OB訪問の電話のかけ方

(読了時間:2分57秒)

OB・OG訪問は、就職活動で内定をつかみとるために、とても重要なプロセスです。

それは、企業で直接働くOB・OGに対して質問をすることで、企業説明会で会社のパンフレットだけではわからないことを学べます。

では、OB・OG訪問を行うためにはどのような電話のかけ方が適切なのでしょうか。

OB・OG訪問のアポイント方法って?

OB・OG訪問を行うためには、事前にアポイントをとる必要があります。アポイントをとる際には、自分自身で希望する企業に勤めるOB・OGに連絡する必要があります。

その手段は、メール、手紙などの方法があるのですが、最近は忙しいOB・OGの時間をとらせないように、メールで連絡する人が多いようです。

しかし、メールで連絡をすると、読み飛ばしがあったり、すぐにリスケジュールすることが難しいケースがあるようで、確実な連絡手段の「電話」が再注目されています。

そこでここでは、OB・OG訪問のアポイントをとるために、企業(OB・OG)への電話のかけ方をご紹介します。

OB・OGの電話は何時頃かけたらいい?

企業への電話は、かける時間によっては失礼・迷惑にあたります。

知らずにかけて、迷惑だと思われないように、以下の時間帯は避けましょう。

営業時間外

バイトが終わって自由になるのが21時だったからと言って、21時に電話をするのは非常識な行為です。

基本的に自分の都合に合わせて電話をかけるのではなく、企業で働く社員の都合を考えて電話をかけましょう。

営業開始直後の時間帯

営業開始直後は、前日の仕事の続きや引き継ぎ、当日のスケジューリングやメールチェックなどで、社員は皆忙しい時間帯です。

このような時間帯に電話をしても、OB・OGに迷惑がかかってしまいます。

また、手を離せない時間帯に電話をしても、丁寧に対応してもらうことは難しいでしょう。

昼休みの時間帯

あなたが昼休みの時間に自由時間があって電話をしたとしても、OB・OGはその時間、ランチライムで席をはずしていることが多いでしょう。

また、たとえ社内のデスクでランチをとっていたとしても、貴重な昼休みの時間を短時間とはいえ「仕事」にとられてしまうことを快く歓迎してくれる人は少ないでしょう。

OB・OGへの電話のかけ方

では、実際に電話をかける時、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

まず、電話をした先が直接OB・OGにつながることはあまりありません。

受付(事務職であることが多いです)で一度名乗り、そこからまたOB・OGへ電話をつながれるため、OB・OGに電話が替わった時点でもう一度同じように名乗ります。

とくに気をつけたいのは、「要領よく、短く話をまとめる」ことです。

OB・OGは本来ならば仕事にあてるための時間を、あなたからの電話に費やしてくれています。
OB・OG訪問の日程調整について、できるだけ簡潔に、わかりやすく、そして要点(日時の調整)を伝えるよう心がけましょう。

実践!OB・OGへの電話のかけ方

受付「はい、○○株式会社受付の佐々木と申します。」

あなた「お忙しいところ失礼いたします。△△大学○○学部の高橋と申します。恐れ入りますが、営業部の田中光司(※)様はご在席でしょうか。」
※特に大きな企業の社内には、同姓同名の社員がいることがあります。フルネームでOB・OGを呼ぶことで、受付の混乱を防ぎましょう

受付「営業部の田中ですね。ただ今おつなぎいたしますので、少々お待ちください。」
あなた「お願いいたします。」

OB「はい、営業部田中です。」

あなた「お忙しいところ失礼いたします。△△大学○○学部の高橋と申します。ご無沙汰しておりますが、同じ木村教授のゼミでご一緒していた田中先輩が○○株式会社にお勤めになっていると木村教授にお聞きし、ぜひ御社へOB訪問をさせていただきたいと考えております。お忙しいところ大変恐縮ですが、ご協力いただけますでしょうか。」

OB「喜んでお引き受けします。日程は、いつ頃をご希望ですか。」

あなた「はい。(希望の日程の候補を3つほど挙げましょう)という日程でしたら、いつでもお伺いさせていただきます。」

OB「では、第1希望の3月10日15時ではいかがでしょう。」

あなた「ありがとうございます。では、3月10日15時にお伺いしたいと思います。このたびはお忙しい中ご協力いただき、誠にありがとうございます。」

このような流れで電話をすれば、あなたも日程をスムーズに決めることができ、OB・OGも電話にあまり時間をとられずに済みます。

話は長引かせず、要点のみを簡潔に、そして心からOB・OG訪問へ協力してもらえることに感謝を示しましょう。

最初の電話の印象がよければ、実際の訪問時にも快く対応してもらえるでしょう。