自己効力感を高めるための9つの習慣と行動:高い人の6つの特徴や自己効力感との違い

自己効力感は、私たちの人生に大きな影響を及ぼす心理的要因の一つです。

自分にはできるという信念が強い人は、困難な状況でも粘り強く取り組み、高い目標に挑戦し続けます。

一方、自己効力感が低い人は、少しの失敗で簡単に諦めてしまったり、新しいことへの挑戦を避けたりしがちです。

自己効力感の高さが、私たちの人生の質を大きく左右すると言っても過言ではないでしょう。

しかし、自己効力感は生まれつき決まっているわけではありません。

適切な考え方や習慣を身につけることで、誰でも自己効力感を高めることができるのです。

本記事では、自己効力感とは何か、自己効力感が高い人の特徴、自己効力感を高めるための具体的な方法などについて詳しく解説します。

本記事のポイント
  • 自己効力感は「自分の能力を信じる気持ち」。高めることで充実した人生を歩める
  • 自己効力感が高い人の特徴は、困難な状況でも粘り強く行動できること
  • 適切な目標設定、小さな成功体験の積み重ね、ポジティブな言葉がけなどを習慣づけることで、自己効力感は高められる





自己効力感とは

自己効力感の意味と定義

自己効力感とは、「自分には目標を達成するための能力がある」という信念のことです。

自分の能力に対する確信や自信の強さを表しているのです。

自己効力感は、特定の分野や課題に対して持つ自信を指します。

例えば、「私にはこの試験に合格する力がある」「私にはこのプロジェクトを成功させられる」といった具合です。

  • 自己効力感は「自分には目標を達成する能力がある」という信念
  • アルバート・バンデューラによって提唱された心理学の概念
  • 特定の分野や課題に対して持つ自信の強さを表している

自己効力感が及ぼす影響

自己効力感の高さは、私たちの行動や思考、感情に大きな影響を与えます。

目標達成への影響

自己効力感が高い人は、高い目標を設定し、困難があっても粘り強く取り組む傾向にあります。

自分の能力を信じているからこそ、失敗を恐れずにチャレンジし続けられるのです。

その結果、高い成果を上げることができます。

逆に自己効力感が低い人は、簡単な目標しか設定せず、少しの失敗で簡単に諦めてしまいます。

能力への不安から、新しいことへの挑戦を避ける傾向もあります。

人生の幸福や成功への影響

自己効力感は、目標達成だけでなく、人生の幸福感や成功にも大きく関わっています。

自己効力感が高い人は、ストレスへの耐性が強く、困難な状況でもポジティブに捉えられます。

人間関係も良好で、社会的にも成功しやすい傾向にあります。

一方、自己効力感が低い人は、ストレスを感じやすく、うつなどのメンタルヘルスの問題を抱えるリスクが高まります。

人間関係も悪化しやすく、人生の満足度も低くなりがちです。

  • 自己効力感の高さは、目標達成、幸福感、成功などに影響する
  • 自己効力感が高いと、高い目標に粘り強く取り組み、良い結果を出しやすい
  • 自己効力感が低いと、簡単な目標しか設定せず、すぐに諦めてしまいがち
  • 自己効力感の高さは、ストレス耐性や人間関係、メンタルヘルスとも関連する

自己効力感の4つの源

バンデューラは、自己効力感が以下の4つの源から形成されると述べています。

  • 遂行行動の達成:自分で実際にうまくいった経験が自信を高める
  • 代理経験:他者の成功を見ることで、自分にもできるという信念が強まる
  • 言語的説得:周囲から能力を認められることで自己効力感が高まる
  • 情動的喚起:不安などのネガティブな感情をコントロールできると、自己効力感が上がる

