転職におけるキャリアプラン

(読了時間:1分48秒)

転職をするときに自身のキャリアプランについて見つめ直すことはとても大切です。

では、転職におけるキャリアプランとは、どのような点がポイントになってくるのでしょうか。

こうなりたいというモデルケースを

社会に出て働き始めると、いろいろな人と関わることになります。

会社の同僚や先輩、上司など。また社内の人間だけではなく、取引先の方とやりとりをする場面もあります。

そうやっていろいろな人と関わって行く上で、「自分はどのように働きたいか」という希望がなんとなく見えてきます。

転職におけるキャリアプランを考えるときに一番手っ取り早いのは「こうなりたい」というモデルケースを見つけてしまうことです。

それは会社の上司なのか、はたまた取引先に人なのか。もしくは昔からの知人かもしれません。

そういった周りの人々の中から「この人みたいに働けたらいいなぁ」とキャリアプランを描くと具体的になにをすればいいのかが見えやすくなります。

キャリアプランとライフプランをセットで考える

これは新卒でキャリアプランを考えるときも同じですが、キャリアプランとライフプランを一緒に考えるべきです。

仕事としてどうなりたいかというキャリアプランと、どのような生活を送りたいかというライフプランは、切っても切れない存在です。

転職を考えている今なら、新卒でキャリアプランを考えるときよりも働くということがどんなことなのかを分かっているはずです。

ぜひ仕事のことだけでなく、生活、人生をどうしていきたいのかをもう一度考え直してみるようにしましょう。

これまでの経験をどう活かすか

転職をする人が最も有利なのは、すでに働いたことがあるという点です。

つまり、社会人としての経験を持っているわけです。

キャリアチェンジをしてまったく新しい仕事に挑戦するとしても、これまでの経験は必ず活かすことができます。

これからの未来を考えるキャリアプランでも、ぜひこれまでの経験を活かせる場面について考えてみましょう。

自分に求められていることとやりたいこと

また転職をして新しい会社の面接を受けるときに一つだけ気をつけておきたいことがあります。

それは、自分がやりたいと思うことや描くキャリアプランと、その会社が自分に求めていることをリンクさせて考える必要があるということです。

会社が転職志望者を面接するときは「自社にとってどのような利益をもたらしてくれる存在か」という視点で転職志望者を見ています。

ですから面接官に「この人が入ってくれたら良いことがありそうだ!」と思ってもらえるようにキャリアプランとその会社の関係を意識してキャリアプランを答えるようにしましょう。

転職におけるキャリアプランの考え方は、これまでの経験を活かし、より具体的なモデルケースを持ってライフプランと一緒に考えることが大事です。