フィードバックの意味とは? フィードバックの受け方のコツと自己の成長への生かし方

フィードバックは、私たちの成長に欠かせないものです。

しかし、フィードバックを受けるのは簡単なことではありません。

時には、自分の弱みを指摘されて傷つくこともあるでしょう。

また、フィードバックをどのように活かせばいいのか悩むこともあるかもしれません。

本記事では、フィードバックの意味や目的、受け方のコツ、自己成長への活かし方などを詳しく解説します。

本記事のポイント
  • フィードバックは自己成長のための重要なツールである
  • フィードバックを受ける際は、オープンマインドと感謝の気持ちを持つことが大切
  • フィードバックを通じたコミュニケーションは、人間関係を深め、お互いを高め合える





フィードバックとは何か

フィードバックの意味とは

フィードバックとは、ある行動や成果に対して、他者から得られる情報や評価のことを指します。

自分の行動や言動、パフォーマンスなどについて、外部からの意見や反応を受け取ることが、フィードバックの本質です。

それは時に厳しい指摘であったり、励ましの言葉であったりします。

いずれにせよ、自分自身を客観的に見つめ直し、成長につなげていくための重要な情報源となります。

フィードバックのもともとの意味・語源

フィードバックという言葉は、「feed(与える)」と「back(戻る)」を組み合わせた言葉です。

もともとは、システム工学の分野で使われていた専門用語でした。

システムの出力情報の一部を入力にフィードバック(戻す)ことで、システムの状態を安定させたり、目的の状態に近づけたりする仕組みを指していました。

つまり、自分の行動の結果を自分に返すことで、次の行動を調整し、よりよい方向へ導くことを意味しているのです。

フィードバックの目的

フィードバックの主な目的は、自己成長と自己改善です。

他者の視点から自分を見つめることで、自分では気づきにくい課題や改善点を発見できます。

また、自分の強みや長所を再確認することもできるでしょう。

フィードバックを通じて得られた情報を分析し、今後の行動に活かしていくことが重要です。

自分の成長や目標達成のために、フィードバックを積極的に活用していく姿勢が求められます。

フィードバックの種類

フィードバックには、大きく分けて3つの種類があります。

ポジティブフィードバック

ポジティブフィードバックは、良い点や優れた点を伝えるフィードバックです。

あなたの強みや長所、頑張りを認め、称賛するものです。

ポジティブフィードバックは、自信やモチベーションを高め、さらなる成長を促します。

ネガティブフィードバック

ネガティブフィードバックは、改善すべき点や問題点を指摘するフィードバックです。

厳しい内容であっても、成長のための重要な気づきが得られます。

ネガティブフィードバックに真摯に向き合い、課題解決に取り組むことが大切です。

建設的フィードバック

建設的フィードバックは、改善点を指摘するだけでなく、具体的な改善策や提案も含むフィードバックです。

課題解決への道筋が示されるため、行動につなげやすいのが特徴です。

建設的フィードバックを活用し、着実に成長につなげていくことが理想的です。

フィードバックは、自分を成長させるための強力なツールです。

ぜひ、フィードバックを前向きに捉え、自己成長の糧としていきましょう。

フィードバックを受けるメリット・効果

フィードバックを受けることには、多くのメリットがあります。

メリット1. 自分の強みと弱みを把握できる

自分では気づきにくい長所や短所を、他者の視点から知ることができます。

自己認識を深め、自分の強みを伸ばし、弱みを克服する糸口が見つかるでしょう。

メリット2. 目標達成までの道筋や進捗が把握できる

目標に向けて、今の自分がどの位置にいるのかを客観的に知ることができます。

やるべきことや改善点が明確になり、目標達成への道筋が見えてきます。

メリット3. ブラインドスポットを発見できる

自分では気づかない盲点や思い込みに気づくことができます。

新たな気づきは、視野を広げ、さらなる成長につながります。

メリット4. 成長する機会を得られる

フィードバックは、自分を成長させるための重要な機会です。

課題を明確化し、改善策を考えることで、着実にステップアップできます。

メリット5. 他者の視点を取り入れられる

自分とは異なる価値観や考え方に触れることができます。

多様な視点を取り入れることで、柔軟性や創造性が高まります。

メリット6. モチベーションが向上する

良い点を褒められることで、自信とやる気が高まります。

課題を克服しようという意欲も湧いてくるでしょう。

メリット7. 自己認識を深められる

自分自身と向き合う機会となり、自己理解が深まります。

自分の価値観や行動パターンを見つめ直すきっかけにもなるでしょう。

フィードバックは、自分を成長させてくれる強力な味方です。

ぜひ、フィードバックを積極的に受け止め、自己成長につなげていきましょう。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

