内定者懇親会の服装、髪色

(読了時間:1分34秒)

内定者に対して入社前に行われるのが、内定者懇親会です。

内定者懇親会に参加するにあたり、多くの人が悩むのが服装と髪色です。

どのような身だしなみで参加するのがよいのか、確認していきましょう。

内定者懇親会に参加するときの服装とは?

内定者懇親会に参加する学生は、全員が内定を獲得し入社する予定の人たちです。

企業側から参加するのは、実際に入社してから一緒に働くことになる社員の方々が多いでしょう。

内定者懇親会での服装ひとつで内定が取り消しになるようなことはまずありませんが、一緒に働く先輩社員の印象を悪くするようなことは避けたいものです。

会社側から特に指定がない限り、リクルートスーツが参加するのが無難でしょう。

一般的な「おしゃれ」や「かわいさ・かっこよさ」ではなく、「きちんとしている」と映るかどうかを重視するのがポイントです。

内定者懇親会にふさわしい髪型・髪色とは?

髪型や髪色については、男女で少々事情が異なります。

男性の茶髪や長髪から良い印象を受ける社会人は一般的にあまりいません。

男性の場合、髪色は黒で短髪が基本です。

女性の場合、髪が長い人は後ろでまとめておくようにしましょう。

髪色に関しては、あまり明るい色でなければ茶髪でも問題ない場合があります。

ただし、入社する業界によっては女性も髪色は黒が基本という場合があります。

会社説明会や面接時に見かけた社員の方々の様子を思い返し、茶髪の人が1人もいなかったようであれば黒のほうが無難です。

服装や髪型・髪色で迷ったときの判断基準とは?

内定者懇親会は、あくまで入社前に行われるものですが、感覚としては社会人の第一歩と思っておくべきです。

懇親会に参加する先輩社員も、内定者のことを「近い将来、一緒に働くことになる後輩」として見ています。

初対面の人も少なくない中で、服装や髪型は「自分にとってのおしゃれ」のためではなく、相手を尊重し不快感を与えないための配慮がなされているかを重視して選択するようにしましょう。

内定者懇親会に参加するにあたって服装や髪型で迷ったときは、面接のときに与えた印象と大きなギャップがないかをチェックしましょう。

企業側にとって最も新しい内定者の記憶は、面接時に話したり見かけたりした服装・髪型です。

面接のときとあまりに印象がちがっていると、印象が良くない可能性があります。

内定者懇親会では、先輩社員も内定者がどのような人たちなのかを見ています。

相手に対して失礼がないか、面接時と印象が大きく違わないか、といった点に気を配り、好印象を与えられるようにしましょう。