自己肯定感を高める方法12選:自己肯定感が高い人の特徴や低い人との接し方も紹介

自己肯定感は、自分自身を尊重し、価値があると感じる気持ちのことです。

自己肯定感が高い人は、自信を持って行動し、困難な状況にも前向きに取り組むことができます。

一方、自己肯定感が低い人は、自分に自信が持てず、挑戦することを恐れがちです。

しかし、自己肯定感は後天的に身につけることができるスキルです。

過去の経験や周囲の評価から、自己肯定感の低さに悩んでいたとしても、適切な方法を実践することで、自己肯定感を高めることができます。

本記事では、自己肯定感を高める具体的な方法や、自己肯定感が高い人の特徴、低い人との接し方などを詳しく解説します。

高い自己肯定感があれば、自信を持って行動できるようになります。

ぜひ自己肯定感を高めるヒントを見つけてください。

本記事のまとめ
  • 自己肯定感とは、自分を肯定的に捉え、可能性を信じる気持ちのこと
  • 自己肯定感が高まると、自信を持って人生を歩める
  • 自己肯定感は後天的なスキル。12の具体的な方法を実践することで高められる





自己肯定感とは?

自己肯定感の意味と定義

自己肯定感とは、自分自身を尊重し、受け入れ、価値があると感じる気持ちのことです。

それは、自分の長所も短所も含めて、ありのままの自分を肯定的に捉えることができる心の状態といえます。

自己肯定感が高い人は、自分の存在意義を深く理解し、自分の人生に対して自信を持つことができます。

自己肯定感が重要な理由

自己肯定感が高いことは、私たちの人生の質を大きく左右します。

以下のような点で、自己肯定感は重要な意味を持っています。

  • 自分の人生に主体的に取り組むことができる
  • ストレスや困難に直面しても、適切に対処できる
  • 他者との健全な関係性を築くことができる
  • 自分の長所を活かし、才能を発揮できる

