【セルフコーチングとは?】 初心者向けのやり方と効果的な9パターンの質問リスト

人生の目標達成に向けて、自分自身をコーチしたいと考えたことはありませんか?

セルフコーチングは、自分自身の力で目標に向かって行動し、成長していくための技術です。

この記事では、セルフコーチングの基本的な考え方やメリット、具体的なやり方などを詳しく解説します。

自分自身と向き合い、内なる可能性を引き出したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

本記事のポイント
  • セルフコーチングとは自分自身をコーチし、内なる力を引き出す技術
  • 6つのステップで構成されるセルフコーチングのプロセスを理解する
  • 自分に合ったペースとスタイルでセルフコーチングを習慣化することが重要





セルフコーチングとは?

セルフコーチングとは自分自身をコーチする技術のこと

セルフコーチングとは、自分自身をクライアントとして扱い、自分の内なる力を引き出しながら、目標達成や問題解決に向けて自分自身をサポートしていくことです。

コーチングでは、コーチがクライアントに対して質問やフィードバックを行いますが、セルフコーチングではその役割を自分自身が担います。

セルフコーチングの基本原則

セルフコーチングの基本原則は、自分自身を信頼し、内なる知恵や可能性を引き出すことです。

自分自身と向き合い、自分の思考や行動パターンを客観的に観察することで、自己認識を深めていきます。

セルフコーチングとコーチングの違い

セルフコーチングとプロのコーチによるコーチングの大きな違いは、自分自身がコーチの役割を担うことです。

自分のペースで、自分に合ったスタイルでコーチングを進められるのがセルフコーチングの特徴といえるでしょう。

セルフコーチングと自己啓発の違い

一方、自己啓発との違いは、セルフコーチングがより実践的で行動指向であるという点です。

自己啓発が知識の習得に重きを置くのに対し、セルフコーチングは自分の内面と向き合いながら、具体的な行動へと移していくプロセスに重点を置きます。

コーチングとティーチングの違い

また、コーチングとティーチングの違いも理解しておくことが大切です。

ティーチングが知識や情報を教えることに重点を置くのに対し、コーチングは相手の気づきを促し、内なる力を引き出すことに焦点を当てます。

セルフコーチングを実践する上では、このようなコーチングの基本的な考え方を理解しておくことが重要なポイントとなります。

セルフコーチングの8つのメリット・効果

セルフコーチングを実践することで、どのようなメリットや効果が得られるのでしょうか。

メリット1. 人生に対する主体性が高まる

セルフコーチングを通じて、自分自身と深く向き合うことで、人生の主体者として自立した姿勢が身につきます。

受け身ではなく、自分の人生に責任を持ち、能動的に選択し行動していく力が養われるでしょう。

メリット2. 目標達成への道筋が明確になり、行動しやすくなる

自分の目標を明確に定義し、具体的な行動計画を立てることで、目標達成への道筋が見えてきます。

目標に向かって一歩ずつ確実に前進していくことができるようになるでしょう。

メリット3. 自己肯定感とモチベーションが高まる

自分自身の価値や可能性を再認識することで、自己肯定感が高まります。

自分に対する信頼と尊重の気持ちが深まり、目標達成に向けたモチベーションが維持しやすくなります。

メリット4. 意思決定力が高まる

自分の価値観や優先順位を明確にすることで、迷いなく意思決定ができるようになります。

自分の直感を信じて、スムーズに行動に移せるようになるでしょう。

メリット5. 継続的に自己成長ができ、自己実現に近づく

セルフコーチングを習慣化することで、自己成長が加速します。

自分の可能性を広げ、なりたい自分に近づいていくことができるでしょう。

人生の目的や意義を見出し、自己実現への道を歩んでいくことにつながります。

メリット6. 困難なことにチャレンジしやすくなる

自分の内なる力を信じることで、困難なことにも挑戦する勇気が生まれます。

未知の領域に飛び込んでいく心の強さを養うことができるでしょう。

ステップアップのチャンスを逃さず、新たな可能性を切り拓いていけるはずです。

メリット7. ストレスへの対応力とレジリエンスが高まる

セルフコーチングを通じて、ストレスに対処する力が身につきます。

問題を客観的に捉え、柔軟に対応していけるようになるでしょう。

困難な状況に直面しても、粘り強く乗り越えていく回復力(レジリエンス)が養われます。

メリット8. 自分の可能性を引き出すことができる

自分自身と向き合い、内なる声に耳を傾けることで、隠れた可能性を発掘できます。

自分の強みや才能を再発見し、それらを最大限に活かしていくことができるでしょう。

新たな自分の可能性に気づき、人生の選択肢を広げていくことにつながります。

セルフコーチングは、このように多岐にわたるメリットをもたらしてくれます。

自分自身の成長と人生の質の向上に役立つ実践的なスキルといえるでしょう。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

