最終面接での質問、聞かれること

(読了時間:1分20秒)

最終面接は学生にとってだけでなく企業にとっても最終の意思確認をする場となります。

そのため、最終面接特有の「重い」質問が来ることが少なくありません。

最終面接でよく聞かれる質問について見ていきましょう。

志望の本気度に関する質問

「弊社が第一志望ですか?」「もし内定が出たら入社しますか?」といった質問はかなりの確率でされるでしょう。

企業としては内定後の辞退をできるだけ抑え、入社に結びつけたいと考えています。

この質問に対して「御社が第一志望です」以外の答え方をするのは、自分から内定を遠ざけるようなものです。

他の学生も同じ合格ラインに立っているとすれば、より志望の本気度が強く感じられるほうを採用するはずです。

本当に他社と迷っている場合の対応は後述しますが、よほどのことがない限り第一志望と答えるのが得策です。

入社後のことに関する質問

「入社したらどんな仕事をしてみたいですか?」「10年後、どんなふうに働いていたいですか?」といったタイプの質問です。

企業研究を通じてしっかりと考えた上で応募しているかどうかを確認していると考えられます。

すでに企業研究を行っている場合でも、最終面接前に改めて企業ホームページなどを確認しておきましょう。

現在、その企業が力を入れている事業や、今後を見据えた取り組みについてよく調べておくことが重要です。

会社の方向性と入社後のイメージが合致していれば、採用される可能性は大きく高まります。

他社への応募状況に関する質問

「他に内定をもらっている会社はありますか?」「現在、選考中の会社は何社ありますか?」といった質問をされることもあります。

就職活動中であれば、複数の企業へ応募していたとしても何ら不思議ではありませんので、事実を伝えて問題ありません。

ただし、入社したい企業の最終面接であれば、他社ではなく「ここに入社して働きたい」と考えている理由を明確に伝えましょう。

あなたのことを採用したいと思っている企業であれば、他社に取られる前に内定を出しておきたいと考えるはずだからです。

最終面接は学生・企業双方にとって最後の意思確認の場です。

ぜひ入社して働きたいという熱意が伝わるかどうかが、内定までの最後の一押しになるか否かの分かれ目になります。

最後まで気を抜かず、企業研究・業界研究ノートを見直すなどして、万全の準備をして最終面接にのぞむようにしましょう。