自己受容とは? 自分を受け入れるための具体的な方法や習慣と自己肯定感との違い

自己受容とは、自分自身のあらゆる側面を認め、受け入れることです。

しかし、多くの人が自己受容の難しさを感じています。

理想と現実のギャップ、過去の失敗体験、他者との比較など、自己受容を阻む要因は様々です。

本記事では、自己受容の意味や必要性、自己肯定感との違いを解説し、自己受容を高めるための具体的な方法をお伝えします。

本記事のポイント
  • 自己受容とは、自分の長所も短所も含めて、ありのままの自分を受け入れること
  • 自己受容は、自己肯定感、ストレス耐性、人間関係など、様々な側面に影響を与える
  • 自己受容を高めるには、自己理解、自分を受け入れる練習、環境の整備などが大切





自己受容とは

自己受容の意味とは

自己受容とは、自分の長所も短所も含めて、ありのままの自分を認め、受け入れることです。

自分の感情、思考、行動、外見、能力など、自分の全てを肯定的に捉えることを意味します。

自己受容は、自分自身を無条件に愛し、尊重することでもあります。

自己一致と自己不一致

自己受容は、「理想の自己」と「現実の自己」が一致している状態を指します。

一方、自己不一致は、理想と現実のギャップが大きい状態です。

自己不一致の状態では、自己受容が難しくなります。

自己受容が必要な理由

自己受容は、心の健康と成長に不可欠です。

自分を受け入れることで、自信が持て、新しいことへの挑戦がしやすくなります。

また、ストレスへの耐性も高まります。

自己受容は、自分らしく生きるための土台となるのです。

自己受容ができないことによる悪影響

自己受容ができないと、自己肯定感が低下し、不安やストレスを感じやすくなります。

また、対人関係も上手くいきにくくなります。

自己受容ができないことで、自分の可能性を制限してしまうこともあるでしょう。

自己受容と自己肯定感の関連性と違い

自己受容と自己肯定感は密接に関連していますが、同じではありません。

自己受容は自分の全てを受け入れることですが、自己肯定感は自分の価値を認めることです。

自己受容が高まると、自己肯定感も高まりやすくなります。

自己受容と自己効力感の関連性と違い

自己受容は、自分を受け入れることですが、自己効力感は、自分の能力に対する信念です。

自己受容が高いと、自己効力感も高まりやすくなります。

自分を受け入れられている状態では、自分の能力を信じることができるからです。

自己受容と自己慈愛(セルフコンパッション)の関連性と違い

自己受容は、自分を受け入れることですが、自己慈愛は、自分に優しくすることです。

自己受容が高いと、自己慈愛も高まります。

自分を受け入れられている状態では、自分に優しくできるからです。

自己受容と自己否定の違い

自己受容は、自分の全てを受け入れることですが、自己否定は、自分の存在を否定することです。

自己受容が低いと、自己否定に陥りやすくなります。

自己否定は、自分の成長を阻害します。

一方、自己受容は、自分の成長を促進します。

自己受容が難しい7つの原因

原因1. 「理想の自己」と「現実の自己」にギャップがある

理想の自分と現実の自分にギャップがあると、自己不一致の状態になり、自己受容が難しくなります。

理想が高すぎると、現実の自分を受け入れられなくなるのです。

理想と現実のバランスを取ることが大切です。

原因2. 他者と比較をしてしまう

他者と自分を比較して、自分を劣っていると感じると、自己受容が低下します。

他者との比較は、自分の価値を見失わせます。

自分の価値は、他者との比較で決まるのではなく、自分自身の中にあることを忘れないでください。

原因3. 過去の失敗体験のとらわれてしまっている

過去の失敗体験にとらわれていると、自分を否定的に捉えやすくなり、自己受容が難しくなります。

失敗は誰にでもあるものです。

失敗から学び、成長するための機会と捉えることが大切です。

原因4. ネガティブなセルフトークをしている

