派遣社員と正社員の違いとは?メリット・デメリットでわかる最適な働き方

(読了時間:7分45秒)

派遣社員と正社員の最も大きな違いは、雇用契約を派遣会社と結ぶか企業と直接結ぶかです。

正社員、契約社員、パート・アルバイト、そして派遣社員…。社会に出ると、さまざまな働き方をしている人に出会います。

そのなかでも、今回は名前を聞く機会が増えている「派遣社員」の特徴に焦点を当てて、正社員とのさまざまな違いを見ていきたいと思います。

最近では派遣社員として働く人も増えているようですが、いざ自分自身がどのような雇用形態で働くかを考えるにあたっては、まず、しっかりとその内容について理解しておくことが大切です。

派遣社員と正社員の違いとは

派遣社員と契約社員の違い

派遣社員と正社員の違い
  • 派遣社員:派遣会社と雇用契約を結び、会社へ派遣される
  • 正社員:会社と直接雇用契約を結ぶ

派遣社員と正社員の大きな違いは雇用契約の相手が派遣会社か会社なのかという点。

その結果、給与や社会保険などにも違いが出てきます。

この章では、派遣社員と正社員の違いを詳しく掘り下げて解説していきます。

派遣社員の正社員の大きな違いは雇用先

先に述べた通り、派遣社員と正社員の大きな違いは雇用先です。

派遣社員とは

  • 派遣会社に登録、派遣会社から紹介された派遣先で仕事をする
  • 業務における指揮・命令権は派遣先企業にある
  • 給料の支払い・社会保険の手続き等は雇用主である派遣会社が行う

派遣社員として働きたい場合、人材派遣会社に希望の給料や仕事内容、自身が持っている資格やスキルなどの登録を行い、その内容に見合った仕事を紹介してもらい、派遣先の会社で仕事をします。

派遣社員が雇用契約を結ぶのは、あくまでも派遣会社です。

業務における指揮・命令権は派遣先企業にあるため、派遣元である派遣会社は、契約違反がない限り口を出すことはしません。

しばしば勘違いされがちですが、派遣社員として働く人は、派遣先企業の社員ではありません。

もし、派遣先企業での勤務中にトラブルや契約内容に違反するようなことがあった場合には、すぐ派遣会社に伝える必要があります。

正社員の場合、本人と企業は直接雇用契約を結んで仕事をします。

正社員は本人(正社員)と企業の二者の間で雇用契約が成り立っている一方、派遣社員は本人(派遣社員)、派遣会社、企業の三者間です。

派遣社員と正社員の給与の違い

派遣社員と正社員の給与の違い
  • 派遣社員:派遣会社から給与を受け取る。時給計算
  • 正社員:働いている会社から毎月決まった額の給与を受け取る。

派遣社員は派遣会社から雇用され、時給で計算された給与を受け取ります。

一方で正社員は雇用契約の際に定めた給与を、働いている会社から直接受け取ります。

派遣社員には昇給・昇格の機会がなく給与が伸びにくく、ボーナスや退職金も設けられていないことがほとんどです。

給与の面では、正社員の方が優遇されていることが多いでしょう。

派遣社員と正社員の社会保険の違い

派遣社員と正社員の社会保険の違い
  • 派遣社員:一定の条件を満たせば派遣会社で社会保険に加入
  • 正社員:会社で加入が必須

社会保険とは、雇用保険・労災保険・健康保険・介護保険・厚生年金保険の5つの総称(健康保険・介護保険・厚生年金保険の3つのみを指すこともあります)です。

派遣社員が社会保険に加入するには以下のような条件がある一方で、正社員は会社側に加入義務があります。

派遣社員が社会保険に加入できる条件

  • 1週間の所定労働時間が20時間以上
  • 1年以上の雇用見込み
  • 賃金の月額が8.8万円以上
  • 会社の従業員数が501人以上

社会保険に加入できると、保険料の半額を会社が負担してくれるというメリットがあります。

派遣社員と正社員のメリット・デメリット

この章では派遣社員・正社員それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

派遣社員のメリットとデメリット

派遣社員のメリット

 

  • 自分のライフスタイルに合わせて仕事ができる
  • 職場での人間関係のしがらみが少ない
  • これまでのキャリアを活かして希望の仕事ができる
  • パートやアルバイトより時給が高い

派遣社員は派遣会社から紹介を受けた際に自分で仕事を選べますし、派遣先で契約内容にないことを頼まれても断ることができます。

したがって転勤や休日出勤などは基本的にはありません。

また、派遣社員が雇用されているのはあくまでも派遣会社なので、無理に飲み会などに参加する必要もなく、人間関係で悩んだとしても3か月程度の契約期間が終了すれば派遣先を変えてもらうことができます。

派遣社員は短期間の勤務になるがゆえ、高時給に設定されているケースはしばしば見受けられます。

ボーナスの支給は基本的にないものの、時給だけで見れば、正社員よりも高い水準になっていることもあるようです。

なお、派遣社員であっても必ず残業代は支給されます(派遣会社と派遣社員との間で「時間外・休日労働に関する協定」を締結することが前提)。

さらに、働き始めた日から継続して6ヶ月勤務することで(全労働日のうち8割以上勤務していることが条件)有給休暇が与えられ、長期休暇を取得できるといったメリットもあります。