これらの経験を積み重ねることで、私たちの自己効力感は徐々に高まっていくのです。

自己効力感の測定方法

自己効力感は質問紙を用いて測定するのが一般的です。

代表的なものとして、シュワルツァーらが開発した「一般性セルフ・エフィカシー尺度」があります。

この尺度は10項目からなり、「問題が起きても、うまく対処できる」「どんなことでも、努力すればうまくいく」といった質問に回答します。

得点が高いほど、自己効力感が高いことを示します。

自己効力感の提唱者と理論

自己効力感の概念を提唱したのは、カナダの心理学者アルバート・バンデューラです。

バンデューラは、人間の行動は環境と個人の認知的要因の相互作用によって決定されると考えました。

この考え方は「社会的認知理論」と呼ばれ、自己効力感はその中心概念の一つです。

バンデューラは、自己効力感が高い人ほど、より高い目標を設定し、困難な状況でも粘り強く行動できると主張しました。

彼の理論は、心理学の分野で大きな影響を与え、今日でも自己効力感研究の基礎となっています。

自己効力感が高い人の6つの特徴

自己効力感が高い人には、以下のような6つの特徴があります。

特徴1. 困難な状況でも諦めずに対処する

自己効力感が高い人は、困難に直面しても「自分にはできる」と信じて、粘り強く対処します。

例えば、難しい問題が出ても、「これは自分にも解決できる」と前向きに捉え、諦めずに取り組み続けます。

挫折しそうになっても、「これも成長のチャンス」と捉えて乗り越えようとします。

特徴2. 失敗を恐れずに挑戦する

自己効力感の高い人は、失敗を恐れません。

「失敗しても、そこから学べることがある」と考えられるので、新しいことにも積極的に挑戦します。

仮に失敗しても、「次はこうしよう」と前を向いて次の一歩を踏み出します。

チャレンジ精神が旺盛なのです。

特徴3. 自分の能力と可能性を高く評価している

自己効力感が高い人は、自分の能力を肯定的に捉えています。

「私にはこんなことができる」「私にはこんな可能性がある」と、自分の長所や可能性をしっかりと認識しています。

そのため、自信を持って行動することができるのです。

特徴4. 目標設定が適切で明確

自己効力感の高い人は、自分の能力に合った目標を設定します。

現実的でありながらも、ある程度の高さのある目標を立てるのです。

また、漠然とした目標ではなく、具体的で明確な目標を設定します。

何をいつまでにどのようにするのかをはっきりさせるので、達成に向けて効果的に行動できます。

特徴5. 成長する意欲が高い

自己効力感の高い人は、常に成長したいという意欲を持っています。

今の自分に満足せずに、もっと良い自分になろうと努力を惜しみません。

学習意欲が高く、新しいスキルの習得にも積極的です。

「できる自分」を目指して自己研鑽を続けるのです。

特徴6. 人間関係を大事にしている

自己効力感が高い人は、周囲との良好な関係づくりを大切にしています。

他者から学ぶ姿勢を持ち、支援を求めることも厭いません。

お互いを高め合える関係性を築こうと努めるのです。

また、自分に自信があるからこそ、他者を認めることができます。

周囲の意見を尊重し、協調性を発揮して物事に取り組みます。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

自己効力感と自己肯定感の違い

自己効力感と自己肯定感は、どちらも自己に対する信念や感情を表す概念ですが、似て非なるものです。

ここでは、両者の違いを理解するために、まず自己肯定感の意味を説明した上で、両者を比較していきます。

自己肯定感の意味と定義

自己肯定感とは、「自分はダメな人間ではない」「自分は価値ある存在だ」といった、自分に対する肯定的な感情や評価のことです。

自分の存在を受け入れ、自分らしさを大切にする気持ちを表しています。

自己肯定感が高い人は、自分の長所も短所も含めて、ありのままの自分を受け入れることができます。

ストレス耐性が高く、不安や抑うつになりにくいことが特徴です。

一方、自己肯定感が低い人は、自分を価値のない存在だと感じています。

自己嫌悪に陥りやすく、ネガティブな感情を抱えがちです。

自己効力感と自己肯定感の共通点と違い

自己効力感と自己肯定感は、どちらも自己に対する肯定的な信念という点で共通しています。

両者が高いと、自信を持って前向きに行動できます。

ただし、自己効力感はあくまで「自分には物事を成し遂げる能力がある」という 信念 です。

特定の課題に対する自信を表しており、状況によって変化します。

対して自己肯定感は、自分の存在価値に関する感情であり、状況に左右されにくい特性的なものです。

自己効力感と自己肯定感
  • 自己効力感は「自分には物事を成し遂げる能力がある」という信念
  • 自己肯定感は「自分は価値ある存在だ」という感情や評価
  • 自己効力感は特定の課題に対する自信で状況によって変化する
  • 自己肯定感は自分の存在価値への感情で、状況に左右されにくい
  • [/ulb]
  • また、自己効力感は主に「できる」という能力面の自信ですが、自己肯定感は能力以外の側面、例えば性格面なども含めた自己評価です。
  • そのため、自己効力感が高くても、自己肯定感が低いというケースは十分にあり得ます。
  • つまり両者は密接に関連しますが、イコールではないのです。
  • 自己効力感を高めることは大切ですが、同時に自己肯定感も高めることが、メンタルヘルスの維持につながるでしょう。
  • 自分の長所も短所も含めて、ありのままの自分を大切にする。
  • そんな自分への愛情を持つことが、自己効力感を支える土台になるのです。
  • 自己効力感を高めるための6つの心構え・考え方

