プレエントリーを取り消し、辞退するには?

(読了時間:1分21秒)

就職活動では「プレエントリーをしたけれど、やっぱり興味がないから辞退したい」という場面があります。

では、プレエントリーを取り消して、辞退することは可能なのでしょうか。

プレエントリーに取り消しや辞退は必要ない

まず初めに結論を書いてしまいますと、プレエントリーに取り消しや辞退の必要はありません。

就職活動における「プレエントリー」の意味合いは企業に対する「資料請求」や「連絡先の登録」といった意味合いが強いものなので、プレエントリーしたから選考に進まなければいけないなどといった拘束力のある段階ではありません。

ですから、プレエントリーを取り消したり辞退したりするからといってなにか手続きをしたり連絡をしたりする必要がありません。

しかしどうしてもプレエントリーを取り消したり辞退したいという場合は、企業の採用担当者へメールなどで連絡をするようにしましょう。

電話ですと担当者の時間を奪ってしまうことになりかねませんので連絡をする場合はメールでする方が好ましいでしょう。

こんな時には取り消し、辞退の連絡が必要

プレエントリーは基本的に取り消しや辞退の連絡が必要ありませんが、以下のような場合に限り取り消しや辞退の連絡が必要です。

・会社説明会への参加予約などの連絡をしている
・採用担当者とメールなどでやり取りしている

たとえば会社説明会の参加予約などをしている場合にその会社説明会への出席を取り消す場合はきちんと企業の担当者へ連絡をしましょう。

そうしないと、当日席に空席ができてしまい企業に迷惑をかけてしまうことになります。

また、プレエントリーをして企業の採用担当者と個人的にメールなどでやり取りをしている場合は、なるべく辞退の連絡をしておいた方がよいでしょう。

少なくともこれまで時間を割いてくれたわけですから、そのことに対するお礼を述べると同時に辞退の連絡をするべきです。

方法は電話でもよいですが、やはり相手先が多忙であるかもしれないことも考えてメールで済ませるのがスマートな対応といえるでしょう。

プレエントリーの取り消しや辞退をするときには、特に連絡の必要はありません。プレエントリーは企業への資料請求などの意味合いが強いからです。

ただし、会社説明会への参加表明をしている場合や、企業の採用担当者と個別でやりとりをしている場合などはメールで取り消しや辞退の連絡をしておくのがマナーです。