コーチングよりもセルフコーチングが向いている人

セルフコーチングは、誰にでも適しているわけではありません。

ここでは、コーチングよりもセルフコーチングが向いている人の特徴を見ていきましょう。

特徴1. 自分のペースで成長したい人

プロのコーチによるコーチングでは、コーチとのスケジュール調整が必要となり、ある程度のペースで進めていく必要があります。

一方、セルフコーチングなら、自分のライフスタイルや都合に合わせて、自分のペースで取り組むことができます。

自分のペースでじっくりと内省し、成長していきたい方には、セルフコーチングがおすすめです。

特徴2. 他者に頼ることが苦手な人

コーチングでは、コーチとの信頼関係が重要となります。

しかし、他者に頼ることが苦手な方や、自分の内面を他者に話すことに抵抗がある方もいるでしょう。

セルフコーチングなら、自分自身と向き合い、自分の内なる声に耳を傾けることができます。

自分の力で解決策を見出していきたいという方に向いています。

特徴3. プライバシーを守りたい人

コーチングでは、自分の悩みや課題をコーチと共有する必要があります。

プライバシーに配慮しているとはいえ、やはり他者に自分の内面を見られることに抵抗を感じる方もいるでしょう。

セルフコーチングなら、自分の内面と向き合う過程をすべて自分自身で管理することができます。

プライバシーを守りながら、自己成長に取り組みたい方には最適です。

特徴4. 時間やお金の制約でコーチングを受けられない人

プロのコーチによるコーチングには、一定の時間とお金がかかります。

仕事や家庭の都合で時間が取れない方や、コーチングに投資する経済的な余裕がない方もいるでしょう。

セルフコーチングなら、自分の空き時間を活用して取り組むことができ、費用もかかりません。

時間やお金に制約がある方でも、自己成長に取り組むことが可能です。

特徴5. 自分自身と向き合う時間を大切にしたい人

日々の忙しさに追われ、自分自身と向き合う時間を十分に取れていない方も多いのではないでしょうか。

セルフコーチングは、自分自身と向き合い、内省する時間を意図的に設ける良い機会となります。

自分と向き合う時間を大切にしたい方や、自分自身をより深く知りたい方にピッタリの方法です。

特徴6. 自分の直感を信じて行動したい人

コーチからのアドバイスも参考になりますが、最終的には自分の直感を信じて行動することが大切です。

セルフコーチングなら、自分の内なる声に耳を傾け、自分の直感を大切にしながら意思決定や行動ができます。

自分の人生は自分で切り拓いていきたいという方には、セルフコーチングがおすすめです。

自分に合ったやり方で、自分らしく成長していくことができるでしょう。

セルフコーチングの基本的なやり方とプロセス

セルフコーチングを実践するためには、一定のプロセスを踏むことが大切です。

ここでは、セルフコーチングの基本的なやり方を6つのステップに分けて解説します。

ステップ1. 自己を客観的に観察して自己認識を深める

まずは、自分自身を客観的に観察し、自己認識を深めることから始めましょう。

特性、興味、価値観を見つめ直す

自分の性格や特性、興味や関心事、大切にしている価値観などを改めて見つめ直します。

自分はどんな人間で、何に興味を持ち、何を大切にしているのかを明確にしていきましょう。

過去の経験や行動パターンを振り返る

これまでの人生経験や、自分の行動パターンを振り返ってみましょう。

どんな経験が自分に影響を与えてきたのか、どんな行動パターンがあるのかを客観的に観察します。

他者に自分についての評価を聞いてみる

自分では気づきにくい自分の特徴や癖などを知るために、他者からのフィードバックを積極的に求めてみるのも有効です。

信頼できる友人や家族、同僚などに、自分についての印象を率直に聞いてみましょう。

可能性や課題を明確にする

自己分析を通じて、自分の強みや可能性、克服すべき課題などを明確にしていきます。

自分の特性を活かせる分野や、伸ばしたいスキルなどを具体的にイメージしてみましょう。

自分の人生の優先順位を見直す

自分にとって本当に大切なことは何か、人生の優先順位を見直してみます。

仕事、家庭、趣味、健康など、様々な側面のバランスを考えながら、自分なりの優先順位をつけてみましょう。

自分の感情と行動パターンを観察する

日常生活の中で、自分の感情の動きや行動パターンを意識的に観察してみます。

特定の状況で起こる感情の変化や、習慣的な行動などに目を向けることで、自分の特性や課題が見えてくるはずです。

このように、多角的な視点から自己分析を行い、自己認識を深めることが、セルフコーチングの第一歩となります。

ステップ2. 目標を明確に設定する

自己認識が深まったら、次は目標設定です。

SMARTに目標を設定する

目標は、具体的で測定可能、達成可能、現実的、期限付きであるべきです。

このようなSMART(Specific, Measurable, Achievable, Realistic, Time-bound)の原則に基づいて目標を設定しましょう。

