を熱くされた、他社の選考状況を聞かれ面接官がメモを取っていた、などの言動が見られた場合、少なくともあなたは採用者の有力候補に挙がっている可能性が高いと考えられます。

あるいは、最終面接で社長や役員があえて厳しい一面を見せることもあります。

採用候補者として有力視しているからこそ、入社して社員になってからのことをすでに見越していると考えられます。

最終面接で多少厳しいことを言われたからといって、入社後もずっと厳しい職場とは限りません。

最終面接では厳しい発言をした方でも、実際に一緒に働いてみると穏やかな人物だった、ということはいくらでもあるものです。

最終面接での不合格フラグと考えられる面接官の言動とは

最終面接で面接時間が極端に短い場合、不合格の可能性があります。

面接官は採用以外にも業務を抱えており、採用する見込みのない学生の面接はできるだけ早く切り上げたいと考えるからです。

反対に、最終面接でやけに褒めちぎられたり、これまでになく丁寧な対応をされたりした場合も、不合格となることがあります。

不採用となった学生がその後自社の顧客となる可能性もありますし、評判を下げないために最後に気分を害さないように配慮していると考えられます。

最終面接の「受かったはず」「落ちたかもしれない」という感触は、あまりあてになりません。

絶対に落ちたと思った面接で内定がもらえることもあるのです。

ここで述べた合格・不合格フラグはあくまで参考に留めましょう。

目的別サービス紹介

すべて完全無料ですので、ぜひ会員登録してみてください。

・大学・専門学校の資料請求なら:スタディサプリ進路

・転職エージェントなら:リクルートエージェント

・20代の転職なら:マイナビジョブ20s

・IT業界の転職(未経験からでもOK):マイナビITエージェント