私服での面接のときの服装

(読了時間:1分42秒)

就活の面接といえばリクルートスーツが定番ですが、あえて私服(普段着)を指定する企業もあります。

面接に私服で来るように言われることがあるのは、なぜなのでしょうか。

またその場合、どんな服装をして行ったらいいのでしょうか。

私服を指定された面接にスーツで行くのはOKか?

面接の案内に「当日は普段着でお越しください」と書かれていた場合、本当に私服で行っていいのでしょうか。

答えは、「むしろ私服で行くべき」です。

前もって私服で来るよう案内が送られているわけですから、リクルートスーツを着ていくと「案内をよく読んでいない」と受け取られる可能性があります。

ときどき、「面接なのだから、スーツでないと失礼にあたるのでは?」と考える人がいますが、企業側が私服を指定しているのですから、深読みする必要はありません。

私服を指定された面接であれば、堂々と私服で行くようにしましょう。

面接に私服を指定する企業側の意図とは?

採用面接にわざわざ私服を指定する企業は、どのような意図で指定しているのでしょうか。

それは、日々何十人という学生を面接する採用担当者の立場になって考えると分かるはずです。

リクルートスーツに身を包んだ就活スタイルからは、個性はほとんど感じられません。

本来、その学生がどのような人物なのか、性格や人柄も含め、限られた面接時間の中で少しでも知りたいと考える企業の中には、あえて面接に私服で来るよう求める会社もあるのです。

あるいは、ふだんから社員が普段着で働いている企業であれば、面接官も私服なので、就活生も私服でよいと考える場合もあります。

業界によっては、私服のセンスそのものを見たいと考えていることもあります。

アパレル業界やデザイン関係の職種など、センスが求められる仕事であれば、あまりにファッションに疎い人物は敬遠する可能性も考えられます。

私服での面接にはどんな服装をしていけばいい?

私服と言っても、本当に遊びに行くときと同じ服を着ていくべきではありません。

新品でそろえる必要はありませんが、一般的にオフィスカジュアルと呼ばれるジャケットパンツスタイルで行くのが無難でしょう。

服の色は黒・グレー・ネイビーといったリクルートスーツのイメージにとらわれる必要はなく、チノパンなどでもOKです。

ただし、あまり派手な色や奇抜なデザインのものは避けたほうがいいでしょう。

重要なのは、自分がおしゃれだと思うかどうか以上に、相手に不快感を与えないかどうかです。

さわやかな印象を与えるかどうかを考えると、着ていく服を選ぶ判断基準になるはずです。

面接に私服を指定されると、「本当にスーツでなくていいの?」と戸惑ってしまう人もいるかもしれません。

しかし、企業としてはあえて私服を指定しているわけですから、その意図と目的をしっかりと理解して、ふさわしい服装をしていくようにしましょう。