自分に対して否定的な言葉をかけていると、自己受容が低下します。

ネガティブなセルフトークは、自分を傷つけ、自己受容を妨げます。

自分に優しい言葉をかけることを心がけましょう。

原因5. 自分に対して厳しすぎる

自分に対して高い基準を持ち、厳しく接していると、自己受容が難しくなります。

完璧主義は、自己受容の敵です。

完璧でなくても、自分を認めることが大切です。

原因6. 周囲から不当に低い評価を受けていた

周囲から不当に低い評価を受けていると、自己評価が低下し、自己受容が難しくなります。

他者の評価に振り回されないことが大切です。

自分の価値は、自分自身で決めるものだということを忘れないでください。

原因7. トラウマや否定的な扱いを受けた経験がある

過去にトラウマや否定的な扱いを受けた経験があると、自己受容が阻害されます。

トラウマは、自己受容を妨げる大きな要因です。

トラウマを乗り越えるためには、専門家の助けを借りることも検討しましょう。

自己受容ができない原因は人それぞれ異なります。

自分自身と向き合い、自己受容を妨げている要因を特定することが大切です。

そして、その要因を一つ一つ乗り越えていくことで、自己受容が高まっていくのです。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

自己受容の6つのメリットと良い影響

メリット1. 心が安定する

自己受容が高いと、自分に対する肯定的な感情を持ちやすくなり、心が安定します。

自分を受け入れられている状態では、ネガティブな感情に振り回されにくくなるのです。

心の安定は、ストレスマネジメントにも役立ちます。

メリット2. 自己肯定感が高まりチャレンジしやすくなる

自己受容が高いと、自己肯定感が高まり、新しいことへのチャレンジがしやすくなります。

自分を信じる力が強くなるので、失敗を恐れずに挑戦できるようになるのです。

チャレンジを通して、自分の可能性を広げることができます。

メリット3. 人間関係の満足度が高くなる

自己受容が高いと、他者への共感性が高まり、人間関係の満足度が高くなります。

自分を受け入れられている状態では、他者も受け入れやすくなるからです。

良好な人間関係は、人生の質を高めてくれます。

メリット4. 対人恐怖が少なくなる

自己受容が高いと、他者からの評価を気にしなくなり、対人恐怖が少なくなります。

自分の価値は、他者の評価で決まるのではなく、自分自身で決めるものだと理解できるからです。

対人恐怖が少なくなることで、社会生活がスムーズになります。

メリット5. ストレス対処能力やレジリエンスが高まる

自己受容が高いと、ストレスへの耐性が高まり、困難な状況でも立ち直る力が養われます。

自分を受け入れられている状態では、ストレスに打ち勝つ内面の強さを持つことができるのです。

レジリエンスは、人生の様々な局面で役立ちます。

メリット6. 人生に対する幸福感が増える

自己受容が高いと、自分の人生に対する満足度が高まり、幸福感が増えます。

自分らしく生きることができるからです。

自分の人生に責任を持ち、主体的に生きることで、人生の質は向上します。

自己受容は、自分らしい人生を歩むための土台となります。

自分を受け入れ、自分らしく生きることで、人生はより豊かなものになるのです。

自己受容を促進する具体的な6つの方法

方法1. 自己認識を深める

自己受容を高めるためには、まず自分自身を深く知ることが大切です。

自分の感情、思考、行動のパターンを理解することで、自分らしさを受け入れやすくなります。

以下のような方法で、自己認識を深めていきましょう。

自分の感情を客観的に観察して言語化する

自分の感情を客観的に観察し、言葉で表現してみましょう。

感情を言語化することで、自分の内面を理解しやすくなります。

  • 感情が湧き上がってきたら、その感情に名前をつけてみる
  • 感情を感じている自分を、第三者の視点から眺めてみる
  • 感情の背景にある思考や欲求を探ってみる

