20代のキャリアの悩みで多いものは?

(読了時間:4分33秒)
長い学生生活を終え、初めて社会人として働き始める人が増える20代。

まさに「フレッシュ」といえる希望に満ちあふれた年代ですが、なかには慣れない仕事や生活スタイルの変化にとまどい、悩みを抱えてしまう人もいます。

ここでは、20代によくあるキャリアの悩みについてご紹介します。

20代に多いキャリアの悩みとは?

20代の人は、初めての会社、初めての仕事など、いくつもの「初めて」を経験する機会が多く、いろいろなことに戸惑いを感じがちです。

また、学生時代に描いていた理想の社会人像と、思った以上に厳しい現実社会のギャップに悩んでしまう人も少なくありません。

20代の人が抱えやすいキャリアの悩みを以下にまとめます。

20代に多いキャリアの悩み
  • 仕事にやりがいがない
  • 自分の成長を感じられない
  • 職場の雰囲気が合わない、人間関係がつらい
  • 仕事とプライベートのバランスがとれない
  • やりたいことがわからない

ここからは、それぞれについて解説していきます。

仕事にやりがいがない

20代の人が悩みがちなキャリアの悩みで多いのが、「仕事にやりがいがない」です。

正確には「自分が選んだ仕事にやりがいを感じられない」ということでしょう。

やりがいを感じられない原因は、仕事内容がそもそも合わない、思うように評価されない、将来の目標がないなど、さまざまなことが考えられます。

いずれにしても、やりがいがない状態は、働くこと自体に対するモチベーションを下げる要因になりやすいのも確か。

できるだけ早く、やりがいを感じられる働き方や仕事を見つける必要があるでしょう。

自分の成長を感じられない

どのような職場でも新人時代は覚えなくてはならないことが多く、ときには上司や先輩に叱られることもあるはずです。

仕事を覚えるための大事な期間とも言えますが、毎日毎日あまりに厳しいことを言われ続けると、「自分には実力がない、向いていないのかもしれない…」と自信を失ってしまう人がいます。

また、職場によっては仕事を覚えて一人前とみなされるまでは、比較的簡単な業務ばかりを任されることになります。

ルーティンワークや単純作業が長く続くと、自分のスキルが伸びているのかわからなくなり、モチベーションが下がってしまうことがあるようです。

職場の雰囲気が合わない、人間関係がつらい

職場との相性や人間関係については、どの年代でも悩む人が少なからずいます。

「就職・転職の希望条件」などの調査データでも、「人間関係が良いこと」が上位に入るケースはよく見られます。

本来、仕事の人間関係はプライベートとは異なるものですから、人間関係によって仕事のモチベーションが左右されるのはよくないという意見もあります。

とはいえ、仕事は人と人が関わりながら進めていくもの。やはり強い信頼で結びついているチームは、個々がよいパフォーマンスを出しやすいものです。

せっかく仕事そのものにはやりがいを感じていても、職場の雰囲気が合わないことや人間関係のストレスが原因で、退職・転職を考える人も少なくないのが現実です。

とくに20代で独身であれば思い切ったキャリアチェンジをしやすいこともあり、少し合わないと思ったら、即転職を決意する人もいます。

仕事とプライベートのバランスが取れない

社会人になると、想像以上にプライベートの時間が取れないことに驚く人は多いです。

選んだ仕事や職場によっては残業があまりにも多かったり、休日出勤を求められたりして、仕事中心の毎日になってしまうこともあります。

それでもやりがいを感じられていればよいのですが、20代は歳を重ねるごとに、少しずつ結婚や出産といった大きなライフイベントを迎えていく人が増えてくる年代です。

あまりにプライベートに時間が割けない状態だと、ふとしたときに「自分はこのままで大丈夫だろうか…」と悩んでしまうことがあります。

やりたいことがわからない

いざ社会人になったものの、「本当にやりたいことがまだわかっていない」という人もいます。

「とにかく就職するために何となく会社を決めた」という人は、社会人になってからも「これは本当にやりたいことではない」という思いになることがあるようです。

また、希望通りの職業に就いたり会社に入ったりした人でも、「いざ実際に働き始めたら思っていたのと違った…」と感じることも。

こうした際に「今の仕事は楽しめない。だからといって、ほかに何をしたらいいのかわからない」と悩んでしまうことがあります。

20代のキャリアの悩みを解決するには?

20代の人は、自分が本当に何をしたいのかがまだ曖昧だったり、仕事に慣れておらず今後の人生に漠然とした不安を感じてしまったりすることが多いです。

不安や悩みの解決策はさまざまですが、まずは自己分析によって自分の強みや好きなことを明らかにし、何をしたいのか、どう生きていきたいのかを、あらためて明確にするとよいでしょう。

もし自分一人で解決策が見つけにくい場合には、キャリア支援のプロに相談してみるのもおすすめです。

キャリア相談サービスでは、キャリア支援に関する専門知識をもつプロのアドバイザーとのカウンセリングを通して、自己分析や自己実現のためのサポートをしてくれます。

一方的にアドバイスをもらうだけではなく、対話の中で仕事に対する考え方が広がったり、自分の強みを発見できたりと、さまざまなメリットがあります。

キャリアに漠然とした不安を感じている人は、ぜひ活用してみてください。

20代のキャリアの悩みで多いものは?まとめ

20代は、学生時代からの大きな生活の変化、慣れない仕事を一から覚えるなど、まさに激動の時期といえます。

最初に選んだ仕事や職場がピッタリ自分に合えばそれに越したことはありませんが、どうしてもさまざまな迷いが生じてきてしまうことが多いです。

30代になってからも自分がやりたいことに向かって明るく進んでいくために、日々感じる不安や悩みはできるだけ早く解決していきましょう。

目的別サービス紹介

すべて完全無料ですので、ぜひ会員登録してみてください。

・大学・専門学校の資料請求なら:スタディサプリ進路

・転職エージェントなら:リクルートエージェント

・20代の転職なら:マイナビジョブ20s

・IT業界の転職(未経験からでもOK):マイナビITエージェント