面接の持ち物

(読了時間:1分31秒)

いよいよ面接当日、準備してきたことを存分に発揮する大切な日です。

面接にはカバンを持って行くはずですが、持ち物の準備は前日に済ませ、当日朝に再度確認することが大切です。

面接当日に忘れてはならない持ち物と、あると便利なものを確認しておきましょう。

面接当日に必須の「絶対忘れてはならない」持ち物

面接当日に絶対忘れてはならないのが「提出書類」です。

履歴書を提出するよう案内されているのであれば、絶対に忘れないよう準備しておきましょう。

当日、面接会場までの交通費を受け取る場合がありますので、印鑑も忘れずに入れておきます。

他にも、会社説明会で配布された会社案内があれば必ず持って行きましょう。

面接では、腕時計は身だしなみの1つと言われています。

高価なものでなくていいので、シンプルで実用的な腕時計を用意しておきましょう。

面接に持って行くと安心・便利なもの

面接当日は、思わぬハプニングが起きると気が動転してしまい、本来の力が発揮できない恐れがあります。

できるだけアクシデントにも対応できるよう、準備しておくほうが安心です。

たとえば、突然雨が降ったときのために、折りたたみ傘をカバンに入れておくのはお薦めです。

また、スマートフォンを充電するモバイルバッテリーも、持って行くとバッテリー切れの心配をしないで済みます。

女性であればストッキングの予備があると、もし引っかけてしまったときにもすぐ取り替えることができます。

案外役に立つのが、面接会場周辺の地図をプリントアウトした紙です。

会場付近まではたどり着けたものの、どの建物なのかが分からない、といったことはよくあります。

広げて人に尋ねやすいのも紙の地図の良いところですので、念のため持って行くといいでしょう。

面接の持ち物で注意すべきこと

面接当日に慌てないためにも、念のために持って行きたいものはたくさんあるかもしれません。

しかし、ビジネス向けのバッグの多くは、思ったほどたくさんものが入らないことが多いのです。

詰め込んでしまうと、カバンが不格好にふくれてしまうことがありますので、入れすぎには注意しましょう。

また、暑い時期は携帯サイズの制汗剤などを持ち歩く人もいるかもしれませんが、香りつきのタイプを嫌う人もいますので、できるだけ無香料のものを選ぶといったひと工夫をしておくと安心です。

面接当日に思わぬ忘れ物に気づくと、想像以上に焦ってしまうことがあります。

持ち物をリストアップしてチェックしながら準備するなど、漏れがないように工夫することが大切です。

とくに応募先の企業への提出物は、忘れると先方にも迷惑をかけてしまいますので、絶対に忘れないようにしましょう。

目的別サービス紹介

すべて完全無料ですので、ぜひ会員登録してみてください。

・大学・専門学校の資料請求なら:スタディサプリ進路

・転職エージェントなら:リクルートエージェント

・20代の転職なら:マイナビジョブ20s

・IT業界の転職(未経験からでもOK):マイナビITエージェント