自分の思考パターンを理解する

自分の思考パターンを理解することで、自分の特性を知ることができます。

  • 自分の考え方の癖を観察してみる
  • ネガティブな思考に陥りやすい状況を特定してみる
  • 思考の背景にある価値観を探ってみる

自分の長所と短所を認識する

自分の長所と短所を客観的に認識することが大切です。

長所も短所も、自分の一部として受け入れましょう。

  • 自分の強みや良い点をリストアップしてみる
  • 苦手なことや改善点も書き出してみる
  • 長所と短所のバランスを意識してみる

方法2. 自分を受け入れる

自己認識が深まったら、次は自分を受け入れる練習をしていきましょう。

自分の感情や特性を、あるがままに受け止めることが大切です。

以下のようなことを意識してみてください。

ネガティブな自分の感情を受け入れる

ネガティブな感情も、自分の大切な一部分です。

そのような感情を抑圧せずに、受け止めてみましょう。

  • ネガティブな感情を感じたら、それを否定せずに観察してみる
  • 感情の背景にある欲求を理解してみる
  • 感情を感じている自分を受け入れる

苦手なことやできないことを受け入れる

誰にでも苦手なことやできないことがあります。

それらを自分の一部として認めることが大切です。

  • 苦手なことやできないことをリストアップしてみる
  • 苦手なことやできないことを受け入れる
  • 苦手なことやできないことを補う方法を考えてみる

自分の限界を受け入れる

自分の限界を知り、受け入れることも大切です。

完璧である必要はありません。

  • 自分の限界を知る
  • 限界を超えそうになったら、助けを求める
  • 完璧でなくても良いと自分に言い聞かせる

方法3. 目標を現実的なものに見直す

自己受容を妨げる要因の一つに、非現実的な目標設定があります。

目標を現実的なものに見直すことで、自己受容が高まります。

  • 自分の目標を見直してみる
  • 目標が現実的かどうか確認する
  • 必要に応じて、目標を調整する

方法4. 自分への思いやりを持つ

自分に優しくすることも、自己受容を高めるために大切です。

自分を思いやる言葉をかけ、自分を大切にする時間を持ちましょう。

  • 自分に優しい言葉をかける
  • 自分を労わる時間を持つ
  • 自分への思いやりを大切にする

方法5. 自分の成長や実績を振り返る

自分の成長や実績を振り返ることで、自己受容が高まります。

小さな成長や実績も、自分を認める材料になります。

  • 過去の自分と今の自分を比べてみる
  • 小さな成長や実績を書き出してみる
  • 成長や実績を自分で認めてあげる

方法6. 誰かのサポートを受ける

自己受容の道のりは、一人で歩むのは大変です。

誰かのサポートを受けることで、自己受容が高まります。

以下のような方法で、サポートを得ましょう。

親しい人のサポートを受ける

親しい人に自分の悩みを打ち明け、サポートを受けましょう。

自分を受け入れてくれる人の存在は、自己受容を高めるために重要です。

自分を受け入れてくれるコミュニティを探す

自分を受け入れてくれるコミュニティに参加することも、自己受容を高める方法の一つです。

同じような悩みを抱える人と交流することで、自分を受け入れやすくなります。

カウンセリングを受ける

専門家のカウンセリングを受けることも、自己受容を高める有効な方法です。

カウンセラーは、自己受容の道のりをサポートしてくれます。

ロールモデルや名言を見つける

自己受容を実践している人やその名言に触れることで、自己受容への動機づけが高まります。

自分なりのロールモデルを見つけ、その人の言動から学びましょう。

自己受容は、一朝一夕には得られません。

日々の小さな実践の積み重ねが、自己受容を高めていきます。

自分のペースで、自己受容の道のりを歩んでいきましょう。

自己受容を深めるための日々の習慣

自己受容を深めるためには、日々の習慣を見直すことが大切です。

以下のような習慣を取り入れることで、自己受容が高まっていきます。

習慣1. ポジティブなアファメーションを行う

ポジティブなアファメーションを行うことで、自己受容が深まります。

