リクナビネクストはおすすめ? 特徴や使い方まとめ

(読了時間:5分52秒)

「リクナビネクストはおすすめ?どんなことができるの?」

このような疑問に答える記事です。

リクナビネクストは常時4万件の求人が掲載されている日本最大級の転職サイトです。

転職に関するコンテンツも充実していて、企業や転職エージェントからスカウトを受け取れる機能もあります。

転職した人の8割が登録しているというリクナビネクストの特徴と使い方をまとめました。

リクナビネクストは日本最大級の転職サイト

リクナビネクストは、企業の求人を検索できる日本最大級の転職サイト。

常時4万件の求人があり毎週2,000件以上の新着求人が掲載され、リクナビネクストから求人へ応募ができます。

リクナビネクストの特徴をまとめました。

リクナビネクストでできる5つのこと

リクナビネクストでできること
  1. 求人の検索・お気に入りで管理・応募
  2. 職務経歴書や履歴書の作成
  3. 企業や転職エージェントからのスカウトを待つ
  4. グッドポイント診断で強みがわかる
  5. 転職に関する情報「転職成功ノウハウ」が読める

リクナビネクストでできることを順番に見ていきましょう。

求人の検索・お気に入りで管理・応募

転職サイトの基本機能である「求人を探す」ことができ、気になった求人はお気に入りに入れておくことができます。

職種、勤務地の条件などを入力して検索するのはもちろん、以下のような求人特集もあり、思ってもみなかった企業を見つけることができる機能もあります。

  • 地方の魅力で選ぶ
  • 好きなまちで暮らす
  • 女性の転職
  • 第二新卒
  • 障がい者のための求人情報

また、職務経歴書や履歴書などを登録しておけば、リクナビネクストのボタン一つで応募が完了

合格通知などもリクナビネクストの管理画面から確認できます。

履歴書や職務経歴書の作成

求人への応募書類をリクナビネクストのサイト内で作成できます。

特に、職務経歴書は作成方法に悩む人も多いのではないでしょうか。

リクナビネクストでは、項目に沿って埋めていけば職務経歴書が完成し、Wordで出力もできて便利です。

リクナビネクストで作成した経歴をもとにスカウトを受け取ることも可能です。

企業や転職エージェントからのスカウトを待つ

リクナビネクストでは、氏名や住所など個人情報は伏せて経歴を公開して企業や転職エージェントからのスカウトを受け取ることができます

企業からの直接スカウトでは、面接確約の場合もあります。

「今働いている会社に転職活動していることがばれないか不安」という人向けに、レジュメを公開しない会社を設定できますので、安心して使えます。

グッドポイント診断で強みがわかる

リクナビネクストに登録すると、無料で「グッドポイント診断」を受けて強みを発見できます。

診断には30分ほどかかります。かなり本格的な適性検査で、診断結果も詳細です。

自分の隠れた強みを見つけて、転職活動に生かしましょう。

転職に関する情報「転職成功ノウハウ」が読める

リクナビネクストのメニューには「転職成功ノウハウ」があり、転職活動に関する悩みを解決できます。

転職活動の進め方の基本から、面接対策、求人の探し方など、一通り目を通すと今後のイメージがつかめます。

また、以下のような疑問のQ&Aも掲載されています。

  • 応募した企業から応募確認メールが届きました。返信する必要はありますか?
  • 有給消化中に、転職先の会社で働いてもいい?
  • 雇用保険被保険者証はいつ受け取れるのですか?

困ったなと思うことがあったら、リクナビネクストをのぞいてみると解決できることも多いです。

リクルートエージェントとの違いは?

