病棟クラークの勤務時間・休日

病棟クラークの勤務時間

病棟クラークの職場は病院ですから、勤務時間は各病院の開業時間に合わせることになります。

看護師などの手が回らないところを補助するのが病棟クラークの役割で、検査や他科への診療などで忙しい時間帯に勤務します。

多くの場合、外来診療の時間と同じで、平日8:30〜17:30くらいの時間帯に7〜8時間勤務するところが多いようです。

また土曜日に外来診療がある病院では、8:30〜12:30くらいの時間帯に勤務するケースもあります。

正職員や派遣社員で土曜勤務が求められる場合、平日のうち1日が半日勤務になる勤務先も多いです。

病棟クラークの休日

病棟クラークの休日は、基本的に勤務先の休診日に合わせるため、担当している病院や病棟によって、いつ休みをとれるかは変わってきます。

大学病院や総合病院など大規模な病院に勤務している場合は、原則、土日祝日が休みです。

小中規模の個人病院では、平日1日と日曜・祝日を休診日とし、それに合わせて4週6休制や4週8休制のシフト制にしているところが多いです。

医療行為に携わる医師や看護師のように急な呼び出しがあるわけではないですが、土日に必ず休める病院ばかりではないので、求人情報を見る際には確認しておいたほうがよいでしょう。

病棟クラークの残業時間

基本的に病棟クラークは残業が少なく、定時で帰れることも多いと言われています。

ただし医療現場では、予定外の事態により仕事が急に追加されたり事務処理が変更になったりして、残業を強いられることもあります。

また病棟クラークの残業に関しては、正社員か、派遣社員か、契約社員かなどの雇用形態によっても大きく変わってきます。

一般的には正社員のほうがさまざまな責務を背負うことが多いので、残業も多くなる傾向です。

また、勤務する病院の忙しさによっても残業量は異なり、患者数が多く、入院や退院の入れ替わりが激しい病院ほど病棟クラークの仕事量は増えがちです。

残業は大変ですが、残業代がたくさんつくことで収入アップにつながるケースがあるため、あえて忙しい病棟の勤務を希望する病棟クラークもいます。

病棟クラークに夜勤はある?

病棟クラークには、ナースステーションでの入院患者のサポートという仕事があるため、病棟の種類によって勤務スケジュールは異なります。

たとえば、ある程度計画的に入院患者の予定が決まっている眼科や耳鼻科などに対し、産婦人科や救急救命科は事前に入院計画を立てられず、24時間体制で患者の受け入れを行います。

このような病棟を担当する病棟クラークは、夜勤もあります。

医師や看護師ほどではないにしても、ある程度流動的なスケジュールで勤務することも多いです。

無料オンラインセミナーのお知らせ
超初心者でもできる 人生100年時代に向けた賢いお金の持ち方・増やし方 オンライン開催 2022年10月27日木曜日 20時から21時まで 参加無料 ファイナンシャルプランナー 虫鹿恭正(むしか やすまさ) 主催:アクサ生命保険株式会社
セミナー内容
  • つみたてNISAとiDeCoの違い
  • 変額保険、投資信託のメリット・デメリット など

病棟クラークは忙しい? 激務?

病棟クラークの仕事は、電話対応、受付対応、カルテ管理、診断書作成、検査案内など多岐にわたります。

病棟クラークは病棟ごとに数人ずつしかいないことが多く、病院の規模によっては病棟に一人きりになることもありえます。

その場合は一人当たりの業務量が増え、定時内で仕事を終わらせるのが難しい場合も出てくるでしょう。

新人のうちは業務の流れに慣れておらず、時間がかかってしまうこともあります。

また職場によってはシフトの融通がきかず、休みたいときにも休むことができないケースもあります。

病棟クラークの休日の過ごし方

病棟クラークは残業や休日出勤が比較的少ないため、ワークライフバランスがとりやすい職種といえます。

外に出かけるのが好きな人は、友人や家族と一緒にショッピングや食事をしたり、ドライブや旅行を楽しんだりして、充実した休日を過ごしています。

病棟クラークは、職場に同僚となる立場の人がいない場合もありますが、休日に同期の看護師や先輩クラークの家に遊びに行き、仕事上の悩みを相談することもあります。

仕事が忙しかった週の休日は、家でテレビを見たり一日中寝たりして、リフレッシュするよう心がけている人もいるようです。