キャリアプランの面接での答え方

(読了時間:1分29秒)

あなたが描いているキャリアプランについて面接で聞かれる可能性は高いです。

面接する側としては、あなたがなにを考えてこの会社に応募してきたのかを知りたいからです。

ではキャリアプランの面接での答え方のポイントを見ていきましょう。

会社の目指している方向に寄り添った回答を

まずキャリアプランを答える場が面接であるということを考えましょう。

面接ということは、あなたは今、採用される側の人間としてその場にいるということです。

その場でキャリアプランについて話すときに気をつけるべきなのは「会社の目指している方向に寄り添った回答」をすることです。

面接官が面接で一番重視するポイントは「この人材は自分の会社に合う人材かどうか」という点です。

ですから、キャリアプランについて語るときに自分がやりたいことや目指したいことに対して、今選考を受けている会社はどのような存在なのかという点をきちんと答えるようにしましょう。

そしてこのような答えをするためには、面接前にその会社が目指している方向をきちんと把握しておくことが重要です。

目標に至る過程を具体的に答える

これはキャリアプランを書いたり話したりする上で一番大切なポイントですが、必ずキャリアプランには具体性を持たせるようにしましょう。

面接ではとくにそのキャリアプランを実現するための過程について具体的に答えるようにします。

面接で、採用する側はあなたに目標に対する解決力があるかどうかを見ています。

なぜならば、仕事を進めていくためには目標を定めて、それを達成するためにはどのような課題をどう解決するかを考える能力が求められるからです。

キャリアプランについて語る上で、それを実現するためにどうアプローチするかを具体的に話すことであなたの能力を示すことができます。

今なにをしているのか、で話を終える

キャリアプランを答える上で意識したいのは、そのキャリアプランを実現するために「今、なにをしているのか」をきちんと伝えることです。

キャリアプランそのものを具体的に伝え、それに対して今なにをしているのか。さらに言えば面接を受けている会社に入ったあとになにをしたいのか。

そこまで伝えることで、あなたがきちんと目標達成に対して行動をすることができる人材であることを伝えましょう。

キャリアプランを面接で伝えるときには「会社の目指している方向に寄り添った回答をする」「目標に至る過程を具体的に答える」「今なにをしているのか、で話を終える」。

この3つのポイントを意識して答えるようにしましょう。

目的別サービス紹介

すべて完全無料ですので、ぜひ会員登録してみてください。

・大学・専門学校の資料請求なら:スタディサプリ進路

・転職エージェントなら:リクルートエージェント

・20代の転職なら:マイナビジョブ20s

・IT業界の転職(未経験からでもOK):マイナビITエージェント