30代のキャリアの悩みで多いものは?

(読了時間:4分33秒)
仕事にも慣れ、それなりの経験・スキルを得ることができる30代。

順調にキャリアを築いていく人がいる一方で、「社会人になり、あっという間に10年以上が経ってしまった」「スキルに自信が持てない」など、やや焦りや不安を覚える人もいます。

また、この年代は結婚や出産などプライベートでの大きな変化も起こりやすく、20代とはまったく異なる悩みを抱える人も。

ここでは、30代のキャリアの悩みで多いものと、その解決方法についてご紹介します。

30代に多いキャリアの悩みとは?

30代は、社会人としての生活にはすっかり慣れ、仕事もそつなくこなせるようになっているものです。

しかし、仕事量が増えたり仕事の責任が重くなったりして、20代の頃とは異なる悩みを感じやすくなるのがこの年代。

同時に、個々の能力や働き方、立場などによる収入差やスキル差が開きやすくなり、周囲と比較して自分のキャリアに不安を覚えたり、伸び悩みを感じたりする人もいます。

また、30代は結婚・出産・育児などの大きなライフイベントを経験する人が多く、仕事とプライベートの両立に悩む人が増えます。

30代によくあるキャリアの悩みを以下に挙げていきます。

30代に多いキャリアの悩み
  • 給料が上がらない、他の人と比べて低い
  • 専門性が身につかずスキルに不安
  • 転職にまつわる不安
  • 部下・後輩の指導に苦労
  • 結婚・出産と仕事の両立

それぞれについて解説します。

給料が上がらない、他の人と比べて低い

30代は、新卒の時期や20代と比べて、人による収入差が出てきやすいです。

役職についたり専門性を磨いたりして順調に昇給し続ける人もいれば、あまり評価されず、ほとんど収入がアップしないという人も。

もちろん、勤務先による収入差もあります。

20代のうちはある程度給料が低い状態で我慢できたとしても、30代では結婚などプライベートの変化も起こりやすく、先々のことを考えて「このままでいいのだろうか…」と悩みがちです。

専門性が身につかずスキルに不安

社会人になって10年ほど仕事を続けてきた30代は、仕事にはだいぶ慣れています。

なんとなく惰性で日々の業務をこなすことはできても、自分のスキルにいまいち自信が持てなかったり、能力が伸び悩んでいたりすると、将来を考えて不安になってしまいやすいのもこの年代の特徴といえるでしょう。

また、20代のうちから具体的なキャリアプランを考えずに働いてきた人や転職を繰り返している人は、職務経歴ばかりが増えて、あまり専門的なスキルが身についていないというケースもあります。

転職にまつわる不安

30代になると、現状の仕事や職場に不満・不安がある、あるいはキャリアを発展させたいという思いで転職を考える人も増えていきます。

30代での転職は、それまでに得た経験・スキルをしっかりと生かせれば、昇給や昇進につながる可能性も十分にあります。

しかし、未経験やそれに近い状態の職種への転職を希望する場合、30代以上では厳しく評価されるケースも。

転職活動が思うように進まなかったり、転職後も思うように働けなかったりすると、今後進むべき方向に迷いを感じてしまいがちです。

部下・後輩の指導に苦労

30代になると、部署やチームでリーダーを任されるなど、少しずつ責任ある仕事を経験する人が増えていきます。

仕事の裁量が増えやりがいが得られる反面、部下・後輩への接し方など、ただ業務をこなすだけでは味わうことがなかった、さまざまな苦労を感じやすくなるのも30代の特徴です。

その後のキャリアを考えて、管理職の道を進むか、それとも専門職としてスキルを磨き続けるかといった選択を迫られて悩む人も出てきます。

結婚・出産と仕事の両立

プライベートと仕事の両立は、あらゆる年代で少なからず悩む人がいますが、30代では、とくに大きな悩みとして表に出てきやすいです。

というのも、30代は結婚・出産・育児といった、人生を激変させるライフイベントに直面する時期だからです。

キャリアアップをしたいけれどプライベートも大事にしたい、出産を考えているけれどキャリアが途切れることが不安など、複雑な思いを抱える人は少なくありません。

最近は産休・育休を取得して働き続ける人も増えていますが、いざ結婚・出産後にどのように働くのかは、パートナーともしっかり相談しておく必要があるでしょう。

30代のキャリアの悩みを解決するには?

30代は、人生の大転換を迎える大事な時期です。

プライベートでは結婚・出産などで家庭生活を充実させる人が増えていきますし、仕事ではスキルを磨いて専門的な仕事を経験したり、管理職を目指してステップアップしたりと、新しいことにもどんどんチャレンジできます。

しかし、変化が大きい時期だからこそ、さまざまな悩みが出やすいのも事実。

40代以降のキャリアにスムーズにつなげていくためには、30代のうちに自分が得た経験・スキルや気持ちを整理し、キャリアビジョンを描いておくことが大事です。

自分一人だけで考えることに迷ったら、自己分析や自己実現のサポートをしてくれるキャリア支援のプロに相談してみましょう。

無料で受けられる転職エージェントやハローワークのキャリアコンサルティングもありますが、転職に限定せずに、もっと広い視野で自分のキャリアを考えていきたい人は、有料のキャリア相談サービスがおすすめです。

30代のキャリアの悩みで多いものは?まとめ

30代では、責任ある仕事を任されて充実した日々を過ごす人が多い一方、私生活での大きな変化へのとまどいや、仕事と家庭の両立などで悩む人も増えていきます。

また、思うようにスキルが伸びている実感がない、収入が上がらないなどが不安の種になる人も。

30代はキャリアをどんどん伸ばしていける時期ですから、自分にとって本当にやりがいを感じられるキャリア選択をすることが大事になってきます。

ときにはプロの力も借りながら、上手に悩みを乗り越えていってください。

目的別サービス紹介

すべて完全無料ですので、ぜひ会員登録してみてください。

・大学・専門学校の資料請求なら:スタディサプリ進路

・転職エージェントなら:リクルートエージェント

・20代の転職なら:マイナビジョブ20s

・IT業界の転職(未経験からでもOK):マイナビITエージェント