フリーランスになれる!オンラインプログラミングスクール4選【自宅で完結】

(読了時間:14分11秒)

「未経験からフリーランスを目指したい!プログラミングスクールに行けばフリーランスになれる?」

未経験からフリーランスエンジニアになることは、難易度は高いですが、可能です。

実際に、プログラミングスクールを卒業してフリーランスになった人も多くいます。

この記事では、未経験からプログラミングを学んでフリーランスになるための、具体的なスクールの選び方や方法を解説しています。

✅この記事でわかること

  • 未経験からフリーランスエンジニアになる方法
  • フリーランスとして案件を獲得するまでの3ステップ
  • フリーランスを目指す人のためのオンラインプログラミングスクール

仕事と両立したい人のために、オンライン完結のコースがあるプログラミングスクールを厳選してご紹介しています。

ぜひ、最後まで読んでみてフリーランスになるためのヒントをつかんでくださいね。

フリーランスになりたい人向け!プログラミングスクール4選
  • Samurai Engineer:最短3か月で3万円~の案件獲得が目指せるコースがある
  • tech boost:フリーランス独立支援サービスがある
  • CodeCamp:卒業生に起業・フリーランス独立した実績
  • DMM WEBCAMP:エンジニア転職→フリーランスを目指す人向け。給付金対象コースあり

プログラミングスクールに通えばフリーランスになれる?


結論から言うと、未経験からプログラミングスクールに通ってフリーランスを目指すことは可能です。

ただし、東大向けの塾に通ったら絶対に東大に入れる、というわけではないように、どんなスクールであってもただ通うだけでフリーランスになることはできません。

未経験からフリーランスエンジニアになる方法は3通りあります。

未経験からフリーランスエンジニアになる方法
  • プログラミングスクールに通う→フリーランスになる
  • プログラミングスクール→エンジニア就職→フリーランスになる
  • 独学でプログラミング学習→フリーランスになる

以下で詳しく紹介していくので、どの方法が自分に合っているか考えてみましょう。

プログラミングスクールに通う【最短でフリーランスを目指せる】

プログラミングスクールの中には、フリーランスとして案件獲得を目指せるコースがあります。

効率よく体系的にプログラミングが学べる上に、フリーランスを目指すために必要な情報も提供してもらえるため、最も短期間でフリーランスエンジニアを目指せるといえます。

未経験からプログラミングスクールに通ってフリーランスを目指すのは決して簡単ではありませんが、目標が定まっている分、挫折しにくいでしょう。

プログラミングスクールの在籍中に案件を獲得して、自分の力で稼ぐところまで学ぶことができるので、成長している実感がわきやすいといえます。

企業にいったん就職してフリーランスに【確実・堅実だけど時間がかかる】

プログラミングスクールで学んで、エンジニアとして就職してからフリーランスエンジニアを目指す方法です。

会社員として働いて給料を得ながら、エンジニアとして必要なスキルを磨いていくことができますから、確実かつ堅実な方法といえます。

ただし、フリーランスになるまでに数年かかってしまうことや、案件獲得のための営業の方法を身に着けることができないというデメリットもあります。

若手のうちは未経験からエンジニアに転職・就職することもできますが、20代後半~30代以上であれば、プログラミングスクールで学んでからの方が、エンジニアとして転職しやすいでしょう。