フィードバックを自己の成長に生かすための5つの心構え

心構え1. 反論や自己防衛をせずオープンマインドで聞く

フィードバックを聞く際には、オープンマインドでいることが大切です。

反論や言い訳をしたくなる気持ちもあるかもしれませんが、グッとこらえましょう。

フィードバックをくれる相手は、あなたの成長を願っているはずです。

素直に耳を傾け、相手の意図を汲み取ることが重要です。

心構え2. ネガティブなことも受け入れる

自分の欠点や改善点を指摘されるのは、決して心地良いものではありません。

しかし、ネガティブなフィードバックにも、重要な気づきが隠れています。

ネガティブな内容も前向きに受け止め、自分の成長のきっかけにしていきましょう。

心構え3. 批判を受けても感情的にならない

厳しい指摘を受けると、感情的になってしまいがちです。

しかし、感情に流されては、フィードバックの本質を見失ってしまいます。

深呼吸をして冷静さを取り戻し、建設的な議論を心がけましょう。

心構え4. 自己肯定感を高めておく

フィードバックを前向きに受け止めるには、自己肯定感が重要です。

自分の長所や価値を認識し、自分自身を大切にする気持ちを持ちましょう。

自己肯定感が高いほど、フィードバックを成長の糧にしやすくなります。

心構え5. フィードバックは成長のチャンスであると考える

フィードバックは、自分を成長させてくれる貴重な機会です。

フィードバックを通じて、自分の可能性を広げていけると信じましょう。

前向きな姿勢で臨めば、きっと大きな成果につながるはずです。

フィードバックに向き合うための心構えを持つことで、自己成長の扉が開かれます。

フィードバックを味方につけて、さらなる成長を目指していきましょう。

フィードバックを効果的に受ける8つのコツ

コツ1. 具体的な行動や言動を聞き出す

フィードバックを受ける際は、具体的な事例を聞き出すことが大切です。

抽象的な表現では、何を改善すべきかわかりません。

「どのような場面で」「どのような行動が」良かった/悪かったのか、具体的に教えてもらいましょう。

明確な行動レベルでフィードバックを受けることで、改善につなげやすくなります。

コツ2. 質問をして理解を深める

フィードバックの内容が曖昧だと感じたら、質問をして理解を深めましょう。

「もう少し詳しく教えていただけますか?」「具体的にはどのような点でしょうか?」など、踏み込んで聞いてみます。

質問することで、フィードバックの本質が見えてきます。

相手の意図を正確に理解することが、フィードバックを活かすための第一歩です。

コツ3. 改善点をメモして整理する

フィードバックを受けた内容は、メモを取って整理しましょう。

特に、改善点や今後の行動目標は、書き出しておくことが重要です。

メモを取ることで、フィードバックの内容を客観的に見つめ直すことができます。

また、後から振り返ることで、自分の成長を実感できるでしょう。

コツ4. 非言語メッセージに気を配る

フィードバックを受ける際は、相手の非言語メッセージにも注目しましょう。

表情や語気、目線など、言葉以外の部分から多くの情報が得られます。

非言語メッセージを読み取ることで、相手の本心や意図をくみ取ることができます。

相手の気持ちを汲み取る姿勢は、良好な関係構築にもつながるでしょう。

コツ5. 感謝の気持ちを伝える

フィードバックをくれた相手には、感謝の気持ちを伝えましょう。

「貴重なご意見ありがとうございます」「今後の参考にさせていただきます」など、前向きな言葉を返すことが大切です。

感謝の気持ちを示すことで、相手はさらなるフィードバックを与えてくれるでしょう。

フィードバックを歓迎する姿勢は、信頼関係の構築にもつながります。

コツ6. 改善策を一緒に考えてもらう

フィードバックをくれた相手に、改善策を一緒に考えてもらうのも効果的です。

