国立大学の学費・費用の総額は?

(読了時間:7分6秒)

一般的に、国立大学は私立大学と比べて学費が抑えられると言われています。

とくに地方から都市部の大学に通う学生の場合、住居費など学費以外に必要な費用がありますので、学費はできるだけ安く抑えたいと考えている人もいることでしょう。

では、国立大学の学費はどのぐらいかかるのでしょうか。

国立大学に4年間通った場合の学費の総額について、詳しく見ていきましょう。

国立大学の入学金・授業料

国立大学の学費は、文部科学省の省令により「標準額」として示しています。

標準額は社会・経済の情勢を考慮して設定されており、短期間で何度も変更されるようなものではありません。

しかし、裏を返せば社会・経済の情勢が変化すれば変更される可能性があるということになります。

ここでは、2020年現在の標準額について見ていきましょう。

国立大学の入学金はどのぐらいかかる?

国立大学に入学する際、必ず支払う必要がある費用の1つに「入学金」があります。

入学金は入学時に支払う費用ですので、初年度のみ必要となり、2年次以降はかかりません。

2020年現在、国立大学の入学金は標準額で282,000円となっています。

大半の国立大学の学費はこの標準額通りとなっています。

ただし、一部の国立大学では例外もあります。

東京藝術大学は、2019年度に入学金の引き上げを実施しています。

<標準額と異なる入学金の例>

大学名 入学金 標準額との差異
東京藝術大学 338,400円 +56,400円

なお、公立大学については、大学の所在地である都道府県の出身者の場合は入学金を割安にしていることがあります。

一例として、長野県立大学では県内出身者の入学金が141,000円であるのに対して、県外出身者の入学金は423,000円となっています。

国立大学の授業料はどのぐらいかかる?

国立大学の標準額では、授業料は年額535,800円と示されています。

授業料については、初年度から4年次まで毎年同じ年額がかかりますので、4倍すれば大学4年間でかかる学費の総額が分かります。

先に触れた入学金と合計することで、4年間トータルで必要な学費が算出できます。

<国立大学4年間でかかる入学金+授業料>

入学金 282,000円
授業料(年額) 535,800円
授業料(4年間) 2,143,200円
学費総額 2,425,200円

授業料に関しては、東京工業大学と東京藝術大学が2019年度から引き上げを実施しています。

<標準額と異なる授業料の例>

大学名 授業料(年額) 標準額との差異
東京工業大学 635,400円 +99,600円
東京藝術大学 642,960円 +107,160円

私立大学と比べてどのくらい抑えられる?

国立大学は私立大学よりも学費が抑えられると言われていますが、実際はどのぐらい差があるのでしょうか。

私立大学の一例として、慶應義塾大学(文学部)の学費を参照してみましょう。

<慶應義塾大学文学部の学費と国立大学標準額との差異>

慶應義塾大学 国立大学 差異
入学金 200,000円 282,000円 +82,000円
授業料(年額) 860,000円 535,800円 △324,200円
授業料(4年間) 3,440,000円 2,143,200円 △1,296,800円
学費総額 3,640,000円 2,425,200円 △1,214,800円

入学金と授業料だけでも、4年間で120万円以上の差があることが分かります。

ちなみに、慶應義塾大学の場合はこれ以外にも設備費・実習費・諸会費等が年間253,350円必要となりますので、実際には国立大学との学費の差はさらに大きくなります。

国立大学で入学金・授業料以外にかかる学費

国立大学では、入学金・授業料は基本的に標準額通りの金額となっています。

ただし、学部学科によってはこれ以外に費用がかかる場合があるので注意が必要です。

理系学部では研究費が必要になったり、教育学部であれば実習経費が必要になったりすることもあります。

研究内容しだいでは、こうした経費が高額になることもありますので、しっかりと確認しておくようにしましょう。

大学によっては設備費、保険料、諸会費が必要

入学する大学・学部によっては、入学金・授業料以外にも設備費や保険料、諸会費(後援会費など)が必要になる場合があります。

<国立大学で入学金・授業料以外の費用が必要となる例>

大学名(学部) 項目 費用
群馬大学(教育学部) 実習費 31,000円
保険料 4,660円
後援会費 35,000円
神戸大学(文学部) 設備費 53,000円
保険料 3,300円
山口大学(経済学部 設備費・実習費 30,000円
保険料 4,660円
後援会費 30,000円