反対に、自己肯定感が低いと、自分に自信が持てず、他人の評価ばかりを気にしてしまいます。

その結果、自分の人生を生きることができず、不安やストレスを抱えやすくなってしまうのです。

自己肯定感と自己効力感の違い

自己肯定感と似た概念に、自己効力感があります。

自己効力感とは、特定の課題や目標に対して「自分にはできる」と感じる気持ちのことを指します。

たとえば、「この仕事は自分にもできる」「このプロジェクトは成功させられる」と感じることが、自己効力感です。

自己効力感は、自信につながり、高い目標に挑戦する原動力となります。

一方、自己肯定感は、特定の課題や目標に限定されない、より広い概念です。

自分自身の存在全体を肯定的に捉えることが、自己肯定感なのです。

自己肯定感とセルフコンパッション(自己慈愛)の違い

自己肯定感と似た概念に、セルフコンパッション(自己慈悲)があります。

セルフコンパッションとは、つらい時や失敗した時に、自分自身に優しく接することができる力のことを指します。

自分の弱さや失敗を認め、自分自身を思いやる気持ちを持つことが、セルフコンパッションです。

それは、自分を厳しく責めるのではなく、自分に優しく接することを意味します。

セルフコンパッションは、自己肯定感を高めるための重要な要素の一つです。

しかし、自己肯定感は、セルフコンパッションよりも広い概念であり、自分の存在全体を肯定的に捉えることを指します。

自己肯定感、自己効力感、セルフコンパッションは、それぞれ違いはあるものの、互いに関連し合っています。

自己肯定感が低い原因

自己肯定感が低くなる原因は、人によってさまざまですが、主に以下のような要因が考えられます。

原因1. 過去の否定的な経験や育った家庭環境

子供の頃に、親や周囲の大人から厳しく叱責されたり、愛情を十分に注がれなかったりした経験が、自己肯定感の低さにつながることがあります。

また、親自身が自己肯定感が低く、自分を大切にする姿勢を子供に示せなかったケースもあるでしょう。

原因2. 周囲からの評価を気にしすぎる

他人からの評価を過剰に気にしすぎる人は、自分の価値観や信念が揺らいでしまいます。

他者からの承認欲求を求めすぎると、自分らしさを見失い、自己肯定感が低下してしまうのです。

原因3. SNSで他者と比較しすぎている

SNSでは、他人の成功体験や幸せそうな姿ばかりが目立ちます。

そのため、つい自分と比較して、劣等感を抱いたり、自分は価値がないと感じたりしてしまいがちです。

原因4. 過度に自己批判をしてしまっている

完璧主義の傾向が強い人は、些細な失敗やミスに対しても厳しく自分を責めてしまいます。

しかし、過度な自己批判は、自己肯定感を低下させる大きな要因となります。

原因5. 他者とのつながりが少ない

人は、他者とのつながりの中で、自分の存在価値を実感することができます。

しかし、他者とのコミュニケーションが苦手だったり、孤独を感じていたりすると、自己肯定感が低くなってしまいます。

原因6. 自分に対する理想が高すぎる

自分に対して非現実的な理想や目標を設定し、それが達成できないと自分を責めてしまう人がいます。

しかし、現実と理想のギャップに苦しむことは、自己肯定感を大きく損ねる原因となるのです。

自己肯定感の低さには、このような複合的な要因が絡み合っています。

自分に当てはまる原因を理解することで、自己肯定感を高めるための第一歩を踏み出すことができるでしょう。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