「今後どのようにしたらいいでしょうか?」「アドバイスをいただけますか?」など、相手の知恵を借りてみましょう。

改善策を一緒に考えてもらうことで、相手も問題解決に関与してくれます。

協力して課題に取り組む姿勢は、チームワークの向上にもつながるでしょう。

コツ7. 改善点を具体的な行動目標に落とし込む

フィードバックで指摘された改善点は、具体的な行動目標に落とし込みましょう。

抽象的な目標では、行動に移しにくくなってしまいます。

「次回の会議では、話の要点を3つにまとめて発言する」など、具体的な行動レベルで目標を設定します。

明確な目標があれば、着実に改善につなげていけるでしょう。

コツ8. 継続的なフォローをお願いする

フィードバックをくれた相手には、継続的なフォローをお願いしましょう。

「今後も、気づいた点があればぜひ教えてください」と伝えておくことが大切です。

継続的にフィードバックをもらうことで、自分の成長を実感できます。

また、フィードバックをくれる相手との関係性も深まっていくでしょう。

フィードバックを効果的に受けるためのコツを実践することで、自己成長の質が高まります。

ぜひ、これらのコツを意識して、フィードバックと向き合ってみてください。

批判的なフィードバックへの対処法

対処法1. 批判的なフィードバックこそ成長のチャンスと捉える

批判的なフィードバックは、聞くのがつらいものです。

しかし、批判的な内容こそ、自分の成長につながる重要なポイントが隠れているのです。

ネガティブな内容から目をそらさず、真摯に受け止めることが大切です。

課題を克服することで、大きな成長を遂げられるはずです。

対処法2. 感情的にならず冷静に受け止める

批判的なフィードバックを受けると、ついカッとなってしまいがちです。

しかし、感情に振り回されては、建設的な議論はできません。

深呼吸をして感情をコントロールし、冷静に内容を受け止めましょう。

相手の意図を汲み取り、成長のヒントを見出すことが重要です。

対処法3. フィードバックの内容を恐れずに具体的に把握する

批判的なフィードバックの内容は、曖昧にしておきたくなるものです。

しかし、具体的な内容を把握することが、改善への第一歩となります。

恐れずに、具体的な事例や根拠を聞き出しましょう。

明確な指摘は、行動を変えるための重要な指針になります。

対処法4. 自分の行動を振り返り反省する

批判的なフィードバックを受けたら、自分の行動を振り返ってみましょう。

指摘された内容は、本当にその通りだったでしょうか。

自分の言動を客観的に見つめ直し、反省点を見出すことが大切です。

反省を次の行動につなげることで、着実に成長できるはずです。

対処法5. 相手の立場に立って考えてみる

批判的なフィードバックに対しては、相手の立場に立って考えてみるのも効果的です。

相手はなぜそのような指摘をしたのでしょうか。

相手の立場や気持ちを想像することで、新たな気づきが得られるかもしれません。

相手の視点を取り入れることは、視野を広げることにもつながります。

対処法6. 具体的な改善策を考える

批判的なフィードバックを受けたら、具体的な改善策を考えましょう。

問題点を指摘されるだけでは、前に進むことはできません。

自分なりの解決策を見出し、行動プランを立てることが重要です。

小さな一歩から始めて、着実に改善を積み重ねていきましょう。

対処法7. 批判的な内容でも感謝を伝える

批判的なフィードバックの内容は、聞くのがつらいものです。

しかし、フィードバックをくれた相手の勇気と善意に感謝することが大切です。

「厳しい指摘をしてくださり、ありがとうございます」と伝えてみましょう。

感謝の気持ちを示すことで、前向きな関係性を築くことができるはずです。

批判的なフィードバックは、成長のチャンスです。