長期目標と短期目標のバランスを取る

長期的な目標と、それを達成するための短期的な目標のバランスを考えます。

大きな目標を見失わないように、長期目標を設定した上で、それを実現するための短期目標を段階的に設定していきましょう。

目標が価値観や情熱に合致しているか確認する

設定した目標が、自分の価値観や情熱に合致しているかどうかを確認します。

自分が心から望み、情熱を持って取り組める目標であることが大切です。

目標設定の際は、自分の内面とじっくり向き合い、納得のいく目標を設定することが重要となります。

ステップ3. 目標達成に必要な行動計画を立てる

目標が明確になったら、次はその目標を達成するための行動計画を立てます。

必要な行動やタスクを洗い出す

目標達成に必要な行動やタスクを具体的に洗い出していきます。

大きな目標を小さなステップに分解し、一つ一つの行動を明確にしていきましょう。

行動計画を優先順位をつけて整理する

洗い出した行動やタスクに優先順位をつけ、実行可能な計画に整理していきます。

緊急度や重要度を考慮しながら、優先順位の高い行動から着実に実行していくことが大切です。

必要な知識やスキル、リソースを特定する

目標達成に必要な知識やスキル、リソースを特定します。

足りない部分は何か、どのように習得または獲得していくかを考えましょう。

事前に障害や課題を予測し、対処方法を準備する

目標達成の過程で起こり得る障害や課題を事前に予測し、対処方法を準備しておくことが重要です。

リスクを最小限に抑え、スムーズに行動を進めるための備えをしておきましょう。

綿密な行動計画を立てることで、目標達成への道筋が明確になり、着実に前進していくことができるはずです。

ステップ4. 行動計画にそって実行する

いよいよ行動計画を実行に移す段階です。

計画した行動を日々の生活に組み込む

立てた行動計画を、日々の生活の中に組み込んでいきます。

毎日の積み重ねが大きな成果につながることを意識して、コツコツと実行していきましょう。

進捗状況を記録し、モチベーションを維持する

行動の進捗状況を記録し、可視化することで、モチベーションを維持していきます。

小さな成果も認識し、自分の前進を実感することが大切です。

行動の習慣化を心がける

目標達成に必要な行動を習慣化することを心がけましょう。

継続的な行動が自然と取れるようになるまで、意識的に習慣づけていくことが重要です。

行動計画を着実に実行に移し、粘り強く取り組んでいくことが、目標達成への近道となります。

ステップ5. 定期的に進捗状況を振り返る

行動を継続的に実行する中で、定期的に進捗状況を振り返ることが大切です。

目標に向けての進捗を評価する

設定した目標に向けて、どの程度進捗しているかを評価します。

当初の計画通りに進んでいるか、遅れている部分はないかなどを確認しましょう。

成果や課題を明確にする

進捗状況を評価する中で、得られた成果や見えてきた課題を明確にしていきます。

どのような点が順調で、どのような点が改善を要するのかを具体的に把握することが重要です。

振り返りの結果を次の行動計画に反映させる

進捗状況の振り返りで得られた気づきや教訓を、次の行動計画に反映させていきます。

必要に応じて計画を修正し、より効果的な行動につなげていくことが大切です。

成長や変化を認識し、モチベーションを高める

振り返りの過程で、自分の成長や変化を認識することで、モチベーションを高めていきます。

小さな変化も肯定的に受け止め、自分の成長を実感することが、さらなる前進の原動力となるでしょう。

定期的な振り返りを通じて、自分の進捗を確認し、必要な軌道修正を行いながら、目標達成に向けて着実に歩みを進めていきましょう。

ステップ6. 結果の反省と行動計画の調整を行う

目標達成までの過程を振り返り、結果の反省と行動計画の調整を行うことが重要です。

目標達成度や成果を評価する

設定した目標がどの程度達成できたのか、どのような成果が得られたのかを評価します。

数値化できる目標であれば、達成度を具体的に測定し、振り返りましょう。

効果的だった行動や工夫を特定する

目標達成のプロセスの中で、特に効果的だった行動や工夫を特定します。

うまくいった要因や、自分の強みを活かせた部分などを分析し、今後に活かしていきましょう。

課題や障害の原因を分析し対策を立てる

目標達成の過程で直面した課題や障害について、その原因を分析します。