  • 自己効力感を高めるには、日々の心構えや考え方を変えることが大切です。
  • ここでは、自己効力感を高めるのに役立つ6つの考え方を紹介します。
  • 考え方1. 自分はできると信じ、自分を肯定的に捉える

  • 自己効力感を高めるには、まず「自分にはできる」と信じることから始まります。
  • 自分を信じる気持ちがあれば、困難な状況でも前を向いて努力し続けることができます。
  • そのためにも、自分の長所や成功体験に目を向け、自分の可能性を肯定的に捉えることが大切です。
  • 過去の失敗にとらわれるのではなく、そこから学びを得て、成長につなげていく視点を持ちましょう。
  • 自分を信じる力は、自己効力感の源泉なのです。
  • 考え方2. 自分の可能性は無限と考える

  • 「才能に限界がある」といった固定的なマインドセットを持つと、自己効力感は高まりません。
  • むしろ、「努力次第でどこまでも成長できる」と考える成長型マインドセットが大切です。
  • 自分の可能性は無限大であり、伸びしろはいくらでもある。
  • そんな前向きな考えを持つことで、自ずと自己効力感は高まっていきます。
  • どんなに高い目標でも「できる」と信じられるようになるのです。
  • 考え方3. 困難や失敗を成長の機会と考える

  • 困難や失敗に直面したとき、それを避けたり恐れたりする必要はありません。
  • むしろ、困難な経験にこそ、大きな学びと成長のチャンスが眠っているのです。
  • 失敗から教訓を得て、次にどう生かすかを考える。
  • そうすることで、自分の能力は着実に向上していきます。
  • ネガティブな経験も、自己効力感を高める糧になると信じましょう。
  • 考え方4. 過去の成功体験を思い出し、自信を持つ

  • 過去の成功体験を思い出すことで、自分の力を再確認することができます。
  • 実際にうまくいった経験があるのだから、また同じようにできるはず。
  • そう考えれば、新しいことへのチャレンジも怖くありません。
  • 過去の成功体験をしっかりと振り返り、自分の力を信じる材料にしていきましょう。
  • 小さな成功体験でも、積み重ねればそれが自信につながるのです。
  • 考え方5. 他人との比較ではなく自己の成長にフォーカスする

  • 他人と比べて「自分はダメだ」と感じるのは、自己効力感を下げる大きな要因です。
  • 大切なのは、他人ではなく、昨日の自分と比べてどれだけ成長したかです。
  • 自分の成長のプロセスに目を向け、少しずつでも前進していることを評価しましょう。
  • 他人にはできなくても、自分にしかない長所があるはず。
  • 他人との比較は意味がなく、自分らしさを大切にする姿勢が何より重要です。
  • 考え方6. 成果ではなくプロセスに焦点を当てる

  • 自己効力感が低い人は、成果が出ないとすぐに「自分にはできない」と考えがちです。
  • しかし、大切なのはプロセスです。
  • 目標達成まで努力し続けられるかどうか、そのプロセス自体に価値があるのです。
  • 結果を気にするのではなく、自分が一生懸命取り組んだことを評価しましょう。
  • たとえ望む結果が出なくても、全力で取り組んだこと自体が自信につながります。
  • プロセスを大切にする姿勢があれば、自己効力感は自然と高まっていくのです。
  • 以上の6つの考え方を意識することで、日々の中で自己効力感を高めていくことができます。
  • 考え方を変えるだけで、自分の見え方は大きく変わるもの。
  • ぜひ前向きな考えを持って、高い自己効力感を目指していきましょう。
  • 自己効力感を高める具体的な9つの習慣と行動

  • 自己効力感を高めるには、具体的な行動を習慣づけることが大切です。
  • ここでは、自己効力感を高めるのに効果的な9つの習慣を紹介します。
  • 習慣1. 適切な目標を設定し達成する

