福祉用具専門相談員の「やりがい」の経験談・口コミ

  • やりがい
    3.50
    やりがい
    3.50

    福祉用具専門相談員 Kさん

    30代前半 女性 経験1年0ヶ月 
    現職(正社員)


    仕事のやりがいは、自分が商品を選定し、それを納品したことにより、利用者様の生活が楽になったり、家族様から介助量が減ったと感謝されることです。

    利用者様やその家族の方もまず福祉用具というものを知らないことが多いため、その数多くある商品の中で、選定が上手くいったときにADL(日常生活動作)やQOL(生活の質)の改善に繋がることが目に見えたときは「いい商品を提案してくれた。ありがとう」とお声かけをいただくことも多いため、そのときにやりがいを感じます。