(読了時間:1分24秒)

動物専門学校で学んだ人は、どのような企業などへ就職するのでしょうか。

ここでは、動物専門学校の就職先や卒業後の進路、そして気になる就職率について紹介していきます。

おもな就職先

動物専門学校を卒業した人の、おもな就職先は以下の通りです。

・動物園
・水族館
・ペットショップ
・ペットサロン
・ペットホテル
・動物病院
・ドッグカフェ
・観光牧場
・動物ふれあい施設
・酪農、畜産
・馬育成
・しつけ教室

在学中にどのような勉強をするかによって、就職先には多少違いが出てくるといえるでしょう。

たとえばトリミングやグルーミングを中心に学べる学校であればペットサロンへ就職する人が多くなりますし、動物看護コースやドッグトレーナーコースを置く学校であれば、動物病院やペットショップなどへ就職する人も増えてきます。

活躍の場は広がっている

上記で見てきたように、動物専門学校で学んだ人のおもな就職先は動物が生きる場所や、ペットビジネス関連の企業などとなりますが、近年では福祉の場などでも、動物の持つ「癒やし」の心理的な効果が活用されるようになっています。

そのため、一般の病院や老人介護施設などでも犬などの動物と人間が触れ合う機会があり、そこで動物の扱いに長けた人材が求められることがあります。

動物の専門的な知識・技術を持つ人の活躍の場は、以前よりも広がっているといえるでしょう。

就職率はどれくらい?

動物専門学校の就職率は、おおむね高い数字となっているようです。

すべての学校が正確な数字を公表しているわけではありませんが、就職希望者に対して、実際に就職した人の割合が100%となっていることもあります。

動物専門学校では動物に関する専門的な勉強ができますし、学校のさまざまな就職サポートを受けることができるので、高い就職率につながるのは確かです。

ただし、ドッグトレーナーやドルフィントレーナーのような一部の職種では、そもそもの募集人数や就職先があまり多くないこともあり、場合によっては決して甘くはない就職活動になることも頭に入れておいたほうがよいでしょう。

動物専門学校でしっかりと学べば、憧れの動物ビジネスに携わるという夢にどんどん近づくことができるでしょう。

ただし、就職活動を成功させるためには、本人の「こうなりたい」という意思や熱意が欠かせません。強い気持ちを持って日々コツコツと勉強していくことが大切です。

目的別サービス紹介

すべて完全無料ですので、ぜひ会員登録してみてください。

・大学・専門学校の資料請求なら:スタディサプリ進路

・転職エージェントなら:リクルートエージェント

・20代の転職なら:マイナビジョブ20s

・挫折しないプログラミングスクール:SAMURAI ENGINEER

・未経験からプログラミングを学ぶ:tech boost

・IT業界の転職(未経験からでもOK):マイナビITエージェント