内定辞退の電話の仕方(読了時間:1分38秒)

入社したいと思える企業から内定をもらえるのは、就活をする上で非常に喜ばしい瞬間です。

しかし、もし別の企業からも内定をもらっていた場合、内定を辞退しなくてはなりません。

内定辞退を電話で伝える場合、どのように話したらいいのでしょうか。

内定辞退の連絡は「まず電話で」

企業の採用担当者に内定辞退を伝える方法はいくつかあります。

メールや電話、訪問して直接伝える、といった方法が考えられるでしょう。

内定辞退の連絡は、まず電話で伝え、その後にメールでお詫びを述べるのが無難です。

メールだけで伝えた場合、本当に採用担当者に辞退の旨が伝わったかどうか確認できません。

電話を採用担当者につないでもらうことで、辞退の旨を確実に伝えることができます。

また、メールの文面はどうしても無味乾燥になりがちですが、電話で伝えることで申し訳ない気持ちが伝わりやすくなります。

せっかく内定を出してくれた企業なのですから、できる限り誠実な対応をしたいものです。

辞退の連絡は「まず電話で」を心がけましょう。

電話での内定辞退の伝え方

内定辞退を伝えるために電話する場合、辞退することが決まった時点ですみやかに連絡しましょう。

内定から入社までの間、企業は新入社員の入社日に向けて準備を進めています。

知らせる時期が遅くなればなるほど、相手の企業に迷惑をかけてしまいます。

電話で伝える場合、採用担当者に取り次いでもらい、率直に「辞退させていただきたい」旨を伝えましょう。

辞退の理由を聞かれる場合がありますが、「他社から内定をいただき、ご縁を感じました」といった伝え方で十分です。

具体的な社名などを教える必要はありません。

内定者に辞退理由の開示義務はないことを覚えておきましょう。

最後に「せっかく内定をいただきましたのに大変申し訳ございません」とお詫びの気持ちを伝えることも大切です。

きちんと誠実な伝え方をすれば、特に問題なく辞退を承諾してもらえるはずです。

内定辞退を伝えるときの注意点

内定辞退の連絡は相手の企業への入社を断るということですから、気が引けるかもしれません。

もちろん申し訳ない気持ちを伝え、誠実な対応に努めることは非常に重要ですが、必要以上にへりくだる必要もありません。

何を言いたいのか要領を得ない電話になってしまうのは最も避けるべきことですので、毅然とした対応を心がけましょう。

なお、電話で辞退の旨を伝えた後、お詫びのメールを送るとよりていねいな印象を与えます。

内定辞退を電話で伝える際は、「すみやかに」「端的に」「ていねいに」伝えることが大切です。

くれぐれも、「入社しないことに決めた会社だから」といい加減な対応をしないようにしましょう。

一緒に働きたいと言ってくれた相手に対して、誠実な対応をすることが大切です。

職業カテゴリー