  • 自分の能力に合った目標を設定し、着実に達成していくことが自己効力感を高めます。
  • 現実的でありながらもやりがいのある目標を立て、達成したら次の目標にステップアップしていきましょう。
  • 目標を達成するごとに「自分にはできる」という自信が積み重なっていきます。
  • 小さな目標でも、コツコツとクリアしていく経験が自己効力感の源になるのです。
  • 習慣2. 毎日の小さな成功や進歩を記録する

  • 日々の小さな成功体験や進歩を記録に残すことで、自分の成長を実感できます。
  • 日記やメモアプリに、今日頑張ったことや達成したことを書き留めておきましょう。
  • それを見返すことで、自分のがんばりを再確認でき、自信にもつながります。
  • 小さな一歩も、記録として残せば大きな財産になります。
  • 自己効力感を高めるためには、自分の成長の軌跡をしっかりと管理することが大切なのです。
  • 習慣3. 自分が得意なことを見つけ、活かせることを探す

  • 自分の得意分野を知ることは、自己効力感を高める大きな一歩になります。
  • 好きなことや興味のあること、これまでに褒められたことなどを思い出して、自分の長所を見つけましょう。
  • 得意な分野を特定し、それを伸ばす機会を積極的に見つけていくことが大切です。
  • 自分の強みを活かせば、成功体験が増え、自己効力感も自然と高まっていきます。
  • 苦手なことに注目するのではなく、まずは得意なことを伸ばすアプローチを心がけましょう。
  • 習慣4. コンフォートゾーンを少し超えたことにチャレンジする

  • 自己効力感を高めるには、チャレンジ精神も大切です。
  • いつも通りのことをこなすだけでは、大きな成長は望めません。
  • 過去に経験したことのない新しい分野に、少しずつチャレンジしてみましょう。
  • 最初は不安でも、一歩踏み出す勇気を持つことが重要です。
  • コンフォートゾーンのすぐ外側にある、ほどよい難易度のタスクに取り組むのがおすすめです。
  • チャレンジを通じて、自分の可能性を広げられることを実感できるでしょう。
  • 習慣5. 自分を励ますセルフトークを日常的に使う

  • 自分に向けたポジティブな言葉がけ「セルフトーク」を習慣づけることも効果的です。
  • 「よく頑張った」「次はもっとうまくいく」など、自分を励ます言葉を口に出しましょう。
  • 落ち込んだときこそ「大丈夫、必ず乗り越えられる」と自分を奮い立たせることが大切です。
  • セルフトークのクセをつけることで、ネガティブな思考が減り、自己効力感が高まっていきます。
  • 自分が味方になってあげられるかどうかが、自己効力感を左右するのです。
  • 習慣6. 自分の成長を定期的に振り返る

  • 自己効力感を高めるには、自分の成長を実感することが何より大切です。
  • 定期的に、自分がどれだけ成長したかを振り返る時間を作りましょう。
  • 1ヶ月前、半年前の自分と比べて、どんな変化があったかを具体的に考えるのです。
  • 少しずつでも、着実に前進していることが実感できるはずです。
  • その成長を認めてあげることが、自己効力感につながります。
  • 習慣7. 自己効力感の高い人と交流しお手本にする

  • 自己効力感の高い人と積極的に交流することも大切です。
  • 自分よりも自己効力感が高い人と接することで、そのマインドセットや行動を学ぶことができます。
  • 前向きな考え方や、困難に立ち向かう姿勢など、お手本となる部分を見つけていきましょう。
  • また、自己効力感の高い人と一緒にいると、自然とポジティブな影響を受けます。
  • 周りにいる人の考え方は、知らず知らずのうちに自分に取り込まれていくものです。
  • 自己効力感の高い仲間を見つけ、刺激し合える関係を築きましょう。
  • 習慣8. 実行する前に成功するイメージを持つ

  • 物事を始める前に、成功したイメージを描くことも自己効力感を高めるのに役立ちます。
  • 目標を達成して喜んでいる自分、理想的なパフォーマンスを発揮している自分をイメージするのです。
  • 具体的に成功の姿を思い描くことで、自己効力感が高まり、実際の行動にも良い影響を与えます。
  • スポーツ選手がよく使うメンタルトレーニングの一つですが、日常生活でも応用できる技術です。
  • 大切なのは、成功したイメージを鮮明に持つこと。
  • それだけで自信が湧き、高いパフォーマンスにつながるのです。
  • 習慣9. 身体の健康を維持する