前向きに受け止め、改善につなげる姿勢を持つことが重要です。

建設的な対処法を実践することで、ネガティブな経験をプラスに変えていきましょう。

フィードバックをお願いする方法

方法1. フィードバックを求める目的を明確にする

フィードバックを求める際は、まず目的を明確にしましょう。

漠然と「フィードバックがほしい」と言うのではなく、具体的な点について意見を求めることが大切です。

「プレゼンの内容について」「リーダーシップのあり方について」など、具体的な項目を伝えることで、的確なフィードバックが得られます。

明確な目的があれば、相手も的を射たアドバイスをしやすいでしょう。

方法2. 成長をサポートしてくれる人にフィードバックを求める

フィードバックを求める相手は、自分の成長をサポートしてくれる人を選ぶことが大切です。

上司や先輩、信頼できる同僚など、あなたの成長を願ってくれる人に相談してみましょう。

単に批判するだけでなく、建設的なアドバイスをしてくれる人が理想的です。

適切な相手を選ぶことで、有益なフィードバックが得られるはずです。

方法3. 相手の都合のよいタイミングでお願いする

フィードバックを求める際は、相手の都合を考えることが大切です。

相手が多忙な時期や気分が乗らない時に頼んでも、良いフィードバックは得られません。

「今週中に時間があれば、ぜひご意見をいただきたいのですが」など、相手の都合を確認してから依頼しましょう。

相手の状況を考えることで、前向きな協力が得られるでしょう。

方法4. フィードバックを受ける場を準備する

フィードバックを受ける際は、適切な場を準備することが大切です。

会議室や喫茶店など、落ち着いて話せる環境を選びましょう。

また、十分な時間を確保することも重要です。

フィードバックの内容をじっくり聞き、議論する時間が必要なのです。

適切な場を準備することで、有意義なフィードバックの機会になるはずです。

方法5. フィードバックを与える側にも負担があると理解しておく

フィードバックを求める際は、相手の負担にも配慮しましょう。

フィードバックを与えることは、相手にとっても労力を要する作業です。

時間や心理的な負担など、相手の負担を理解しておくことが大切です。

お願いする際は、相手の負担を軽減する工夫も必要でしょう。

相手の立場に立って考えることで、円滑なコミュニケーションにつながります。

方法6. 謙虚な姿勢で協力をお願いする

フィードバックを求める際は、謙虚な姿勢で臨むことが大切です。

「私はまだまだ未熟で、アドバイスが必要です」など、素直な気持ちを伝えましょう。

謙虚な姿勢は、相手の協力を得やすくします。

そして、フィードバックをいただけた際には、感謝の気持ちを忘れずに伝えることが重要です。

謙虚に学ぶ姿勢は、あなたの成長を加速させるでしょう。

フィードバックを効果的にお願いする方法を実践することで、自己成長の機会が増えるはずです。

周りの人の力を上手に借りながら、自分の可能性を広げていきましょう。

部下へのフィードバックの与え方

与え方1. 先に部下との信頼関係を築いておく

部下にフィードバックを与える前に、信頼関係を築いておくことが大切です。

普段から部下とコミュニケーションを取り、良好な関係性を構築しておきましょう。

信頼関係があれば、部下はフィードバックを前向きに受け止めてくれるはずです。

また、部下の性格や特性を理解しておくことも重要です。

個々の部下に合ったフィードバックの与え方を工夫することで、効果的な成長支援ができるでしょう。

与え方2. 部下の良い点を認める

部下にフィードバックを与える際は、まず部下の良い点を認めることから始めましょう。

「◯◯の提案は素晴らしかった」「〇〇の対応は良かった」など、具体的な褒める点を伝えます。

