NPO活動とボランティア活動の違い

(読了時間:3分11秒)

「世のため、人のためになることがしたい!」と思い、NPOやボランティアに興味を持つ人が増えているようです。

NPOとボランティア団体では、どちらも社会貢献活動や慈善活動に積極的に取り組んでいきますが、決してNPO=ボランティアというわけではありません。

それでは、いったい両者にはどのような違いがあるのでしょうか?

今回は、これからNPOやボランティアの活動をやってみたいと考える人が知っておきたい情報をお届けします。

NPOとボランティアの組織としての違い

NPOとボランティアのそれぞれの組織としての特徴は、NPOが「非営利」であるのに対し、ボランティアは「無報酬」であることです。

この言葉だけ追うと一見難しく思えますが、かみ砕いて考えるとそこまで複雑な話ではありません。

NPOは利益の分配を行わない

NPOは、社会的な利益と経済的な利益を生むことで、地域安全・まちづくり・人権擁護・教育などに関わるさまざまな社会貢献活動を行っていきます。

ここでポイントとなるのが、NPOは決して「利益の分配は行わない」ということです。

しばしば混同されますが、「収益」と「営利」は別のもので、活動によってお金を得て(収益)、そこから人件費(職員の給料)などの経費を引いた利益を配分するのが、民間企業のような営利的な組織です。

一方、NPOの場合には収益は上げて、職員に給料は支払っても、残ったお金(利益)は分配せずに次の活動に回すことから、営利組織ではない(非営利)といえるのです。

「非営利」の活動を行うことが、NPOの大きな特徴です。

ボランティアではお金を得ずに活動する

続いて、ボランティアについて見ていきましょう。

ボランティア活動 は、一般的に個人の 「自発性(強制でない)」「公共性(私益を目的としない)」「無償制(報酬を目的としない)」 に基づく地域貢献活動と定義されています。

具体的な活動内容としては、環境美化活動、高齢者と若者の交流、献血活動の呼びかけ、児童保育のサポート、地域おこしなど、地域密着型のさまざまな活動に取り組みます。

ボランティアの場合、収益を生むことを目的にしておらず、この「無報酬性」といわれる特徴がNPOとの大きな違いとなります。

ボランティアは主として個人でよりよい社会づくりのために善意で活動するので、より気軽に、より身近なところから始めることができるのもポイントだといえます。

社会的信用度の違いも出る

NPOは「法人」としての活動も可能

NPOのなかには「NPO法人」と呼ばれる団体もあります。

このNPO法人は、特定非営利活動促進法に基づいて法人格を取得した法人のことをいい、法人として活動や取引などを行うことができるようになります。

NPOが法人格を取得するわかりやすいメリットとしては、社会的な信用を得やすくなるので他機関等との取引がしやすくなったり、事務所を借りたり団体名義で銀行口座を持ったりすることができるようになることです。

法人になるということは、法人としての税務申告義務が発生するなど個人での活動より大変な面もありますが、職員を雇用して組織を拡大させ、より責任ある重要な活動をしやすくなるなど、さまざまなメリットがあります。

基本的に個人で無報酬での活動をするボランティアとは、活動できる範囲や規模が大きく変わってくるといえます。

NPOとボランティアの比較

ここで、NPOとボランティアについてあらためて簡潔に比較します。

組織

NPO活動 ボランティア活動
組織 組織(団体) 個人
報酬 有給である場合が多い 無報酬の場合が多い
活動目的 社会的使命を達成することを第一とする 自由性が高く、個人の自己実現としても行われる
収益 組織運営、社会課題解決のために収益を得る 原則としてなし

NPOとボランティアはどっちがおすすめ?

NPOとボランティアは、ここまでに挙げてきたいくつかのポイントを除けば、実際の活動内容は似ているところもたくさんあります。

ただし、ボランティアは個人のことを、NPOは組織(団体)のことを指しており、NPOになると組織力を生かしてより大きな活動がしやすくなります。

ボランティアでも意義のある活動はできるものの、個人でやれることには限りがあります。

より大きな社会貢献活動に力を入れて取り組みたいのであれば、NPOでの活動を考えていくのがおすすめです。

NPOであれば、活動で得た収益から給料を得て、それで生計を立てることも不可能ではありません。

一方、もっと気軽な仲間づくりや自己を磨くこと、趣味や特技を生かした社会貢献がしたいという思いが強ければ、ボランティアが集まってボランティア団体として活動してもよいでしょう。

NPOとボランティアは、どちらも社会貢献のための活動を行いますが、組織の特徴には違いがあります。

簡単にまとめれば、個人での無償での社会貢献活動はボランティア、組織として収益を上げての社会貢献活動はNPOとなります。

また、NPOの場合は法人格を得ることで、より社会から信用される存在へ発展させていくこともできます。

これから社会貢献活動をやっていきたいと考えている方は、今回の記事を参考にして、自分に合う活動方法を考えてみてください。