こうした経費は数千円のものから数万円のものまであるため、4年間トータルで考えると負担になる可能性があります。

入学を希望する大学のホームページや大学案内などによく目を通し、入学金・授業料以外に必要な費用があるかどうかをよく確認しておきましょう。

学部によっては実習費などが必要

同じ大学でも、学部によって必要な費用に違いがあるケースも見られます。

たとえば、教育学部であれば教育実習を必ず実施することになりますので、実習費が加算されるのは必須となります。

理系の学部で実験が多い研究内容であれば、実験に使われる器具や設備には費用が発生することになります。

これ以外の文系学部であっても、大学独自に実習を行っている場合は実習費が加算されることがありますので、大学案内やシラバスを注意深く調べておくようにしてください。

シラバスに「実習」の授業が含まれていたり、合宿や研修旅行が用意されていたりすれば、その分の費用が必要になると考えておくべきでしょう。

教科書代などもかかることを想定しておく

大学生活でかかる費用は、これだけではありません。

大学は義務教育ではないため、授業で使われる教科書や参考図書にも費用がかかります。

大学の講義で使われる書籍はいわゆる専門書に分類されるため、一般的な書籍と比べると高価なものが少なくありません。

1冊で2,000円以上するものもありますので、とくに初年度は教材費がかかることを覚悟しておく必要があります。

また、大学によっては入学時にノートPCの購入を義務づけている場合があります。

10万円〜15万円程度で収まるケースがほとんどですが、出費としては大きな買い物になりますので、よく確認しておいたほうがいいでしょう。

国立大学の学費の総額

ここまでで見てきた国立大学の学費について、入学金や授業料といった学費と併せて、諸費用や保険料、教科書代なども加味した場合、どのぐらいを目安に考えておけばいいのかをまとめました。

大学や学部によって、必要ないものや標準額とは異なる金額になっているものもありますので、各大学の最新の資料を参照して確認するようにしましょう。

国立大学でかかる学費の総額

国立大学に4年間通った場合、かかる学費の総額はどのぐらいになるのでしょうか。

<宇都宮大学の例>

入学金(a) 282,000円
授業料(年額) 535,800円
授業料(4年間)(b) 2,143,200円
設備費 16,563円
保険料 4,660円
設備費+保険料(4年間)(c) 84,892円
学費総額(a+b+c) 2,510,092円

これ以外に、学部によっては実習・実験の費用が必要になったり、大学によってはノートPC代が必要になります。

また、教科書代はここには含まれていませんので、年間5,000円〜20,000円程度はかかると考えておいたほうがいいでしょう。

なお、上記の項目のうち、設備費・実習費や保険料、後援会費については必要としない大学もありますので、大学案内で確認しておきましょう。

医学部の国立大学学費の総額

国立大学の中でも、学費が高額になる傾向があるのが医学部です。

実習や実験に必要な費用が多くなりやすいため、他学部と比べると4年間でかかる学費は高くなります。

ただし、授業料は他の国立大学と同じ水準となっていることから、私立大学の医学部に通う場合と比べると大幅に学費を抑えることができます。

<国立大学医学部の学費の一例>

大学名 入学金 授業料(年額) 諸経費 保険料 後援会費
東京医科歯科大学 282,000円 535,800円 131,450円 4,800円
鳥取大学 282,000円 535,800円 63,000円 4,800円 51,000円

<私立大学医学部の学費(6年間)と初年度学費>

大学名 学費6年間総額 初年度学費
慶應義塾大学 2,199万円 383万円
日本医科大学 2,200万円 450万円
日本大学 3,310万円 635万円

国立大学は、私立大学と比べて学費が安く、4年間で必要な費用を抑えることができます。

ただし、国立大学の中でも大学によっては入学金・授業料以外の費用が必要になることがあるため、4年間トータルでどのぐらいの費用が必要になるのか、あらかじめ試算しておくことが大切です。

とくに教科書代などは見落としがちなところですので、必要な費用を書き出すなどして漏れなく確認しておくようにしましょう。

目的別サービス紹介

すべて完全無料ですので、ぜひ会員登録してみてください。

・大学・専門学校の資料請求なら:スタディサプリ進路

・転職エージェントなら:リクルートエージェント

・20代の転職なら:マイナビジョブ20s

・IT業界の転職(未経験からでもOK):マイナビITエージェント