  • 自己効力感は、身体の健康状態とも深く関わっています。
  • 体調が良いと、自然と前向きな気持ちになれます。
  • 十分な睡眠と適度な運動を心がけ、健康的なライフスタイルを送ることが大切です。
  • 疲れているときや体調が優れないときは、どうしてもネガティブになりやすいもの。
  • 健康であることが、高い自己効力感を保つための土台になります。
  • 自分の体を大切にし、常にベストコンディションでいられるよう心がけましょう。
  • 以上の9つの習慣を意識的に取り入れることで、徐々に自己効力感を高めていくことができます。
  • 一つひとつを地道に積み重ねることが、確実に自己効力感を育てる近道になるでしょう。
  • 自己効力感が低い原因

  • せっかく自己効力感を高めようと努力しても、なかなか上手くいかないこともあります。
  • ここでは、自己効力感が低くなる原因について考えていきます。
  • 原因1. 過去の失敗体験から自信を喪失している

  • 自己効力感が低い人の多くは、過去の失敗体験が原因となっていることが少なくありません。
  • 大きな挫折を経験し、「自分にはできない」と自信を失ってしまったのかもしれません。
  • 失敗から立ち直れず、その経験が自分の能力を信じられなくさせているのです。
  • 過去にとらわれすぎると、新しいことへの挑戦が怖くなり、自己効力感を高めることができません。
  • つらい経験も、乗り越えることで成長のチャンスになることを忘れないことが大切です。
  • 原因2. 自分の能力を過小評価してしまっている

  • 自己効力感の低さは、自分の能力を正しく評価できていないことが原因のひとつです。
  • 実際にはできるのに「自分にはムリ」と思い込んでいるケースは少なくありません。
  • 自分の良さや可能性に気づけず、過小評価してしまっているのです。
  • もしかしたら周りからは能力を認められているのに、自分だけが気づいていないことも。
  • 自分を客観的に見つめ直し、正当に評価することが大切です。
  • 原因3. 否定的なことを言われ続けていた

  • 自己効力感が低い背景には、周りからの否定的な言葉があることも珍しくありません。
  • 幼少期に親から「お前にはできない」と言われ続けた、学生時代に教師に「無理だ」と否定されたなど、他者評価の影響は大きいのです。
  • ネガティブなメッセージを刷り込まれると、自分を信じる力が弱くなってしまいます。
  • その結果、自分の可能性を信じられず、自己効力感が育ちにくくなるのです。
  • 原因4. 達成が困難な目標設定ばかりしている

  • 非現実的な高い目標ばかり設定していると、自己効力感は下がる一方です。
  • いくら頑張っても目標に届かない状態が続けば、自信をなくすのは当然のこと。
  • 「自分には無理」と感じ、自己効力感が低下してしまうのです。
  • 人は適度な達成感を得ることで、自己効力感を高めていきます。
  • 現実的な目標から始め、少しずつステップアップしていくことが賢明です。
  • 原因5. ネガティブなセルフトークをしてしまっている

  • 自己効力感が低い人は、知らず知らずのうちにネガティブなセルフトークをしていることが少なくありません。
  • 「できっこない」「自分なんて」など、自分を責める言葉を浴びせている可能性が高いのです。
  • そのようなマイナス思考では、ますます自信を失ってしまいます。
  • ネガティブなセルフトークのクセに気づき、ポジティブな言葉に変えていくトレーニングが必要不可欠。
  • 自分を信じる言葉を増やすことで、自然と自己効力感が高まっていくはずです。
  • 以上のような原因が、自己効力感の低さを引き起こしているのかもしれません。
  • 自分に当てはまるものがあったら、その原因を取り除くことから始めてみましょう。
  • 自己効力感と自己慈愛(セルフコンパッション)の違い

  • 自己効力感と混同されやすい概念に、自己慈愛(セルフコンパッション)があります。
  • ここでは、自己慈愛の意味を説明した上で、自己効力感との違いを明確にしていきます。
  • 自己慈愛の意味と定義

  • 自己慈愛とは、「自分自身に対する思いやりと優しさ」を指します。
  • つらいときや失敗したとき、自分を厳しく責めるのではなく、あたかも親友に接するように自分を慰め、励ますこと。
  • 「完璧でなくてもいい」「失敗は人間として当然のこと」と、自分の弱さを受け止める姿勢も自己慈愛の一部です。
  • 自分も困難に直面する一人の人間であると理解し、自分の苦しみをそっと抱きしめるような態度。
  • それが自己慈愛の本質だと言えるでしょう。
  • 自己効力感と自己慈愛の共通点と違い