自己肯定感が高い人の5つの特徴

自己肯定感が高い人は、自分自身を深く理解し、自分の人生に自信を持って臨むことができます。

ここでは、自己肯定感が高い人に見られる5つの特徴を詳しく解説していきます。

特徴1. 自分の感情を素直に表現できる

自己肯定感が高い人は、自分の感情を素直に表現することができます。

喜びや悲しみ、怒りや不安など、自分の感情を正直に受け止め、適切な方法で表現するのです。

感情を抑え込むのではなく、自分の内面と向き合う勇気を持っています。

そのため、ストレスを溜め込みにくく、心の健康を維持することができるのです。

特徴2. 他者からの評価に左右されない

自己肯定感が高い人は、他者からの評価に左右されることなく、自分の価値観に基づいて行動することができます。

他人からの批判や否定的な意見に動揺することがあっても、自分の信念を貫く強さを持っているのです。

もちろん、他者からの評価や意見を謙虚に受け止める柔軟性も持ち合わせています。

しかし、自分の人生は自分で決めるという強い意志を持っており、他者の評価に振り回されることはありません。

特徴3. 自分に自信を持ち「できる」という意識が高い

自己肯定感が高い人は、自分の能力を信じ、「自分にはできる」という強い意識を持っています。

新しいことにチャレンジする際も、失敗を恐れずに果敢に挑戦するのです。

たとえ失敗しても、それを自分の成長のチャンスと捉えることができます。

そして、失敗から学んだことを次の挑戦に活かし、着実に成長していくことができるのです。

特徴4. 失敗を成長の機会と捉える

自己肯定感が高い人は、失敗を恐れることなく、むしろ失敗を成長の機会と捉えることができます。

失敗から学ぶことは多いと理解しているからです。

失敗した時は、自分を責めるのではなく、失敗から学べることを冷静に分析します。

そして、次はどうすればいいのかを前向きに考え、新たな行動に移すことができるのです。

特徴5. 失敗や挫折からの立ち直りが早い

自己肯定感が高い人は、失敗や挫折からの立ち直りが早いという特徴があります。

自分の価値は、失敗によって左右されるものではないと理解しているのです。

失敗や挫折を経験しても、自分の価値や存在意義を見失うことはありません。

むしろ、困難な状況を乗り越えることで、自分自身の強さを実感することができるのです。

自己肯定感を高める6つのメリット

自己肯定感を高めることは、私たちの人生に多くのポジティブな変化をもたらします。

ここでは、自己肯定感を高めることで得られる6つのメリットを詳しく解説していきます。

メリット1. 逆境やストレスに強くなる

自己肯定感が高い人は、逆境やストレスに直面した時に、適切に対処することができます。

自分自身を信頼し、「なんとかできる」という強い意識を持っているからです。

困難な状況に直面しても、自分の力を信じて前に進むことができるのです。

その結果、ストレスに負けることなく、困難を乗り越えていくことができます。

メリット2. レジリエンスが高まる

レジリエンスとは、困難な状況からすぐに立ち直る力のことを指します。

自己肯定感が高い人は、このレジリエンスが高いという特徴があります。

困難な状況から素早く立ち直り、再びチャレンジすることができるのです。

メリット3. 人生の満足感が上がる

自己肯定感が高い人は、自分の人生に満足感を感じやすいという特徴があります。

自分自身を尊重し、自分の人生を肯定的に捉えているからです。

たとえ現状に不満があったとしても、自分の力で変えていけると信じています。

そのため、前向きな気持ちで日々を過ごすことができ、人生の満足感が高まるのです。

メリット4. 人間関係が良くなる

自己肯定感が高い人は、他者とのコミュニケーションがうまくいきやすいという特徴があります。

自分自身を大切にしているからこそ、他者も尊重することができるからです。

相手の意見を謙虚に聞き、自分の意見も堂々と伝えることができます。

そのため、信頼関係に基づいた良好な人間関係を築くことができるのです。

メリット5. 困難なことにチャレンジする意欲が高まる