「リクナビネクスト」「リクルートエージェント」がごっちゃになって混乱してしまう人も少なくないです。

どちらもリクルートが運営していますが、以下の違いがあります。

  • リクナビネクスト:転職サイト。自分で求人を検索して応募する
  • リクルートエージェント:転職エージェント。求人を紹介してもらうなどサポートを受けられる

リクナビネクストは転職サイト、リクルートエージェントは転職エージェント、という点は押さえておきましょう。

転職サイトと転職エージェントの違いは以下の図の通りです。

転職エージェント転職サイト違い

以下の記事も参考にしてみてください。
転職エージェントと転職サイトの違いとは? 転職に有利なのはどっち?

リクナビネクストの使い方は?

リクナビネクストの特徴を紹介してきました。

ここからは、具体的に使い方を解説します。

まずは登録してみよう

リクナビネクストに、まずは無料登録してみましょう。

どれだけ使ってもお金がかかることはありません。

登録すると、スカウト機能や求人のお気に入り登録、グッドポイント診断などの機能がすべて使えるようになります。

また、転職するか悩んでいる、という人も転職サイトには登録しておいて情報収集はしておいたほうが良いです。

いざ、本気で転職したい、と思ったとしても転職活動の始め方がわからないからです。

早めに行動して、転職活動に備えましょう。

転職の情報を集めてみよう

リクナビネクストの「転職成功ノウハウ」には転職活動の流れについて情報がまとまっています。

まずはざっくりと転職活動をどうやって進めていけばよいかイメージするには最適です。

求人を検索してどのような企業があるのかを見てみたり、「グッドポイント診断」を受けたりして自己分析を進めていきます。

職務経歴を登録してスカウトを待ってみよう

いままでの仕事の経歴を登録しておくと企業や転職エージェントからスカウトのメールが届き、自分の市場価値を知ることができます。

転職エージェントはリクルートエージェント以外の転職エージェントから「こんな企業を紹介できますよ」という内容のメールが届くので、気になる求人があれば返信してみましょう。

リクナビネクストの調査では、転職に成功した人は平均して4社の転職エージェントに登録しています。

転職サイトのスカウトメールについて詳しくは以下のサイトでまとめています。

転職サイトのスカウトとは? 採用される確率が高いの?

転職エージェントと一緒に使ってみよう

転職エージェントではリクナビネクストなどの転職サイトには載っていない「非公開求人」を持っています。

なぜ、転職サイトに公開しない非公開求人があるのか。理由は以下のようなものがあります。

  • 優良企業の求人なので公開すると応募が殺到してしまう
  • 経営戦略上、重要なポジションなので公表できない
  • 採用担当者の手が足りない

転職サイトには掲載されない非公開の求人は転職エージェントからの紹介でのみ応募ができます。

転職エージェントが持っている非公開求人の数は非常に多いです。

転職サイトと転職エージェントの求人数の例

  • リクナビネクスト(転職サイト):約4万件
  • リクルートエージェント(転職エージェント):約20万件(非公開求人含)

応募先の選択肢を増やすためには転職エージェントを活用すべきです。

転職エージェントでは応募書類の添削や面接対策など様々なサポートを無料で受けられます。

リクナビネクストを使って転職の情報を集めつつ、転職エージェントも利用するのが転職成功のカギです。

転職エージェントは2~3社に登録して自分に合うところをメインに使うとスムーズです。

おすすめの転職エージェント

  • リクルートエージェント:業界最大手。非公開求人を含む20万件の求人があるので選択肢を増やせる。
  • マイナビエージェント:20代~30代の若手からの支持が厚い。初めての転職にも親身に対応してくれる
  • JAC Recruitment:ハイキャリア層向け。外資系や大手企業への転職を中心にサポート
  • リクナビネクストの特徴・使い方まとめ

    リクナビネクストは日本最大級の求人サイトで、4万件以上の求人から検索が可能です。

    リクナビネクストは転職に関するコンテンツも充実していますし、職務経歴を登録すれば、企業や転職エージェントからのスカウトを受け取ることもできます。

    転職しようかな、という気持ちが少しでもある人はぜひ登録しておいて、情報収集を始めましょう。