面接の服装、靴、カバン

(読了時間:1分48秒)

面接での服装や持ち物は、実は案外見られています。

限られた面接時間の中では、第一印象が非常に重要です。

面接にふさわしい服装や靴、カバンについて確認しておきましょう。

面接にふさわしい服装とは?

面接の案内文に「普段着でお越しください」などの断りがなければ、リクルートスーツを着て行くのが鉄則です。

グレーやネイビーの一般的なリクルートスーツであれば問題ありません。

スーツを着慣れていない人は、購入時にポケットやベンツに付いているしつけ糸を取り除くのを忘れないようにしましょう。

男性のネクタイはネイビーやエンジ、淡い水色や黄色系のストライプかチェック柄のものがお薦めです。

女性の場合、スカートとパンツスーツの2択がありますが、新卒の面接では落ち着いた印象を与えるスカートが一般的です。

ジャケットのボタンは、男性の場合は一番下のボタンを外しておくのが「アンボタン」という正式な着方です。

女性であれば、ボタンは全て留めるようにしましょう。

シャツは男性の場合は白のワイシャツ、女性は白か水色系のブラウスを選ぶようにしましょう。

面接に履いて行く靴の注意点とは?

就活の面接では、面接官との間にテーブルなどのない状態で椅子に座ることもよくあります。

このとき靴はとても目立つ存在ですので、よく磨いたきれいな状態のものを履いていきましょう。

汚れたままの革靴や、傷んだ状態の靴を面接で身につけるのは厳禁です。

女性の場合、ヒールが高すぎる靴は避け、定番の黒いプレーンパンプスを選びましょう。

男性の場合は爪先より少し足首側に横一線の縫い目があるストレートチップと呼ばれるタイプが適しています。

男女ともに、爪先が尖り過ぎているデザインの靴は奇抜な印象を与えるので避けたほうが無難です。

また、ブラウン系の靴はカジュアルな印象を与えますので、就活の面接では「黒」一択ということを押さえておきましょう。

面接に持って行くカバンはどんなものを選べばいい?

面接に手ぶらで行くのは厳禁です。

必ずビジネスバッグを持参しましょう。

男女ともにA4サイズの書類が入るサイズのものを選び、提出書類を持参したりパンフレットなどを持ち帰ったりすることがあっても対応できるようにしておきます。

どんなデザインのものを選べばいいか迷う場合は、ショップで「就活用のバッグ」と言って選んでもらいましょう。

カジュアルなバッグや柄入りのデザインは面接の場にふさわしくありません。

また、ひと目で分かるブランドものや高機能なタイプのバッグも新卒採用では印象が良くありません。

黒のナイロン素材か合皮素材の、シンプルなものを選ぶのがコツです。

面接での服装や靴、カバンで迷うことがあったら、「就活スタイル」とお店で聞いてみることをお薦めします。

面接で身につけるものなので、おしゃれではなく相手に不快感を与えないことを最優先しましょう。

さわやかな印象を与えられるよう、就活スタイルを徹底するのがポイントです。