ヤングハローワークとは(読了時間:2分31秒)

近年、ヤングハローワークをうまく活用することで、念願だった正社員として仕事ができるようになったという若者が増えています。

そこで今回は、ヤングハローワークについて、「どのような場所なのか」「利用する際の注意点」を中心に見えていきたいと思います。

ヤングハローワークとは?

まず、「ハローワーク」という名称から説明します。

ハローワークとは公共職業安定所の愛称として使われている名称です。

1989年に旧労働省が公共職業安定所の相性を募集した結果、選ばれた名称なのです。

それまでは「職安」という単語が頻繁に使われていましたが、相性が決定した1990年からはハローワークという愛称がニュースや新聞をはじめ様々な場所で積極的に使われるようになっています。

仕事を探す人にとってのハローワークとは?

仕事を探す人に対して、仕事を斡旋したり仲介したりするための公的機関という位置づけです。

他にも、対象であれば職業訓練・失業給付といったサービスを無料で受けることができます。

働き手を探す会社にとってのハローワークとは?

仕事を探している人に対して自社の求人内容を広く知ってもらうために利用できる公的機関という位置づけです。

ここまででハローワークが何をしているところなのか、少しはイメージが付いたのではないでしょうか。

ヤングハローワークは、少しイメージがついたであろう「ハローワーク」という単語に「ヤング」がついています。

ヤングハローワークは、文字通りヤングのためのハローワーク、もう少し具体的に説明をすると、仕事を探している人の中でも特に30歳未満の若者を対象にしたハローワークのことを指します。

ヤングハローワークは年齢以外に利用制限がある?

ヤングハローワークが30歳未満の若者を対象にしたハローワークであること以外に、利用する際の制限はあるのでしょうか?

多くの人は、「ヤングハローワークはフリーターが仕事を探す際に利用する場所」という認識があるかもしれません。

しかし、実際には、フリーターだけではなく、高校や大学の新卒者で仕事を探しているような人もヤングハローワークが利用できる対象内となっています。

ヤングハローワークでは何ができるの?

「ヤング」がつかないハローワークでは仕事の斡旋・仲介の他に、職業訓練や失業給付といったサービスも実施していますが、ヤングハローワークでは求職情報の発信・支援に特化しています。

仕事探しを支援するメニューやセミナー内容についても若者対象にしているため、正社員として新しく仕事を見つけるため、若者目線で親身になって相談を受けてくれる点が、幅広い年齢の人が訪れるハローワークとは異なります。

ヤングハローワークを利用する際の注意点はある?

若者目線で正社員としての就職を目指して親身になってくれ、おまけに無料で利用できるというと、良いことばかりの機関であるようにも感じます。

しかし、ヤングハローワークを利用する際に気をつけてほしい点があります。

それは、求人情報を出している企業についてです。

ヤングハローワークは幅広い年齢の人が利用するハローワークと同じように、募集している求人情報数は民間の転職支援企業に比べれば比較にならないほど多くあります。

なぜなら、会社側にしてみると、ヤングハローワークに求人情報を出す際の費用が無料なので、お金をかけずに働きたい人を効率よく見つけられると考えているからです。

しかし、求人情報を出す費用が無料だということは、多種多様な財務状況・労働状況の企業が紛れ込む可能性も否定できない、ということです。

ヤングハローワークに登録されている求人情報だからといって、その仕事内容・募集企業が全て優良案件だとは思わないほうがよいでしょう。

ヤングハローワークはうまく活用できれば、正社員としての採用につながります。

利用してみたいと思ったのであれば、まずは最寄りのヤングハローワークで相談してみるとよいでしょう。

職業を探す

医療

心理・福祉・リハビリ

美容・ファッション

旅行・ホテル

飲食

教育・保育

自然・動物

運輸・乗り物

出版・報道

テレビ・映画

音楽・ラジオ

芸能

スポーツ

マンガ・アニメ・ゲーム

広告・デザイン・アート

コンピューター

保安

法律

国際

金融

建築・インテリア

事務

販売

オフィス

企業

公務員

葬祭・宗教

その他