プログラミングを独学してフリーランスになる【難易度が高い】

未経験からプログラミング独学でフリーランスを目指すことは、不可能ではありませんが非常に難易度が高いです。

費用をかけずにプログラミングを学べる反面、エラーがでてつまずいたときに相談できる相手がいないので挫折しやすいデメリットがあります。

また、プログラミングスキル以外の、案件獲得のためのスキルや業界の知識も自分で学ぶ必要があり、フリーランスとして独立するにはかなり時間がかかってしまうでしょう。

フリーランスエンジニアになるために身につけたい2つのスキル


フリーランスエンジニアになるためには、2つのスキルが必要になってきます。

  • オリジナルサービスを開発できるプログラミングスキル
  • 案件獲得のための営業スキル

プログラミング学習の目標がフリーランス独立の方は、この2つを身に着けること意識してみてくださいね。

オリジナルサービスを開発できるプログラミングスキル

教材を使ってプログラミング学習を進めていれば、答えが用意されています。また、決まったエラーしか出ないので教材を見れば解決できます。

しかし、実際にフリーランスエンジニアとして仕事を受けると答えはありません。

クライアントの要求に応じた開発ができる、実践的なプログラミングのスキルが必要になります。

また、予期せぬエラーにも自分で対応できるスキルも大切です。

フリーランスエンジニアとして働くことを想定して、自分で問題解決をする姿勢で学習を進めていくと、より早くフリーランスとして働き始めることができるでしょう。

案件獲得スキル【講師に積極的に質問しよう】

会社でエンジニアとして働く場合と異なり、フリーランスは自分で仕事をとってこなくてはなりません。

自分のスキルを適切にクライアントに売り込む営業力や、自分のスキルが最大限生かせるマーケットを見つけて案件獲得を行うマーケティング力などが必要になります。

また、業界の知識も必要になってきますが、独学では学びにくい部分です。

プログラミングスクールの場合、現役のフリーランスエンジニアが講師についてくれることもあります。

プログラミングそのものについての質問はもちろん、仕事の受け方なども積極的に質問して学んでいくと良いですね。

フリーランス向けプログラミングスクールを選ぼう

上記で紹介した、「プログラミングスキル」「案件獲得スキル」の両方を学べるプログラミングスクールを選ぶことが、フリーランスエンジニアになる近道です。

次の3つのポイントを押さえたプログラミングスクールを選びましょう。

フリーランスを目指す人向けプログラミングスクールの選び方
  • フリーランスを目指す人向けのコースがある
  • オリジナルサービスを開発できるカリキュラム
  • 卒業生にフリーランスがいる

フリーランスを目指す人向けのコースでは、プログラミングだけではなく、案件獲得のためのノウハウも教えてもらえます。

また、教材を使った学習ではなくオリジナルサービスを開発できると、自分でエラーを解決する力が身に着くほか、そのままポートフォリオとして使うことができ効率が良いです。

実際にフリーランスとして働いている卒業生がいる、実績のあるスクールを選ぶのが安心です。

次の章で、フリーランスを目指す人向けのプログラミングスクールを厳選してご紹介します。

フリーランスを目指せるオンラインプログラミングスクール4選【実績あり】

フリーランスになりたい人向けのコースがあるプログラミングスクールを厳選して4つご紹介します。

オンライン完結のコースがあるスクールをご紹介するので、仕事や育児などと両立したい人、スキマ時間を有効に活用したい人にぴったりです。

SAMURAI ENGINEER:3か月で案件獲得を目指せる

フリーランス プログラミングスクール SAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERのポイント
  • 最短12週間で3~5万円の案件獲得を目指せるカリキュラム
  • 24週間で10~20万円の案件獲得を目指せるコースもあり
  • 専属の講師がマンツーマンで指導してくれる

SAMURAI ENGINEERのフリーランスコース料金一覧

4週間プラン 8週間プラン 12週間プラン 24週間プラン 48週間プラン
入学金 ¥128,000 ¥198,000 ¥298,000 ¥298,000 ¥298,000
一般(入学金込み) ¥168,000 ¥298,000 ¥473,100 ¥759,810 ¥1,386,810
学生(入学金込み) ¥159,600 ¥283,100 ¥425,790 ¥683,829 ¥1,248,129

カリキュラムの期間中に案件の獲得を目指せるのがSAMURAI ENGINEERのフリーランスコース。

最短12週間で3~5万円の案件獲得が目指せるので、学んだ結果をすぐに収入につなげることができ、モチベーションも続きやすいです。

専属の講師がマンツーマンで指導してくれるのも、SAMURAI ENGINEERの特徴です。毎回、担当者が違うと質問しにくい、という人にもおすすめです。

プログラミングの勉強方法メソッド(非売品)が受け取れる無料カウンセリングがあるので、プログラミングに興味がある方は一度参加してみると良いですよ。

Samurai Engineerの無料カウンセリングはこちら

SAMURAI ENGINEER(旧侍エンジニア塾)の特徴は?どんな人に向いている?