同じような問題を繰り返さないために、効果的な対策を立てることが大切です。

目標や行動計画を修正し、次のサイクルに備える

反省点を踏まえ、必要に応じて目標や行動計画を修正していきます。

状況の変化に合わせて柔軟に対応し、次のサイクルに向けて準備を整えましょう。

一つの目標が達成できたら、次の目標に向けて新たなサイクルを開始します。

セルフコーチングは、このような一連のプロセスを繰り返し行うことで、継続的な自己成長を促します。

自分自身と真摯に向き合い、PDCAサイクルを回していくことが、セルフコーチング成功の鍵となるでしょう。

セルフコーチングで効果的な質問例

セルフコーチングでは、自分自身に効果的な質問を投げかけることが重要です。

ここでは、セルフコーチングで活用できる9パターンの質問例を紹介します。

質問例1. 自分に効果的な質問を投げかける

自分自身に問いかける質問は、自己理解を深め、内なる答えを引き出すために重要です。

  • 自分の強みや価値観を明確にするために、どのような質問が効果的だろうか?
  • 目標達成に向けて、自分に問いかけるべき質問は何だろうか?
  • 自分の可能性を最大限に引き出すために、どのような質問が助けになるだろうか?

質問例2. 自己分析を深める質問

自己分析を深めるための質問は、自分自身をより深く理解するために役立ちます。

  • 自分の人生で最も大切にしているものは何だろうか?
  • 自分の強みや才能は何か、どのような場面で発揮されているだろうか?
  • 自分の行動パターンや習慣の中で、改善すべき点は何だろうか?

質問例3. 目標設定に効果的な質問

目標設定の際に、自分自身に投げかける質問は、明確で達成可能な目標を設定するために重要です。

  • 自分が本当に望む理想の姿は何か、具体的にイメージできるだろうか?
  • 目標達成によって、自分の人生はどのように変化するだろうか?
  • 目標達成のために、自分に必要なスキルや資質は何だろうか?

質問例4. 行動計画の立案に役立つ質問

行動計画を立てる際に、自分自身に問いかける質問は、具体的で実行可能な計画を立てるために有効です。

  • 目標達成のために、具体的にどのような行動が必要だろうか?
  • その行動を習慣化するために、どのような工夫ができるだろうか?
  • 行動計画を実行する上で、予想される障害やリスクは何か、どのように対処できるだろうか?

質問例5. 目標達成に焦点を当てた質問

目標達成に向けて前進するための質問は、モチベーションを維持し、着実に進捗するために役立ちます。

  • 目標に向かって、今日は何ができただろうか?
  • 目標達成に向けて、さらに何ができるだろうか?
  • 目標達成の過程で、自分の成長や変化を感じられる瞬間はどのようなときだろうか?

質問例6. 自己反省をするときにする質問

自己反省をする際に、自分自身に問いかける質問は、課題や改善点を明確にするために重要です。

  • うまくいかなかったことについて、どのような教訓が得られただろうか?
  • 自分の行動や選択を振り返って、改善すべき点は何だろうか?
  • 同じような状況に直面したとき、どのようにアプローチすれば良いだろうか?

質問例7. モチベーションを維持する質問

モチベーションを維持するための質問は、目標に向けて継続的に努力するために役立ちます。

  • 目標達成に向けて、自分を駆り立てるものは何だろうか?
  • 困難な状況に直面したとき、自分にどのような言葉をかけると励みになるだろうか?
  • 目標達成後の自分の姿を想像して、どのような感情が湧き上がるだろうか?

質問例8. 困難に立ち向かうときにする質問

困難や障害に直面したときに、自分自身に投げかける質問は、乗り越えるための知恵や勇気を与えてくれます。

  • この困難な状況から、どのような学びや成長の機会を得られるだろうか?
  • 困難に立ち向かうために、自分の強みをどのように活かせるだろうか?
  • 困難を乗り越えた先に、どのような可能性が広がっているだろうか?

質問例9. 感情の整理に役立つ質問

感情の整理に役立つ質問は、自分の内面と向き合い、感情のコントロールを助けてくれます。

  • 今、自分の中でどのような感情が湧き上がっているだろうか?
  • その感情の根底にあるのは、どのような欲求や価値観だろうか?
  • 感情に振り回されずに、冷静に状況を見つめるためには、どのような視点が必要だろうか?

