キャリアの悩みを解決するには?

(読了時間:4分53秒)
さまざまな働き方・生き方の選択肢がある現代社会。

「自分らしい人生を送りたい」と強く願う人が増えている一方で、「いまの仕事にやりがいを感じられない」や「本当にやりたいことが見つからない」など、キャリアに関する悩みを抱える人も少なくありません。

ここでは、多くの人が抱くキャリアの悩みとはいったいどのようなものか、そしてキャリアの悩みを解決するための方法をご紹介します。

キャリアの悩みを抱える人は増えている

人が生きていくうえで、「キャリア」の話を避けて通ることはできません。

キャリアといえば、まず「仕事」や「職業」、そして「就職」や「転職」といったキーワードが思い浮かぶ人が多いでしょう。

しかし、本来キャリアという言葉には、働くことに関わるプロセス・考え方や、人の生き方そのものという意味まで含まれています。

年功序列や終身雇用制度が崩壊した現代社会は、決して大企業に就職すれば一生安泰ではありません。

また、昨今では画一的ではない人生設計、一人ひとりの「自分らしい生き方」が大事といわれることも増えてきています。

働き方・生き方の選択肢が広がる時代になってきたと言えますが、一方では「自分はどうやって生きていけばいいのだろう…」と、キャリアに迷いや漠然とした不安を抱える人が増えているのも事実。

現在はキャリアの悩みがない人でも、移り変わる日々を過ごしていくうちに新しい悩みが生まれてくる可能性もあります。

キャリアの悩みにはどんなものがある?

年代によって悩みの種類は変わる

キャリアの悩みはさまざまで人によって異なるものですが、年代別に多く見られる悩みもあります。

たとえば、20代でよくあるのが「本当にやりたいことがわからない」「仕事のやりがいが感じられない」ということです。

20代では多くの人が初めて社会に出ます。

夢や目標を持って意欲的に仕事に取り組む人がいる一方、まだ自分の生き方の軸がはっきりしておらず、「いまの仕事は自分に合わない気がする」などと悩んでしまう人も少なくありません。

20代のキャリアの悩みで多いものは?

30代になると、20代で得た経験やスキルをどう発展させていくかで悩む人が増え、転職をする・しないといったことで悩む人も多いです。

また、結婚や出産など大きなライフイベントに直面する人が増えて、仕事と私生活のバランスに悩みがちなのも、この年代の特徴。

30代のキャリアの悩みで多いものは?

40代からは、人によって昇進スピードに差が出やすく、管理職に就く・就かないといった悩みが出てきやすいです。

40代のキャリアの悩みで多いものは?

思うように出世できなかったり、順調に出世したものの部下のマネジメントに苦労したりといったことが不安につながる場合があります。

加えて、人によっては自身の健康状態に不安を感じたり、親の介護に向き合わなければならなくなったりして、それまでと同じようにキャリアを築くことが難しくなることがあります。

さらに、現代は50代や60代以上でも現役という人が多くいます。

いくつになっても、人はさまざまなキャリアの悩みを抱える可能性があるというわけです。

漠然とした不安を抱く人も

ハッキリとした原因は思い当たらなくても、漠然とした不安やモヤモヤとした気持ちを感じている人は少なくありません。

しかし、それもしっかりと突き詰めていけば、どこかに必ず原因があるものです。

なんとなく自分のキャリアに不安を感じている人は、そのまま放置せずに、原因をしっかりと探っていくことが重要になります。

キャリアの悩みを解決する方法

ここからは、キャリアの悩みを解決する具体的な方法を挙げていきます。

自己分析をする

キャリアについて悩んだときには、自己分析をすることが有用です。

これまでの人生で経験してきたこと、得た知識やスキルなどを、一つひとつ丁寧に洗い出していきましょう。

頭で考えるだけでなく、書き出してみると、より効果的です。

過去の出来事で印象的なことがあれば、「その時にどのようなことを感じたか」や「どんな工夫をしたか」などまで深く考えていきます。

このような作業を丁寧に続けていくと、少しずつ自分の得意なこと・苦手なことが見えてくるはずです。

また、どのような気持ちの変化があって現在に至っているのかや、今後どんなことをしてみたいのかも整理します。

目標に向けて計画を立てていく

自己分析を通して自分のやりたいこと、理想とする将来像を描けるようになってきたら、どうすればそこに近づけるのか具体的に考えていきましょう。

場合によっては、仕事や職場を変えるために転職活動をする、という結論に至るかもしれません。

あるいは、現在の仕事は続けながら新しいスキルを身につけるために資格の勉強に挑戦するなど、別の目標が立てられるかもしれません。

こういった計画も、自分が何をしたいのか、どうなりたいのかが見えてきて、はじめて立てられることです。

キャリア相談を受ける

自己分析にしても、今後の目標にしても、自分一人だけで考えていると解決策が思い浮かばないことはよくあるものです。

また、自分だけの考えでは視野が狭まってしまい、キャリアの選択肢が広がらない場合があります。

そういった心配がある人は、一度「キャリア相談」を受けてみることをおすすめします。

キャリア相談では、キャリア支援に関する専門知識を持つプロに、仕事や生き方に関する悩み・不安を相談することができます。

最近は、さまざまな特徴をもつ有料のキャリア相談サービスが増えています。

有料とはいえ、なかには比較的安価で、1回だけ気軽に受けることができるサービスも。

第三者のプロに意見やアドバイスをもらうことで、これまで認識していなかった自分の強みに気付いたり、本当にやりたいことが見えてきたりするでしょう。

キャリアの悩みを解決するには?まとめ

人が生きていく以上、キャリアの悩みを完全に避けて通るのは難しいものです。

大切なのは、もしキャリアについて迷いそうになったときには、しっかりと自分自身と向き合う時間をつくり、何をしたいのか、どうありたいのかを考えていくことです。

自分一人で考えることが難しいと感じる場合には、キャリア相談をすることで悩みが解決し、思いもよらぬ自分の強みに気付いたり視野が広がったりするでしょう。

ときにはプロのサポートも受けながら、自分の理想のキャリアを見つけていってください。

目的別サービス紹介

すべて完全無料ですので、ぜひ会員登録してみてください。

・大学・専門学校の資料請求なら:スタディサプリ進路

・転職エージェントなら:リクルートエージェント

・20代の転職なら:マイナビジョブ20s

・IT業界の転職(未経験からでもOK):マイナビITエージェント