毎日、自分を肯定する言葉を唱えましょう。

  • 「私は自分を受け入れています」
  • 「私は自分の長所も短所も含めて、かけがえのない存在です」
  • 「私は今の自分でいいのです」

習慣2. ジャーナリングをする

自分の感情や思考を言語化することで、自己理解が深まります。

毎日、自分の感情や思考をジャーナルに書き留めてみましょう。

  • その日感じた感情を書き出してみる
  • 感情の背景にある思考を探ってみる
  • 自分の行動を振り返ってみる

習慣3. 自分への感謝の気持ちを持つ

自分の存在に感謝の気持ちを持つことで、自己受容が深まります。

毎日、自分の存在に感謝を示しましょう。

  • 自分の体に感謝を示す
  • 自分の強みに感謝を示す
  • 自分の成長に感謝を示す

習慣4. 自己肯定する時間を持つ

自己肯定感を育む時間を持つことで、自己受容が深まります。

毎日、自分を肯定する時間を持ちましょう。

  • 自分の良いところを思い出す
  • 自分の成果を振り返る
  • 自分を褒める言葉をかける

習慣5. 自然と触れ合う

自然と触れ合うことで、自分自身を見つめ直すことができます。

定期的に自然の中で過ごす時間を持ちましょう。

  • 近くの公園を散歩する
  • 山や海、川など自然豊かな場所を訪れる
  • 自然の中で深呼吸をする

習慣6. 小さなことに感謝する

日常のちょっとしたことに感謝の気持ちを持つことで、自己受容が深まります。

毎日、小さな幸せを見つけ、感謝の気持ちを持ちましょう。

  • 美味しい食事に感謝する
  • 家族や友人の存在に感謝する
  • 今日一日生きていることに感謝する

一つ一つは小さな習慣ですが、これらを毎日続けることで、自己受容は着実に深まっていきます。

自分なりの自己受容の習慣を見つけ、日々実践していきましょう。

自己受容を阻む思考パターンを改善する7つの方法

自己受容を阻む思考パターンを改善することは、自己受容を高めるために重要です。

以下のような方法で、ネガティブな思考パターンを変えていきましょう。

改善1. 全か無かの思考をしていないか確認する

物事を白黒で捉える全か無かの思考は、自己受容を妨げます。

状況を多面的に捉えることを心がけましょう。

  • 「完璧にできなければ意味がない」という考え方を手放す
  • グレーゾーンを認める
  • 物事のプラス面とマイナス面の両方を見るようにする

改善2. ポジティブなセルフトークを行う

自分に対して肯定的な言葉をかけることで、自己受容が高まります。

ネガティブなセルフトークに気づいたら、ポジティブな言葉に置き換えてみましょう。

  • 「〜すべき」という言葉を「〜したい」に変える
  • 「〜できない」という言葉を「〜できるようになりたい」に変える
  • 自分を励ます言葉を言ってみる

改善3. 自分への否定的なラベリングを控える

自分に否定的なレッテルを貼ることは、自己受容を妨げます。

自分をありのままに捉えることを心がけましょう。

  • 「私は〜な人間だ」という決めつけをやめる
  • 自分の行動を客観的に見る
  • 自分の強みと弱みの両方を認める

改善4. 結果よりもプロセスを重視する

結果だけにとらわれると、自己受容が妨げられます。

プロセスを大切にすることで、自分の成長を実感しやすくなります。

  • 結果だけでなく、過程での学びを振り返る
  • 失敗から学ぶ姿勢を持つ
  • 小さな成長を認めて褒める

改善5. 極端な一般化を避ける

一つの出来事から全てを決めつける極端な一般化は、自己受容を妨げます。

個々の出来事を個別に捉えることを心がけましょう。

  • 「いつも〜だ」という考え方を手放す
  • 状況によって物事は変化すると理解する
  • 過去の失敗を現在や未来に当てはめない

改善6. 自分の感情を否定しない

自分の感情を否定することは、自己受容を妨げます。

自分の感情を大切にし、受け止めることを心がけましょう。

  • 自分の感情に蓋をしない
  • 感情の背景にある欲求を理解する
  • 感情を感じている自分を受け入れる

改善7. 他者との比較をやめて自分の成長に焦点を当てる