自己肯定感が高い人は、新しいことや困難なことにチャレンジする意欲が高いという特徴があります。

自分の可能性を信じ、失敗を恐れずに挑戦することができるからです。

チャレンジを通して、自分の能力を伸ばし、さらなる成長を遂げることができます。

そのため、自己肯定感が高い人は、常に成長し続けることができるのです。

メリット6. メンタルが強くなる

自己肯定感が高い人は、メンタル面での強さを持っています。

自分自身を深く理解し、受け入れているからこそ、外部からの影響に左右されにくいのです。

たとえ周囲から批判されたり、否定的な意見を言われたりしても、自分の価値は変わらないと信じています。

そのため、メンタル面での安定性が高く、ストレスに負けない強さを持っているのです。

自己肯定感を高めることは、このように多くのメリットをもたらします。

自己肯定感を高める具体的な方法12選

自己肯定感は後天的に身につけることができるスキルです。

ここでは、自己肯定感を高めるための具体的な方法を12個ご紹介します。

方法1. これまでがんばったことや成功体験を振り返る

自己肯定感を高めるためには、まず自分のこれまでの頑張りや成功体験を振り返ることが大切です。

小さな成功体験でも構いません。

自分が頑張ってきたことを思い出し、自分を褒めてあげましょう。

過去の成功体験を思い出すことで、「自分にもできる」という自信につなげることができます。

方法2. 自分の良いところを見つける

自分の良いところを見つけることは、自己肯定感を高めるために重要です。

自分の長所や強み、特技などを探してみましょう。

他者から褒められた言葉を思い出す

他者から褒められた経験を思い出してみるのも効果的です。

「○○さんは、××が本当に上手ですね」など、他者から褒められた言葉を思い出し、自分の良いところを再確認しましょう。

自分の良いところを書き出す

自分の良いところを見つけたら、それを書き出してみましょう。

「私は、人の話を聞くのが上手だ」「私は、料理が得意だ」など、具体的に書き出すことで、自分の良いところを再認識することができます。

方法3. 短所をリフレーミングする

自分の短所や弱点は、見方を変えることで長所に変えることができます。

これを「リフレーミング」と言います。

例えば、「几帳面すぎる」という短所は、「物事を丁寧に扱う」という長所に変えることができます。

自分の短所を見つめ直し、ポジティブな側面を見つけることで自己肯定感が高まります。

方法4. 新しい肯定的な自分像をつくる

自己肯定感が低い人は、自分に対してネガティブなイメージを持っていることが多いものです。

そのイメージを変えるために、新しい肯定的な自分像を作ってみましょう。

「私は、チャレンジ精神旺盛な人間だ」「私は、困っている人を助けることができる」など、なりたい自分像を具体的に思い描くのです。

そして、その自分像に近づくために、日々の行動を変えていきましょう。

方法5. ポジティブなセルフトークを心がける

自分に対する心の声は、自己肯定感に大きな影響を与えます。

ネガティブなセルフトークを減らし、ポジティブなセルフトークを増やしていきましょう。

ネガティブな自己対話に気づく

まず、自分の中にあるネガティブな自己対話に気づくことが大切です。

「私はダメな人間だ」「うまくいくはずがない」など、ネガティブな自己対話を見つけたら、それをストップさせましょう。

ポジティブな言葉に置き換える

ネガティブな自己対話を見つけたら、それをポジティブな言葉に置き換えましょう。

「私は、十分に頑張っている」「うまくいかないこともあるけど、大丈夫」など、自分を励ますような言葉をかけるのです。

方法6. 小さなことにも感謝する

日々の生活の中で、小さなことにも感謝する習慣を身につけましょう。

「今日は天気が良くて嬉しい」「おいしい食事ができて幸せ」など、小さな幸せを見つけることが大切です。

小さなことに感謝する習慣は、ポジティブな思考を育み、自己肯定感を高めることにつながります。

毎日、感謝する習慣を続けることで、自然と自分自身を肯定的に捉えられるようになるでしょう。

方法7. 自分に優しくする(セルフコンパッション)