tech boost:独立支援サービスあり

フリーランス プログラミングスクール tech boost

tech boostのポイント
  • オリジナルサービス開発でポートフォリオに困らない
  • 受講期間を1か月単位で延長が可能
  • 独立支援サービス「Midworks」も利用できる

tech boostの料金一覧

コース スタンダードコース ブーストコース
入学金 ¥126,500 ¥219,780
基本月額料金 ¥32,780/月
メンタリング 4回/月 ¥34,760/月
6回/月 ¥52,140/月
8回/月¥69,520/月
教室利用 ¥22,000/月(渋谷校のみ)

フリーランスを目指したい方は「ブーストコース」がおすすめです。

オリジナルサービスの開発がカリキュラムに入っているので、そのままポートフォリオとして使えます。

また、受講期間が3か月・6か月・12カ月から選べて、月額料金だけで1か月単位で延長できます。仕事と両立したいので学習ペースの見通しが立てにくい、という方にもおすすめ。

フリーランス独立支援を行うMidworksというサービスも運営しており、フリーランスエンジニア専門のエージェントが独立の相談に応じてくれます。

tech boost公式サイトへ

tech boostの特徴は?どんな人に向いてる?

CodeCamp:卒業生の独立・企業実績あり

フリーランス プログラミングスクール CodeCamp

CodeCampのポイント
  • 卒業生がフリーランス・経営者になった実例が複数
  • 卒業後も教科書の閲覧ができる
  • 大手企業にも導入されており7時~23時対応で仕事と両立しやすい

CodeCampの料金一覧

受講期間 6か月プラン 4か月プラン 2か月プラン
学習時間目安/週 5~10時間 10~15時間 20~25時間
入学金 【共通】33,000
マスターコース料金 330,000 275,000 165,000
プレミアムコース料金 440,000 385,000 275,000
プレミアムプラスコース料金 770,000 550,000 440,000

プログラミングスクールの多くは卒業後に教科書を閲覧できなくなりますが。CodeCampでは最新情報にアップデートされた教科書を卒業後も閲覧OK。

また、誰もが知っている大手企業(LINE株式会社、オリックス株式会社、株式会社ニトリetc,)で研修として導入されていることからも信頼性が高いです。

7時~23時まで、1年中レッスンを受けられるので、仕事と両立したい人には使い勝手が良いですね。

CodeCamp公式サイトには、起業したりフリーランスとして独立したりした卒業生の声が多数。フリーランスを目指している人は卒業後をイメージするために目を通してみてくださいね。

CodeCamp公式サイトへ

CodeCampの特徴は? どんな人に向いている?

DMM WEBCAMP:給付金対象コースあり

フリーランス プログラミングスクール DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPのポイント
  • 転職→フリーランスを目指す方向け。転職成功率98%
  • 教育訓練給付金(最大56万円支給)の対象コースあり
  • グループでオリジナルサービス開発を行う実践的な力が身に着く

DMM WEBCAMPの料金一覧

コース名 料金 内容
月々 一括
DMM WEBCAMP COMMIT 28,072円~ 690,800円~ フルタイムで勉強する人向け。チーム開発など実践的な内容で最短の転職志望者向け
DMM WEBCAMP PRO 24,882円~ 624,800円~ 仕事をつづけながら勉強したい人向け。通学ではなくオンライン受講。転職志望者向け
DMM WEBCAMP SKILLS - 88,000円~ 教養としてスキルを身に着けたい人向け。

DMM WEBCAMPは転職成功に力を入れているプログラミングスクール。一部条件はありますが、転職できなければ全額返金。

転職してエンジニアのスキルを磨いてからフリーランス独立を目指したいという人にぴったりです。

厚生労働省に認定されたDMM WEBCAMP COMMITの「専門技術コース」では、教育訓練給付金(最大56万円支給)の対象となっています。

通常では4か月91万円のコースですが、給付金があるため実質は約35万円。費用をおさえてしっかり学びたい人にはありがたい制度ですね。

詳しくは公式サイトから確認してください。
DMM WEBCAMP公式サイトで詳細を見てみる

DMM WEBCAMPの特徴は?どんな人に向いてる?