部下の頑張りを認めることで、部下のモチベーションを高められます。

褒められることで、部下は自分の強みに気づき、さらなる成長意欲が湧いてくるでしょう。

与え方3. 部下の成長のために行うことを理解してもらう

フィードバックは、部下の成長のために行うことを伝えましょう。

「君のさらなる成長を願って助言します」など、フィードバックの目的を明確に示します。

部下の成長を支援する姿勢を示すことで、部下はフィードバックを素直に受け止められるでしょう。

上司が自分の成長を願ってくれていると実感できれば、部下の士気も高まるはずです。

与え方4. 具体的な事例を挙げてフィードバックする

部下にフィードバックを与える際は、具体的な事例を挙げることが大切です。

抽象的な表現では、部下は何を改善すべきかわかりません。

「〇〇の場面では、こういう言動があった」と、具体的な場面や行動を伝えましょう。

具体的な事例があれば、部下は自分の課題を明確に認識できるはずです。

与え方5. 改善点は建設的に伝える

部下の改善点を伝える際は、建設的な言葉を選びましょう。

「もっとこうした方がいい」ではなく、「こうするともっと良くなる」など、前向きな表現を心がけます。

改善点を伝えるだけでなく、具体的な改善策も一緒に考えることが大切です。

建設的なフィードバックがあれば、部下は前を向いて行動できるでしょう。

与え方6. ポジティブなフィードバックも行う

部下の改善点を指摘する際も、ポジティブなフィードバックを忘れないようにしましょう。

「課題はあるけど、〇〇の部分は良かった」など、良い点も併せて伝えることが大切です。

ネガティブな内容だけでは、部下のやる気を削いでしまいます。

ポジティブな言葉があれば、部下は前向きな気持ちを維持できるでしょう。

与え方7. 部下の意見や考えを聞いて対話する

フィードバックを与えた後は、部下の意見や考えを聞くことが大切です。

「私からの指摘について、どう思うか」と問いかけ、部下の受け止め方を確認しましょう。

部下の意見を聞くことで、部下の理解度や心情を把握できます。

そして、双方向の対話を通じて、部下との相互理解が深まるはずです。

与え方8. 部下の成長をサポートする姿勢を示す

部下にフィードバックを与える際は、部下の成長をサポートする姿勢を示しましょう。

「一緒に頑張っていこう」「いつでも相談に乗るから」など、支援の意思を伝えることが大切です。

上司が味方でいてくれると実感できれば、部下は安心して成長に取り組めるでしょう。

部下の成長をサポートする姿勢は、部下の可能性を引き出すカギとなります。

与え方9. フィードバックの頻度を適切に保つ

部下へのフィードバックは、頻度を適切に保つことが大切です。

頻度が少なすぎると、部下の成長を支援できません。

かといって、頻繁すぎるフィードバックは、部下の自主性を損ねてしまうでしょう。

部下の状況や成長度合いを見極めながら、適切なタイミングでフィードバックを与えることが重要です。

与え方10. フィードバックのタイミングを見極める

部下にフィードバックを与える際は、タイミングを見極めることも大切です。

部下が失敗した直後や、感情的になっている時は避けましょう。

部下が冷静に受け止められる状態の時に、フィードバックを与えることが重要です。

また、プロジェクトの節目など、区切りのつくタイミングを選ぶのも効果的でしょう。

与え方11. フィードバック終了後はしっかりフォローする

部下へのフィードバック終了後は、しっかりとフォローすることが大切です。

「君ならできる」「いつでも相談に乗る」など、部下の挑戦を応援する言葉をかけましょう。

そして、部下の成長の様子を見守り、必要に応じてさらなるアドバイスを与えることが重要です。

上司の継続的なサポートがあれば、部下は着実に成長を遂げられるはずです。