自分に優しくすることは、自己肯定感を高めるために重要です。

セルフコンパッションを身につけ、自分を思いやる気持ちを持ちましょう。

自分に優しい言葉をかける

自分に優しい言葉をかけることは、セルフコンパッションを実践するための第一歩です。

「よく頑張ったね」「無理しないで、ゆっくり休もう」など、自分を労わる言葉をかけるのです。

自分へのご褒美を取り入れる

頑張ったご褒美に、自分へのご褒美を取り入れましょう。

好きなものを食べる、欲しいものを買う、リラックスする時間を作るなど、自分を労わる行動を実践するのです。

リラックスする時間を作る

自分のためにリラックスする時間を作ることも大切です。

ゆっくりお風呂に入る、散歩をする、瞑想をするなど、自分なりのリラックス法を見つけましょう。

方法8. 小さな成功体験を積み重ねる

自己肯定感を高めるためには、小さな成功体験を積み重ねることが効果的です。

達成可能な目標を設定する

まずは、達成可能な小さな目標を設定することから始めましょう。

難しすぎる目標ではなく、確実に達成できる目標を立てることが大切です。

目標達成時に自分を褒める

目標を達成したら、自分を褒めることを忘れずに行います。

「よくがんばった」「自分はすごい」など、達成感を味わい、自分を認めるのです。

方法9. 失敗をポジティブに考える

失敗をネガティブに捉えるのではなく、ポジティブに考えることが大切です。

失敗は、成長するためのチャンスだと捉えましょう。

失敗から学ぶことは多いはずです。

失敗の原因を分析し、次にどうすればいいかを考えることで、自分の成長につなげることができるのです。

方法10. 肯定的な言葉をかけてくれる人との関係を深める

自分を肯定的に評価し、応援してくれる人との関係を深めましょう。

そのような人と一緒にいることで、自己肯定感が高まっていきます。

友人、家族、信頼できる同僚など、自分を支えてくれる人を大切にすることが重要です。

自分を認めてくれる人に囲まれることで、自分自身も自分を認められるようになります。

方法11. 自分の限界を知り、無理しない

自分の限界を知り、無理をしないことも大切です。

自分にできることとできないことを見極め、できる範囲で頑張ることが重要なのです。

無理をしすぎると、ストレスが溜まり、自己肯定感が下がってしまう恐れがあります。

自分のペースを大切にし、無理せず着実に前進していきましょう。

方法12. 健康的な生活をする

健康的な生活を送ることは、自己肯定感を高めるためにも重要です。

十分な睡眠、バランスの取れた食事、適度な運動を心がけましょう。

心身ともに健康な状態を保つことで、ストレスに強くなり、ポジティブな思考を維持することができます。

以上、自己肯定感を高めるための具体的な方法を12個ご紹介しました。

これらの方法を実践し、自分自身を肯定的に捉えられるようになることが、自己肯定感を高めるための鍵となります。

自己肯定感の低い人との接し方

自己肯定感の低い人と接する際は、その人の感情を理解し、支えることが大切です。

ここでは、自己肯定感の低い人との接し方について、7つのポイントをご紹介します。

接し方1. 相手の気持ちを理解し、共感する

自己肯定感の低い人は、自分に自信を持てず、ネガティブな感情を抱えていることが少なくありません。

そのような人と接する際は、まず相手の気持ちを理解し、共感することが大切です。

「そう感じるのは当然だと思う」「つらい気持ちは私にもわかる」など、相手の感情を受け止める言葉をかけましょう。

相手の気持ちを否定せず、理解者であることを示すことが重要です。

接し方2. 相手の話を傾聴し、批判しない

自己肯定感の低い人は、自分の考えや感情を表現することが苦手な場合があります。

そのような人と接する際は、じっくりと相手の話を聞くことが大切です。

相手の話を批判せず、肯定的に受け止めましょう。

「そうなんだね」「そう感じるのは自然なことだと思う」など、相手の話を丁寧に聞く姿勢を示すことが重要です。

接し方3. 相手のペースを尊重する

自己肯定感の低い人は、自分のペースで物事を進めることが苦手な場合があります。

そのような人と接する際は、相手のペースを尊重することが大切です。

相手の言動を急かしたり、プレッシャーをかけたりするのは避けましょう。

相手が自分なりのペースで成長していけるよう、見守る姿勢が重要です。

接し方4. 相手の意思決定を支持する

自己肯定感の低い人は、自分の決定に自信を持てないことがあります。

そのような人と接する際は、相手の意思決定を支持することが大切です。

「君が決めたことは尊重する」「君の決断を応援している」など、相手の意思を肯定的に受け止める言葉をかけましょう。

相手の自主性を尊重し、決定を後押ししてあげましょう。

接し方5. 相手の長所を認め、褒める

自己肯定感の低い人は、自分の長所や良いところに気づきにくいものです。

そのような人と接する際は、相手の長所を見つけ、褒めることが大切です。

「君は、○○がとても上手だね」「君の××は、とても魅力的だと思う」など、相手の良いところを具体的に伝えます。

相手の自信につながる言葉を積極的にかけましょう。

接し方6. 相手に過度な期待をかけない

自己肯定感の低い人に対して、過度な期待をかけてしまうと、相手にプレッシャーを与えてしまう恐れがあります。

そのような人と接する際は、相手の能力や可能性を信じつつも、過度な期待は避けることが大切です。

相手のペースを尊重し、成長を見守る姿勢を持ちましょう。

プレッシャーをかけすぎず、相手が自然体でいられるよう配慮しましょう。

接し方7. 相手のミスや失敗を責めすぎない

自己肯定感の低い人は、ミスや失敗を恐れる傾向にあります。

そのような人と接する際は、ミスや失敗を責めすぎないよう注意しましょう。

「誰でもミスはあるものだよ」「失敗は成長のチャンスだと思う」など、ミスや失敗を肯定的に捉える言葉をかけることが大切です。

相手が挑戦する意欲を失わないよう、フォローします。

自己肯定感の低い人と接する際は、このように相手の感情や状況を理解し、支えることが何より大切です。

相手の良いところを認め、時には失敗を許容する姿勢を持つことで、相手の自己肯定感を高めることにつながるでしょう。

自己肯定感の低い人も、周囲の支えがあれば、少しずつ自分を肯定的に捉えられるようになっていきます。

周囲の人の理解と支援が、自己肯定感の低い人の成長を後押しするのです。

おわりに

自己肯定感は、私たち一人ひとりの人生の質を大きく左右する重要な要素です。

自分自身を肯定的に捉え、自分の可能性を信じることができれば、より充実した人生を送ることができるでしょう。

自己肯定感を高めるためには、自分自身と向き合い、具体的な行動を積み重ねていくことが大切です。
自分の良いところを見つめ直し、自分に優しい言葉をかけること。

小さな成功体験を積み重ね、自分の可能性を信じること。

これらの行動を通して、自己肯定感を高めていくことができます。

そして、自己肯定感が高まれば、自信を持って人生を歩んでいくことができるでしょう。

自己肯定感を高めることは、一朝一夕にはできません。

しかし、一歩一歩、自分を肯定的に捉える習慣を身につけていくことで、必ず自己肯定感は高まっていくはずです。

ぜひ、本記事を参考に、自己肯定感を高める第一歩を踏み出してみてください。

30秒でわかる!転職サービス診断

当サイト人気の転職エージェント