他者との比較は、自己受容を妨げます。

自分自身の成長に目を向けることで、自己受容が高まります。

  • 他者と比べる癖を手放す
  • 過去の自分と今の自分を比べてみる
  • 自分なりのペースで成長することを受け入れる

ネガティブな思考パターンを変えるためには、意識的な努力が必要です。

自分の思考パターンに注意を払い、少しずつ改善していきましょう。

思考パターンが変われば、自己受容もより深まっていきます。

自分の内面と向き合い、自分らしい思考パターンを築いていきましょう。

自己受容を妨げる環境要因を変える方法

自己受容は、環境からも影響を受けます。

自己受容を妨げる環境要因を変えることで、自己受容が高まります。

以下のような方法で、環境を整えていきましょう。

方法1. リラックスできる部屋にする

自分をリラックスさせてくれる空間は、自己受容を高めるために重要です。

自分の部屋を居心地の良い場所にしましょう。

  • 好きな色で部屋を彩る
  • 植物を置く
  • 心地よい香りのアロマを使う

方法2. SNSアカウントを削除する

SNSは、他者との比較を促し、自己受容を妨げることがあります。

SNSの使用を控えるか、アカウントを削除することを検討しましょう。

  • SNSの使用時間を減らす
  • 自己受容を妨げるアカウントをフォロー解除する
  • SNSアカウントを削除する

方法3. 人間関係を見直す

自分を否定する人との関係は、自己受容を妨げます。

自分を受け入れてくれる人と過ごす時間を増やしましょう。

  • 自分を否定する人との関係を見直す
  • 自分を受け入れてくれる人と過ごす時間を増やす
  • 新しい人間関係を築く

方法4. 転職をする

自己受容を妨げる職場環境は、自己受容を高めるために改善が必要です。

職場環境の改善が難しい場合は、転職を検討することも大切です。

  • 自分に合った職場環境を探す
  • 自分の価値観に合う仕事を見つける
  • 必要に応じて転職する

自己受容を妨げる環境要因は人それぞれ異なります。

自分の環境を見つめ直し、自己受容を妨げる要因を特定することが大切です。

そして、その要因を一つずつ改善していくことで、自己受容が高まっていきます。

自分に合った環境を整えることで、自分らしく生きることができるようになるのです。

自己受容と自己肯定感の関係

自己受容と自己肯定感は密接に関連しています。

自己受容が高まれば、自己肯定感も高まります。

反対に、自己肯定感が高まれば、自己受容も深まります。

ここでは、自己受容と自己肯定感の関係性について詳しく見ていきましょう。

関係1. 自己受容が自己肯定感の基盤となる

自己受容は、自己肯定感を育むための土台となります。

自分自身を受け入れられていないと、自分の価値を認めることが難しくなるからです。

自己受容が高まることで、自己肯定感が育まれていきます。

関係2. 自己受容と自己肯定感は相互に影響する

自己受容と自己肯定感は、お互いに影響し合います。

自己受容が高まれば、自己肯定感も高まり、自己肯定感が高まれば、自己受容も深まるという相互作用があるのです。

自己受容と自己肯定感は、互いに支え合う関係にあります。

関係3. 自己受容により自己肯定感が高まる

自己受容が高まることで、自己肯定感が高まります。

自分のありのままの姿を受け入れられるようになると、自分の価値を認めやすくなるからです。

自己受容は、自己肯定感を高めるための重要な要素なのです。

関係4. 自己肯定感が高まると自己受容も深まる

自己肯定感が高まることで、自己受容も深まります。

自分の価値を認められるようになると、自分のありのままの姿も受け入れやすくなるからです。

自己肯定感は、自己受容を深めるための重要な要素なのです。

関係5. 自己受容と自己肯定感のバランスが大切

自己受容と自己肯定感は、バランスが大切です。

自己受容が高すぎて自己肯定感が低いと、自分の成長が止まってしまうかもしれません。

逆に、自己肯定感が高すぎて自己受容が低いと、自分の弱点を直視できなくなるかもしれません。

自己受容と自己肯定感のバランスを保つことが重要なのです。

