働くことの魅力とは

(読了時間:3分8秒)

毎日、朝早くに出勤し、夜遅くまで働き、疲れた身体で帰宅。仕事をしている人々は忙しく、そして身体を酷使して生活しているといっても過言ではないでしょう。

しかしながら、幸せを感じながら働いている人がたくさんいるのも事実です。

そこで、今回は、「働くことの魅力」をご紹介します。

「お給料」で感じる充実感

労働には必ず報酬がついてきます。「お給料」というものです。がんばって努力して、出した結果に伴い、その金額が上がることもあります。

学生の方のほとんどは、ご両親やご家族が稼いだお金で生活をしていることでしょう。

ご飯を食べたり、映画を見たり、遊びに行けるのもそのお金のおかげです。

しかし、社会人になり、自分でお金を稼ぐようになると、自分で自分の生活を支えていくことになります。

さらに、結婚をして家族ができれば家族の生活費、さらに親が高齢になると老後の面倒もあなたの給料でまかなうことになるかもしれません。

自身で稼いだお金で、生活を成り立たせることは簡単なことではありません。

けれども、とても大きな充実感を得ることができるのも事実です。

家族にちょっとした贅沢をさせてあげられる幸せ。お金を少しずつ貯めて、自分の趣味のためにお金を使う充実感。

そういった「お金を使う喜び」を感じられるのは、そのお金が自分自身で稼いだものだからです。

失敗を重ね、得られる喜び

学生生活を終えて、新社会人になりたての頃は、なかなか仕事がうまくいかないかもしれません。

要領が上手につかめず、先輩から怒られることも多々あるはずです。

しかし、真剣に仕事に取り組んでいれば、少しずつ、一歩ずつでも仕事のスキルアップはできるものです。

失敗をくり返しながらも、そこから学び、経験を積んでいくと、やがては仕事のやり方・進め方、良い仕事の方法を習得できるものです。

運動部に入っている方なら、なかなか勝てなかった試合でも、毎日練習し、対戦相手を研究することで、やっとの思いで勝てた、という経験はないでしょうか?

そうした喜びを、働くことで経験することができるのです。

失敗し、悔しい思いを抱きながらも、努力することで、目標は達成できるでしょう。

そのときに感じる喜びが、働く人の心を満たしてくれるのです。

かけがえのない仲間に

どんな仕事も、たった一人で成立するものはありません。仕事の場では、上司・同期・後輩など、数多くの人々が存在しています。

良い仕事をするには、「自分一人でがんばろう」と思うのではなく、「彼らと協力しながらがんばろう」という思いで働かなければなりません。

社会に出て数年の「新人社会人」でも、経験を重ねた「ベテラン社会人」でも、仕事をしていると必ずプレッシャーを感じるものです。

そのプレッシャーから来るストレスで、心が折れそうになることもあるでしょう。

そんなとき、力になってくれるのが同僚です。

同期のメンバーや、年の近い同僚に愚痴をこぼしたり、あるいは、仕事を手伝ってもらったり励ましてもらったりすることで、プレッシャーのなかでもなんとかがんばれることがあります。

みんなで助け合った、ということも皆さんの学生生活で経験があるのではないでしょうか?

たとえば、文化祭で、あるいは、受験で、ストレスが溜まったり、イライラしてしまったときに、友人に声をかけてもらったり、逆に友人を励ました思い出もあるでしょう。

同じ会社で働く、ということは、助け合える仲間がいるということです。

心が折れそうになったとき、助けてくれた人はあなたにとって、かけがえのない仲間になるはずです。

仕事上で、見つけられたそんな仲間はあなたの宝物になるでしょう。

人の役に立てる仕事をする

仕事は、お金をもらうためだけにするものではありません。

もちろん、生活するため、家族を養うために仕事を一生懸命にがんばる、と考えている人もいるでしょう。

しかしながら、仕事の本質とは「誰かの役に立つためにするもの」です。

どのような仕事も、直接的、あるいは間接的に、誰かの役に立つことができます。

接客・サービス業のように大勢の人とふれあって「ありがとう」とお客さまから声をかけてもらえる機会が多い仕事もあれば、研究職のように黙々と一人でする仕事もあります。

もちろん、この両者を比べたときに、どちらの仕事が良い・悪いというわけではありません。

自分がやりたい仕事に真剣に打ち込めば、目に見えないところでも必ず、その仕事は人や社会の役に立っています。

そして、自分のためだけに働くのではなく、誰かのために働く喜びを自分なりに感じることで、仕事は何倍も楽しくなります。

このように働くことで、ものすごく大きな喜びや充実感を得られることがあります。働いて、お金を手にすることだけが、仕事における幸福だとは言い切れません。

仕事には、遊びでは決して得られない喜びや充実感を味わうことができる可能性を秘めているといえるでしょう。

目的別サービス紹介

すべて完全無料ですので、ぜひ会員登録してみてください。

・大学・専門学校の資料請求なら:スタディサプリ進路

・転職エージェントなら:リクルートエージェント

・20代の転職なら:マイナビジョブ20s

・IT業界の転職(未経験からでもOK):マイナビITエージェント