ビジネス用語「朝一」とは(読了時間:1分4秒)

「朝一」という言葉、よく聞き、よく使うビジネス用語です。しかしこの言葉、意味をご存じでしょうか?

「朝一」の意味は

「朝一」はすべて訓読みで「あさいち」と読みます。意味は「朝一番に」。

つまり「朝、仕事を開始したら一番に」という意味になります。

よくよく考えてみると、始業時間は会社によってまちまちですので、「朝一」は意外に大雑把なくくりの言葉といえます。

「朝一」の時間はいつ?

では「朝一」の時間は正確にはいつになるのでしょうか。

何となく時間帯も理解しているような気になっていたので、あえて正確な時間を問われると困惑してしまうかもしれません。

確かに会社の始業時間はまちまちです。フレックス制度を導入している会社でさえ、コアタイム(芯になる時間帯、絶対にこの時間帯には働いていなくてはならない)を設けて出社上限時間などを決めています。

このことから一般的に始業時間は午前9時頃からとすると、始業時刻から昼食・休憩時間前までを午前中といい、その中で「朝一」となると、始業直後ということになりそうです。

「朝一」を使った具体的な会話

よく耳にする言葉なので何気なく聞き流してしまうこともしばしば。どんなシーンで使っているのか見て行きましょう。

「朝一」を使った会話例

「朝一でこの文書を5部プリントアウトしてください。午後のミーティングで使いたいので。」

どうやら午後のミーティングで使う文書の出力作業をほかの人に頼んだようです。

朝一で頼まれる仕事は結構重なったりしますので、仕事の優先順位は適宜決めましょう。

「朝一」は始業直後のことです。 ビジネスでは、暗黙の了解というものがあり、「朝一」もまた暗黙のうちに了解されていること、あ・うんの呼吸で、ビジネスマンならわかる時間帯なのかも知れません。 とはいえ、「できるビジネスマン」ならば、身内ならまだしも取引先などに「朝一でお伺いします」というざっくりとしたアポイントメントはとるべきではありません。 時間は正確に明示して接するのがビジネスマナーの基本です。 したがって、「朝一」は社内的な用法として考えておいた方が無難です。