ショップ店員の1日

ショップ店員の働くお店はジャンルも営業時間もさまざまですが、ほとんどのお店ではシフト制が導入されており、早番、遅番、中番などに分かれて勤務します。

ここでは、レディースアパレルショップでの早番、遅番の一日を追ってみましょう。

レディースアパレルショップ、早番シフトの場合

10:10 出勤

ロッカーで店頭用の服に着替えます。着替え終わったらメイク直しを済ませて、お店に入りタイムカードを押したらネットを外したり掃除をしたり、陳列を整えたりします。

同時に手分けしてレジも開け、釣銭も金庫から出してきてしまいます。このような作業があるため、どんなに小さな店舗でも開店準備には必ず社員がいます。

10:50 朝礼

その日の売り上げ目標や昨日の遅番からの連絡事項などが発表されたり、「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」などの接客用語を皆で復唱したりするお店もあります。

11:00 開店

お店を開けて、お客さまを迎えいれます。シーズン立ち上がりの日などは、お客さまが開店と同時に入ってくることも少なくありません。

平日の昼間など落ち着いている日は、在庫管理やタグつけなどの仕事をしつつ、余裕があれば新作のチェックをします。

ときには、試着して自らラインを確かめることもあるでしょう。

12:30 遅番出勤

遅番の社員やアルバイトが出勤してきます。挨拶をし、その日の連絡事項などを伝えます。

14:30 休憩

14:30から15:30あたりに休憩を60分まわします。外に食べに行ったり、持ってきたお弁当をバックヤードで食べたりコンビニに買いに行ったりとさまざまです。

百貨店などに入っているお店は社員食堂がある場合もあります。

16:30 レジ締め

夕方のピーク前、学生アルバイトなどが入ってくる前に一度レジ締めをして、そこまでの売り上げを計算するお店もあります。

レジ締めのタイミングや回数はお店によってそれぞれです。

17:00 学生アルバイト出勤

百貨店に入ってるお店などだと、夕方から閉店までのピークタイムにアルバイトを入れるお店もあります。

19:30 退社

タイムカードを押して退社します。お客さまを接客中の場合は、きりの良いところまで担当してから上がります。

レディースアパレルショップ、遅番シフトの場合

12:10 出勤

早番と同様にロッカーで店頭用の服に着替えます。着替え終わったらメイク直しを済ませて、お店に入りタイムカードを押したら、早番のスタッフに挨拶をします。

その後、その日の売り上げ目標やノルマ、連絡事項を確認したりします。

16:45 休憩

ピークタイムを迎える前に休憩を取ります。ときには同僚と一緒に休憩をとり、リフレッシュ。夜のピークタイムに備えます。

17:00 学生アルバイト出勤~ピークタイムへ突入

学生アルバイトが出勤してきたらピークタイム開始の合図です。平日は会社帰りのOLたちで夕方から閉店まではにぎわいます。

時に、問い合わせの電話にも出れないほど混雑することも多々あります。

20:45 閉店準備

手の空いているスタッフからレジ締めの準備を始めたり、あくまでお客さまの邪魔にならない範囲での閉店の準備を始めます。

21:00 閉店

閉店ですが、お客さまがまだ買い物中の場合は無理にお店を閉めたりはしません。

接客中のスタッフはそのまま接客を続け、手の空いているスタッフからレジ締めや商品の整理、片付けの準備を始め、お客さまが完全にいなくなってから店内や店頭の掃除を始めます。

レジ締めは、基本社員がやりますが、場合によってはアルバイトが担当することもあります。

その日の理論上の売り上げと実際のお金があっているかどうかを確認する大事な作業です。

21:30 退勤

すべての片付けや明日朝のスタッフへの引継ぎが終わったらタイムカードを打って退社します。

社員は本社への売り上げ報告や、売り上げ金を銀行金庫のポストへ預けに行く作業なども発生します。

金庫への売上金ポストは防犯上2人組で行くことを義務付けられているお店も多いです。

最後にお店をでるスタッフが施錠をして1日の仕事が終了します。