一方で派遣社員は以下のようなデメリットもあります。

派遣社員のデメリット
  • 安定した給与が得られない
  • 待遇が正社員より良くない
  • 社会的な信用が低い

派遣社員として働く場合には、正社員とは異なり契約期間が定められています。

同じ仕事を続けたいと思っても、3ヵ月や6ヵ月などの短い期間での契約となるケースも多いため、契約更新されなければ職場を転々とすることにもなります。

正社員の給料は月給制や年俸が基本ですが、派遣社員は時給であることがほとんどのため、休日日数が多い月は給与が減ることになります。

また、正社員であれば、長く働いていくうちに社内で昇進、昇格をしながら新しい仕事にどんどん挑戦できますが、派遣社員は契約で決められた仕事しかできません

若い人が求められる職場も多いため、専門的なスキルがなければ、年齢とともに仕事を紹介してもらいにくくなるというデメリットもあります。

そのほか、職場によって事情は異なりますが、交通費の支給がない、正社員に比べて社会的な信用度が低い、福利厚生が充実していないといったデメリットを実感している人もいるようです。

収入が不安定な分、ローンやクレジットカードの審査が通りにくいといった社会的な信用が得られていない点もデメリットです。

正社員のメリットとデメリット

正社員のメリット・デメリット

【メリット】

  • 雇用が安定している
  • キャリアアップのチャンスがある
  • 給与・福利厚生の面で優遇される

【デメリット】

  • 転勤がある
  • 希望の仕事ができるとは限らない
  • 休日出勤・残業も

正社員は契約期間が決められていないので、安定した収入が得られ、給与・福利厚生も契約社員よりも良いことが多いです。

昇給・昇格のチャンスもあり仕事の裁量が広がってやりがいも大きくなります。

一方で、正社員であれば残業や休日出勤、人事異動といった会社の命令には従わなくてはなりません。

長期間同じ会社で勤める前提であるが故の人間関係のわずらわしさもデメリットの一つと言えます。

必ずしも正社員が良いとは限らない

派遣社員は安定した給与が得られないといったデメリットはありますが、自分のペースで働くことができます。

転勤や残業など、ライフプランに関わることを会社に決められずに済むというメリットは大きいでしょう。

「子育てと両立したい」「自分の将来の目標のための勉強時間を確保したい」といった希望には派遣社員の働き方が良いこともあります。

派遣社員から正社員になる方法3つ

派遣社員から正社員になる方法
  • 紹介予定派遣
  • 転職活動
  • 正社員登用

派遣社員から正社員を目指す方法は主に上記の3つです。

一つずつ解説します。

派遣社員から正社員になる方法1.紹介予定派遣

紹介予定派遣とは、派遣社員として働いた後に正社員や契約社員として企業と直接雇用を結ぶ前提とした派遣のことです。

紹介予定派遣には正社員を目指す人・企業の双方にメリットがあります。

紹介派遣のメリット

  • 職場の雰囲気を見たうえで正社員になるかを決められる
  • 企業は働きぶりをみてから正社員にするかを決められる

実際に働いてみてから正社員になるかどうかを決められるので、ミスマッチが起こりにくいです。

ただし、紹介派遣だからといって必ず正社員になれるとは限らない点には注意が必要です。

派遣期間に正社員にふさわしい働きを見せることができれば、正社員として雇用される可能性は高くなるでしょう。

派遣社員から正社員になる方法2.転職活動

転職活動をして、正社員を募集している企業の求人に応募します。

派遣社員として働きながら転職活動をするか、派遣の期間が終わってから転職活動に専念するか、2つの場合があります。

働きながら転職活動をする場合は、収入が途絶えないというメリットはありますが、転職活動と並行している間は忙しくなる・決まらなくても収入があるので転職活動が長引く、といったデメリットもあります。

一方で転職活動に専念すると、転職活動にしっかり時間を割くことができる反面、収入が途絶えて不安になり妥協して転職先を選んでしまうことにもなりかねません。

どちらを選ぶにしても、働いて収入のある間に転職活動の準備を行っておくことが大切です。

派遣社員から正社員になる方法3.正社員登用

企業によっては派遣社員から正社員に登用する制度を設けていることがあります。

正社員登用は法律で義務付けられてはいないため、仕組みは企業によって様々です。

正社員登用制度があるかどうか、実際に派遣社員から正社員になった実績があるかどうかを聞いてみましょう。

正社員登用制度については以下の記事で詳しくまとめています。

正社員登用制度とは?

派遣社員と正社員の中間、無期雇用派遣という働き方も

無期雇用派遣とは、派遣会社と無期雇用契約を結んで働く方法です。

雇用契約を結ぶのは派遣会社になる点では一般的な派遣社員と同じですが、契約期間が定められておらず月給制になり、派遣先が決まっていない間も給与を得られます。

派遣会社の福利厚生が適用される、昇給・昇格のチャンスがあるといったメリットもあります。

ただし、派遣社員のメリットである自由な働き方はできなくなります。

月給制になるため、常に派遣先が決められて就業することになり、自由に長期休暇を取ることも難しくなるでしょう。

派遣社員と正社員の違いとは | まとめ

派遣社員と正社員の違い
  • 派遣社員:派遣会社と雇用契約を結ぶ。
  • 正社員:会社と直接雇用契約を結ぶ。

派遣社員と正社員の最も大きな違いは、雇用契約を会社と直接結ぶか否かという点です。

派遣社員は、転勤や休日出勤などを命じられない一方で、安定した収入が得られません。

派遣社員、正社員どちらにもメリット・デメリットがあるのでしっかりと理解したうえで選択したいですね。