インターンシップの履歴書の書き方

(読了時間:1分29秒)

インターンシップに応募するにあたって、履歴書の提出を求められる場合があります。

アルバイトへの応募などで履歴書を書いたことがある人も、インターンシップの履歴書をどう書いたらいいか迷ってしまうかもしれません。

インターンシップの履歴書の書き方や注意点を確認しておきましょう。

インターンシップの履歴書はどんな書式を使ったらいい?

インターンシップへの応募に際して提出する履歴書は、とくに指定がなければ一般的な市販の履歴書の書式で問題ありません。

ただし、アルバイトやパート応募用のものは避け、就職活動で使うものと同じ書式の履歴書を選びましょう。

企業によっては、履歴書の書式を独自に定めている場合があります。

指定された書式があれば、必ずその書式を使って書くようにします。

メールにファイルを添付して送信する場合や、Web上の入力フォームに記載して送信する場合がありますので、どのような書式・提出方法を指定されているのかよく確認しておきましょう。

インターンシップの履歴書の書き方とは?

インターンシップで提出する履歴書の書き方は、一般的な履歴書を書くときの注意点と重複する部分もあります。

筆記具は黒のボールペンを使い、こするとインクが消えるタイプのものは避けましょう。

日付は持参する当日か、投函する日を記入します。

氏名や住所のふりがなは漢字部分については必ず記入し、「ふりがな」は平仮名で、「フリガナ」はカタカナで書きます。

履歴書に貼付する写真は、スナップ写真ではなく3ヶ月以内に撮影した証明写真を使います。

学歴や免許・資格は略称は使わず、正式な学校名や資格名を記載します。

自己PRや志望動機は面接で聞かれる重要な欄ですので、余白が目立たない程度にしっかりと書きましょう。

インターンシップの履歴書を書くときの注意点は?

履歴書に貼る写真は糊付けしますが、剥がれて取れてしまうことがあります。

写真の裏に氏名と大学名、履歴書の提出日を書いてから貼るようにしましょう。

手書きの場合、書き損じてしまったら修正液や修正テープは使わず、必ず新しい履歴書に書き直します。

履歴書を提出する際には、どのような内容を書いたのか忘れないようにコピーを取って保管しておきましょう。

面接前には履歴書のコピーを確認することで、面接で話す内容を整理することに役立ちます。

ていねいに読みやすく書かれた履歴書は印象が良く、インターンシップ参加への意欲を伝える効果もあります。

履歴書を書く際の一般的なルールやマナーを守り、読む人のことをきちんと考えて書くことが大切です。

目的別サービス紹介

すべて完全無料ですので、ぜひ会員登録してみてください。

・大学・専門学校の資料請求なら:スタディサプリ進路

・転職エージェントなら:リクルートエージェント

・20代の転職なら:マイナビジョブ20s

・IT業界の転職(未経験からでもOK):マイナビITエージェント