看護師佐藤 貴幸さん

1977年、北海道士別市生まれ。看護学校卒業後、士別市立病院に看護師として就職。自らの力で内視鏡センターを立ち上げ、現在は経営戦略室副室長として病院経営にも携わるなど、常にチャレンジを続けながら「地域医療の再生」に精力的に取り組んでいる。

座右の銘:何事も本気でやるから楽しくなる

HP:士別市立病院ホームページ

現在はどんなお仕事をされていらっしゃるのですか?

正看護師として、北海道士別市の病院に勤務しています。僕はちょっと特殊な肩書きを持っていて、さらに「内視鏡センター長」かつ「経営戦略室副室長」でもあるんです。

もともと看護師として就職したのですが、「内視鏡のプロにならないか?」という話があり、ずっと内視鏡の勉強もしていて。「病院で一番大きな部門にしよう」という気持ちで、内視鏡センターを自分の手で作り上げました。

そして33歳で内視鏡センター長になり、医師のコントロールやマネジメントをする権限をもらいました。

看護師になろうと思ったきっかけはどんなことだったのでしょう?

僕は、小学生の頃から重量挙げを続けていたんです。全国大会では2度優勝するほど本気で、高校卒業後には大学に進み、その道を究めるつもりでした。ですが、高校3年生の春に大怪我をしてしまい入院。「重量挙げは5年間禁止」となってしまって…。

突然のことで「さあ、どうしたらよいものか」という状態だったのですが、怪我で入院中に男性の看護師さんを見たことなどをきっかけに、看護師を目指してみようと決意しました。

学生時代はどんな性格でしたか?

学校の先生に「看護師を目指す」と言っても、「お前には無理だ」と言われるくらいやんちゃな性格でしたね。勉強はそれなりにはできたのですが、とにかくやんちゃ。

ただ、重量挙げの世界では、全国大会に初出場したときに優勝したんです。なので「絶対にこのポジションからは落ちられない」という使命感をずっと持っていました。そのあと「怪我」という挫折から立ち上がって新たな道に進めたのは、自分の強気な性格も大きかったと思いますね。

看護師のお仕事は、どのような勤務時間になっているのですか?

看護師の勤務時間は、一般的な会社員と同じような「日勤」のほか、夕方16時半から0時半ごろまでの「準夜勤」、0時から朝の9時ごろまでの「深夜勤」という3パターンがあって、それぞれ交替で働いています。

深夜勤の日は昼間に寝るしかないので、たしかに不規則な生活と言えますね。ただ、すぐに慣れるものです。むしろ、平日の昼間にしかできないことができたりするので、看護師の特権かなと思うこともあります。

また日勤と夜勤での仕事の違いですが、基本的にやることは同じ。ただ、患者さんが受診したり入院したりするのは昼間が多いので、どうしても日勤のほうが仕事内容は多いです。ですので、昼と夜で看護師の人数はもちろん違います。

病院によっては2交代というところもありますよ。日勤と夜勤という勤務形態で、夜勤は夕方から翌朝まで。2交代のほうが一回の夜勤時間が長く過酷ですが、その分休みが多くなります。

連続した休みをとれば、毎月温泉旅行なんてこともできますし、ちょっと韓国や台湾などといった近場の海外も行けちゃいます。

仕事体験談