関係6. 自己受容と自己肯定感を同時に育てる

自己受容と自己肯定感は、同時に育てていくことが大切です。

自己受容を高める取り組みをしながら、自己肯定感を高める取り組みもすることで、両者のバランスが取れた状態を目指しましょう。

自己受容と自己肯定感を同時に育てることで、より健康的な自己像を形成することができます。

自己受容と自己肯定感は、表裏一体の関係にあります。

両者を育てることで、自分らしく生きることができるようになるのです。

自己受容と自己肯定感を高めるための取り組みを、日常生活の中で実践していきましょう。

自己受容が他者受容をもたらす影響

自己受容は、自分自身への影響だけでなく、他者との関わり方にも大きな影響を与えます。

自己受容が高まると、他者受容も高まるのです。

ここでは、自己受容が他者受容をもたらす影響について詳しく見ていきましょう。

影響1. 自己受容が他者受容の前提となる

自分を受け入れることができてはじめて、他者を受け入れることができます。

自分自身を受け入れられていない人は、他者も受け入れることが難しいのです。

自己受容は、他者受容の前提条件なのです。

影響2. 自己受容が高いと他者への共感が深まる

自己受容が高い人は、他者の感情や立場に共感しやすくなります。

自分自身の感情を受け入れられるようになると、他者の感情も受け入れやすくなるからです。

自己受容は、他者への共感性を高めるのです。

影響3. 自己受容が他者への寛容さを育む

自己受容が高い人は、他者の多様性を認め、寛容な態度で接することができます。

自分自身の個性を受け入れられるようになると、他者の個性も受け入れやすくなるからです。

自己受容は、他者への寛容さを育むのです。

影響4. 自己受容が人間関係の質を高める

自己受容が高い人は、他者とのより良い関係性を築くことができます。

自分自身を受け入れ、他者も受け入れられるようになると、人間関係の質が高まるのです。

自己受容は、人間関係の質を高める重要な要素なのです。

影響5. 他者受容が自己受容を深める

他者を受け入れることで、自分自身への理解も深まります。

他者の多様性を認めることで、自分自身の多様性も認めやすくなるからです。

他者受容は、自己受容を深める働きもあるのです。

影響6. 自己受容と他者受容のバランスが重要

自己受容と他者受容のバランスを保つことが重要です。

自己受容が高すぎて他者受容が低いと、自己中心的になってしまうかもしれません。

逆に、他者受容が高すぎて自己受容が低いと、自分自身を見失ってしまうかもしれません。

自己受容と他者受容のバランスを保つことが大切なのです。

影響7. 自己受容と他者受容を同時に育てる

自己受容と他者受容は、共に育てていくことが大切です。

自己受容を高める取り組みをしながら、他者受容を高める取り組みもすることで、両者のバランスが取れた状態を目指しましょう。

自己受容と他者受容を同時に育てることで、より豊かな人間関係を築くことができます。

自己受容は、他者受容の土台となります。

自分自身を受け入れ、他者も受け入れることで、より良い人間関係を築くことができるのです。

自己受容と他者受容を高めるための取り組みを、日常生活の中で実践していきましょう。

おわりに

本記事では、自己受容について深く掘り下げてきました。

自己受容とは、自分の長所も短所も含めて、ありのままの自分を受け入れることです。

自己受容は、心の健康と成長に不可欠であり、自己肯定感、ストレス耐性、人間関係など、様々な側面に影響を与えます。

自己受容ができない原因は人それぞれ異なりますが、理想と現実のギャップ、他者との比較、過去の失敗体験などが挙げられます。

自己受容を高めるためには、自己認識を深め、自分を受け入れ、ネガティブな思考パターンを変え、自分に合った環境を整えることが大切です。

また、自己受容は自己肯定感と密接に関連しており、両者を同時に育てることが重要です。

さらに、自己受容は他者受容にもつながり、より良い人間関係を築くための土台となります。

自己受容は一朝一夕には得られませんが、日々の小さな実践を積み重ねることで、着実に高まっていきます。

30秒でわかる!転職サービス診断

当サイト人気の転職エージェント