  • 自己効力感と自己慈愛は、どちらも自分を肯定的に捉える視点という点で共通しています。
  • 自分を信じ、自分を大切にする気持ちは、両者に通底するものがあるでしょう。
  • ただし自己効力感が「自分の能力への信頼」であるのに対し、自己慈愛は「自分の存在への思いやり」という違いがあります。
  • [ult title="自己効力感と自己慈愛"]
  • 自己効力感は「自分にはできる」という能力への自信
  • 自己慈愛は「自分の弱さも含めて自分を大切にする」という姿勢
  • 共通点は、自分を肯定的に捉える視点を持つこと

自己効力感は、どちらかというと自分の「強み」に目を向ける概念。

一方の自己慈愛は、弱みや苦手な部分も含めて、自分の存在全体を肯定的に捉えるマインドセットだと言えます。

人は誰しも完璧ではなく、弱い部分を持っているもの。

そんな弱さも含めて自分を受け止め、自分に優しくできるかどうかが、自己慈愛の鍵を握っているのです。

自己効力感を高めるだけでなく、自己慈愛の視点も大切にすること。

それが自分を励まし、支えながら、自己効力感を高めていくことにつながるでしょう。

自分の強みを信じつつ、弱い部分も愛せる。

そんな包括的な自己肯定感を持てたとき、人は最も力強く生きられるのかもしれません。

自己効力感と自己受容の違い

自己効力感と混同しやすいもう一つの概念が、自己受容です。

ここでは、自己受容の意味を説明した上で、自己効力感との共通点と違いを整理していきます。

自己受容の意味と定義

自己受容とは、「自分自身をありのまま認めること」を意味します。

自分の長所も短所も、良い部分も悪い部分も含めて、等しく受け入れる態度のことを指します。

「理想の自分」ではなく「今の自分」を肯定的に捉え、自分らしさを大切にする考え方だと言えるでしょう。

人は誰しも完璧ではなく、欠点を持っているもの。

そんな不完全な自分も認め、自分の存在を丸ごと受け入れること。

それが自己受容の本質です。

自己効力感と自己受容の共通点と違い

自己効力感と自己受容は、どちらも自己肯定感につながる概念だという点では共通しています。

自分を前向きに捉える視点を持つことが、両者に通底する要素だと言えるでしょう。

しかし自己効力感が「自分の能力を信じる気持ち」であるのに対し、自己受容は「自分の存在を認める態度」という違いがあります。

自己効力感と自己受容
  • 自己効力感は「自分の能力を信じること」
  • 自己受容は「自分の存在をありのまま認めること」
  • 共通点は、自己肯定感を高める働きがあること

自己効力感は、自分の能力を肯定的に評価し、伸ばしていこうとする概念。

一方の自己受容は、自分の良い面も悪い面も含めて、今の自分の姿を認める考え方です。

自己効力感を高めることは「できる自分」を目指すのに対し、自己受容は「ありのままの自分」を大切にする。

そこに両者の違いがあると言えるでしょう。

ただし自己効力感と自己受容は、どちらか一方だけを追求すればいいというものではありません。

自分の可能性を信じながら、今の自分も認められる。

そんな柔軟な自己理解があってこそ、真の自己肯定感が育まれるのです。

自己効力感を高める取り組みと並行して、自己受容の視点も忘れずにしましょう。

自分の良い面も悪い面も含めて、自分の存在を肯定的に捉えること。

それが自己効力感を支え、より強固なものにしていくはずです。

おわりに

自己効力感は、自分の能力を信じ、目標に向かって粘り強く行動できるかどうかを左右する重要な概念です。

自己効力感が高い人は、困難な状況でも諦めずに立ち向かう強さを持っています。

たとえ失敗しても、それを糧に成長しようとする前向きさも備えているでしょう。

一方で、自己効力感が低い人は、小さな挫折でも自信を失いやすいもの。

自分の可能性を信じられず、チャレンジする勇気を持てなくなってしまいます。

しかし自己効力感は、後天的に高めていくことができる能力だということを忘れないでください。

本記事で紹介した「自己効力感を高めるための9つの習慣」を参考に、少しずつ実践してみましょう。

また、自己効力感を支えるために、自己肯定感や自己受容の視点を持つことも大切です。

自分の良い面も悪い面も含めて、自分の存在を丸ごと認める。

そんな包括的な自己肯定感があってこそ、本当の意味で自己効力感を高められるのです。

30秒でわかる!転職サービス診断

当サイト人気の転職エージェント