以上のような質問を自分自身に投げかけることで、セルフコーチングの効果を高めることができるでしょう。

状況に応じて、自分に合った質問を選び、内省を深めていくことが大切です。

自分自身との対話を通じて、新たな気づきや発見が得られるはずです。

セルフコーチングを実践する中で、自分なりの効果的な質問を見つけていくことが、自己成長のカギとなるでしょう。

セルフコーチングの心得と習慣化するコツ

セルフコーチングを継続的に実践し、習慣化するためには、いくつかの心得やコツを知っておくことが大切です。

ここでは、セルフコーチングを効果的に進めるための7つのポイントを紹介します。

コツ1. 毎日の習慣にセルフコーチングを組み込みルーティン化する

セルフコーチングを毎日の習慣として定着させることが、継続的な自己成長につながります。

  • 毎朝の時間を使って、自分自身と向き合う時間を設ける
  • 就寝前に、一日の振り返りと翌日の計画を立てる習慣をつける
  • 日々の生活の中で、自分自身に質問を投げかける習慣を身につける

コツ2. ポジティブなセルフトークを心がける

自分自身に対する肯定的な言葉かけは、モチベーションを高め、自己成長を促進します。

  • 自分の強みや可能性に目を向け、肯定的な言葉をかける
  • 失敗や挫折を学びの機会ととらえ、前向きな言葉で自分を励ます
  • 自分の成長や変化を認め、小さな進歩も称賛する

コツ3. 自分に合ったペースとスタイルを見つける

セルフコーチングは、自分のペースで無理なく続けることが大切です。

  • 自分の生活スタイルに合わせて、セルフコーチングの時間を設定する
  • 集中しやすい環境や時間帯を見つけ、自分に合ったペースで進める
  • 自分に合ったツールやテクニックを取り入れ、楽しみながら実践する

コツ4. 自分の成長を記録し、進捗を可視化する

自分の成長や進捗を記録することで、モチベーションを維持し、前進を実感することができます。

  • 日記やジャーナルを活用して、自分の考えや感情、行動を記録する
  • 目標達成までの道のりを可視化し、小さな成果も確認する
  • 定期的に振り返りの時間を設け、自分の成長を実感する

コツ5. マインドマップやジャーナリングを活用する

セルフコーチングにおいて、思考の整理や自己理解を深めるためのツールを活用することが効果的です。

  • マインドマップを使って、自分の思考や目標を整理する
  • ジャーナリングを通じて、自分の内面と向き合い、感情を言語化する
  • ビジュアルツールを活用して、自分の強みや価値観を明確にする

コツ6. 効果が出るまで時間がかかると理解しておく

セルフコーチングの効果は、すぐに現れるわけではありません。継続的な実践が大切です。

  • 一朝一夕では変われないことを理解し、長期的な視点を持つ
  • 小さな変化や成長を積み重ねることが、大きな成果につながることを信じる
  • プロセスを楽しみ、自分自身との対話を通じて、内なる変化を感じ取る

コツ7. 行き詰まったら誰かにサポートを求める

セルフコーチングを進める中で、行き詰まりを感じたら、一人で抱え込まずに助けを求めることが大切です。

  • 信頼できる友人や家族に相談し、客観的な意見やアドバイスをもらう
  • セルフコーチングについて学ぶ機会を求め、新たな視点やヒントを得る
  • 必要に応じて、プロのコーチやカウンセラーのサポートを受ける

セルフコーチングを習慣化し、継続的に実践していくためには、自分なりのスタイルを見つけることが重要です。

自分に合ったペースで、楽しみながらセルフコーチングに取り組むことで、自己成長への道が開かれるでしょう。

セルフコーチングは、一生涯にわたって続けられるスキルです。

自分自身と向き合う時間を大切にし、内なる成長を続けていくことが、充実した人生につながるはずです。

おわりに

セルフコーチングは、自分自身と向き合い、内なる力を引き出すためのパワフルな方法です。

自分の人生の主体者として、自立した姿勢で目標に向かって歩んでいくことができるでしょう。

セルフコーチングを通じて、自己認識を深め、自分の可能性を最大限に発揮していくことが可能となります。

自分自身への問いかけを大切にし、内なる声に耳を傾けることで、人生の羅針盤を手に入れることができるはずです。

セルフコーチングは、一朝一夕に身につくスキルではありません。

継続的な実践と習慣化が必要です。

時には挫折や失敗を経験するかもしれませんが、それもまた成長のためのチャンスととらえ、前を向いて歩み続けることが大切です。

セルフコーチングを通じて、自分自身との対話を深め、内なる力を引き出していくことで、人生のあらゆる場面で力を発揮できるようになるでしょう。

30秒でわかる!転職サービス診断

当サイト人気の転職エージェント