携帯ショップ店員のつらいこと、大変なこと、きついこと

厳しいノルマ

携帯ショップ店員には新規契約者獲得の厳しいノルマが課せられているのが一般的です。

競争の厳しい業界であるため、これは避けられないことであるといえます。

場合によっては不本意な形で契約を進めていくことも珍しくなく、葛藤しながら勤務している店員も多数います。

またノルマ達成へのプレッシャーから心身に異常をきたしてしまう店員も少なからずいます。

理不尽なクレーム

携帯ショップには客の怒号が響き渡ることもあります。

店員に落ち度がなくとも、ただただ運が悪かったとしかいえないようなクレーム対応にあたってしまう可能性は接客業であれば誰もが抱えているものです。

上の立場であればあるほど、責任者として対応に追われる頻度が高くなります。

立場上、言い返すことができず、時に極めて辛辣な言葉を浴びせかけられることも。

携帯ショップ店員最大の苦労であるといっても過言ではありません。

不安定な雇用形態

携帯ショップ店員の中には派遣社員という形で勤務している人が少なくありません。

このような人たちは雇用上の不安を抱えながら働いているといえます。

特に家庭を持っている人にとっては最重要課題であるといえるでしょう。

また、若年者がメインの業界でもあるため、正社員であっても年齢を重ねた後、新しい部署に異動になるのが一般的です。

こういった職業そのものの在り方にも不安を感じている人が少なくありません。

肉体疲労

携帯ショップ店員は窓口業務以外にも店頭及び店内での立ち仕事が多く、足腰を痛める人も意外と多い職業です。

特に女性の場合、ヒールの高い靴で過ごしていることが多いため、深刻な悩みに発展している人もいます。

休息が最大の治療法であるとはいえ、なかなか十分な休暇をとることもできず悪化させてしまう可能性もあります。