プログラミングスクールに通ってフリーランスになる方法【3ステップ】


フリーランスを目指す方向けのプログラミングスクールをご紹介しました。

最後に、プログラミングスクールで学んで未経験からフリーランスになる方法を3ステップで解説します。

未経験からフリーランスエンジニアになる3ステップ
  1. プログラミングスクールで基礎を身に着ける
  2. ポートフォリオの作成【カリキュラム内で】
  3. フリーランス向けサイトに登録して案件獲得

いったんエンジニアとして転職してからフリーランスになる場合も、ステップ2~3は必要になってきます。

一つずつ解説していきます。

ステップ1:プログラミングの基礎を身に着ける

スキルがなければ仕事を獲得できないので、まずはプログラミングスクールでプログラミングの基礎を身につけましょう。

プログラミングそのものを学ぶことも大切ですが、フリーランスを目指すなら以下の知識も必要になります。

✅フリーランスを目指す人が学ぶべきこと

  • プログラミングスキル
  • 業界の知識
  • 仕事の獲得方法・営業のコツ

プログラミングスクールでは現役のフリーランスエンジニアが講師をしていることも多いです。独学とは異なり、講師に直接質問できる環境が大きなメリット。

「実際のところ働きやすい?」「仕事が途切れることはある?」「税金や社会保険は?」など気になることはどんどん聞いていきましょう。

ステップ2:ポートフォリオの作成【カリキュラム内で】

プログラミングの基礎が身に着いて、業界の知識も少しずつわかってきたら、自分が仕事を受けたい分野を決めてポートフォリオを作成します。

ポートフォリオとは、「私はこんなものが作れますよ」とアピールするためのもの。

教科書通り作ったものではなく、自分のオリジナルサービスを作成する必要があります。

フリーランス向けのコースがあるプログラミングスクールでは、カリキュラム内にオリジナルサービスの開発が含まれますから、ポートフォリオ作成は心配いりません。

ステップ3:フリーランス向けサイトに登録して案件獲得

ポートフォリオができたら、フリーランスを募集しているサイトに登録して案件を獲得します。

どのサイトに登録すべきかは、学んでいる言語によっても異なりますから講師に聞いてみましょう。

はじめは少額・小規模な案件から。なかなか案件が取れなくても落ち込む必要はありません。

あなたのスキルが低いのではなく、ポートフォリオの見せ方、営業の仕方も少しずつ学んでいきましょう。

はじめて案件を獲得したら、あなたは立派なプロです。おめでとうございます。

フリーランスになれる!オンラインプログラミングスクールまとめ

フリーランス向けオンラインプログラミングスクール4選
  • Samurai Engineer:最短3か月で3万円~の案件獲得が目指せるコースがある
  • tech boost:フリーランス独立支援サービスがある
  • CodeCamp:卒業生に起業・フリーランス独立した実績
  • DMM WEBCAMP:エンジニア転職→フリーランスを目指す人向け。給付金対象コースあり

未経験からプログラミングスクールで学び、フリーランスエンジニアを目指すことは簡単ではありません。

しかし、目標が明確な人ほどプログラミング学習がはかどりますし、挫折しにくいです。

プログラミングスクールで身に着けた技術は一生ものになり、自宅やカフェなど場所を選ばず仕事をしやすくなります。

今回ご紹介したプログラミングスクールは、どこも無料カウンセリングを行っています。少しでも気になっているなら、ぜひ直接話を聞いてみてください。

プログラミング学習のヒントが得られます。

目的別サービス紹介

すべて完全無料ですので、ぜひ会員登録してみてください。

・大学・専門学校の資料請求なら:スタディサプリ進路

・転職エージェントなら:リクルートエージェント

・20代の転職なら:マイナビジョブ20s

・IT業界の転職(未経験からでもOK):マイナビITエージェント