内定式での髪型、髪色、ネイル(読了時間:1分24秒)

内定式は社会人としての第一歩を踏み出す大切な日です。

先輩社員や役員も内定式に参加するはずですので、第一印象が決まる場でもあります。

内定式にはどのような髪型、髪色がふさわしいのでしょうか。

女性がネイルアートをしていくのはありなのでしょうか?

迷ったときに何を基準に判断したらいいのか、確認していきましょう。

内定式での髪型・髪色はどうしたらいい?

内定式の髪型は、基本的には面接のときと同じと考えておけば問題ありません。

選考の場ではありませんので面接のときほど堅くなくてもいいのですが、きちんとしているに越したことはありません。

髪色に関しても、黒が基本と考えておけば間違いないでしょう。

女性の場合、暗めのカラーならOKと言われることもありますが、業界や企業ごとに異なりますので、確証がないのであれば黒のほうが無難です。

内定式で望まれているのは「清潔感」であって、「おしゃれ」ではありません。

とくに経営者クラスには年配の方もいらっしゃるはずです。

ラフな髪型や茶髪を快く思わない人もいますので、きちんとした清潔感のある髪型を心がけましょう。

内定式にネイルアートをして行くのはあり?

女性はネイルアートが「身だしなみ」なのか「おしゃれ」なのか、線引きが難しいところです。

迷ったときはネイルアートをやめておくか、派手でない色にとどめておくようにしましょう。

一般的に、長すぎる爪や派手なネイルアートはあまり良い印象を与えません。

入社して働き始めてから、周囲の先輩の様子を見て判断したほうがいいでしょう。

また、堅い業種の場合や伝統を重んじる社風の企業では、ネイルアート自体が禁止のこともありますので注意が必要です。

内定式の案内にスーツ以外の服装が指定されている場合は?

企業によっては、あえて内定式当日にスーツ以外の服装を指定しているケースがあります。

ファッション関係などセンスが問われる業界や、ふだんからラフな服装で就業している企業の場合、内定式も平服で来るよう案内されるのです。

この場合、リクルートスーツを着て行くと案内を読んでいないと思われてしまいますので避けましょう。

どのような服装をしたらいいか迷ったときは、オフィスカジュアルと呼ばれるジャケットスタイルが無難です。

内定式の髪型や髪色、ネイルアートについて確認してきました。

迷ったときは「清潔感」を基準に判断し、自分にとってのおしゃれなのか、相手に不快感を与えないための配慮なのかをチェックしてみるといいでしょう。

職業カテゴリー