部下の成長を後押しするためのフィードバックの与え方を工夫することで、チームの可能性が大きく広がるでしょう。

フィードバックを通じて、上司と部下の絆を深めていきましょう。

フィードバックを通じたコミュニケーションのメリット

メリット1. フィードバックは信頼関係の構築に役立つ

フィードバックを通じたコミュニケーションは、信頼関係の構築に大きく役立ちます。

フィードバックを与え合うことで、お互いの考えや価値観を理解し合えるようになります。

相手を理解しようとする姿勢は、信頼関係の基盤となるでしょう。

また、フィードバックを通じて、お互いの強みや弱みを認め合うことができます。

お互いの長所を認め合える関係性は、信頼関係を強固なものにしてくれるはずです。

2. オープンなコミュニケーションが促進される

フィードバックを通じたコミュニケーションは、オープンな雰囲気を生み出します。

お互いにフィードバックを与え合える環境があれば、本音で語り合えるようになります。

意見や考えを自由に交換できる風通しの良い関係性は、チームの一体感を高めてくれるでしょう。

また、フィードバックを通じて、お互いの考えを尊重し合う姿勢が育まれます。

相手の意見に耳を傾ける姿勢は、建設的なコミュニケーションにつながるはずです。

3. お互いに相手をより理解することができる

フィードバックを通じたコミュニケーションは、お互いの理解を深めることができます。

フィードバックを通じて、相手の考え方や行動の背景を知ることができるでしょう。

相手の立場に立って物事を見ることで、相手への理解が深まります。

また、自分の言動が相手にどのように受け止められているかを知ることもできます。

自分の言動を客観的に見つめ直すことで、自己理解も深まるはずです。

4. コミュニケーションをする機会が増える

フィードバックを通じたコミュニケーションは、コミュニケーションの機会を増やしてくれます。

「フィードバックを交換しよう」と呼びかけることで、自然とコミュニケーションが生まれるでしょう。

普段は話すことのない相手とも、フィードバックを通じて対話ができるかもしれません。

また、フィードバックを通じて、定期的にコミュニケーションを取る習慣が身につきます。

日常的にコミュニケーションを取ることで、より強固な関係性が築けるはずです。

5. 大きな問題になる前に対処ができる

フィードバックを通じたコミュニケーションは、問題の早期発見・早期解決に役立ちます。

フィードバックを通じて、小さな違和感や問題点に気づくことができるでしょう。

小さな問題のうちに解決策を講じることで、大きな問題に発展する前に対処できます。

また、フィードバックを通じて、お互いの認識のズレを調整することもできます。

認識のズレを放置すれば、大きな摩擦を生むことになりかねません。

フィードバックを通じて、早めに認識のズレを解消することが重要です。

6. 感謝と尊重の気持ちを育むことができる

フィードバックを通じたコミュニケーションは、感謝と尊重の気持ちを育んでくれます。

フィードバックをもらうことで、相手が自分の成長を願ってくれていることを実感できるでしょう。

相手への感謝の気持ちが自然と湧いてくるはずです。

また、フィードバックを通じて、お互いの努力や頑張りを認め合うことができます。

お互いを尊重し合える関係性は、より高い目標に向かって協力し合える土台となるでしょう。

フィードバックを通じたコミュニケーションのメリットを実感することで、より良い人間関係を築いていけるはずです。

フィードバックを積極的に取り入れ、豊かなコミュニケーションを育んでいきましょう。

おわりに

フィードバックは、自分を成長させるための強力なツールです。

他者からの意見や評価を通じて、自分の強みや弱みを知り、課題を明確化することができます。

フィードバックを受けることは、時に勇気のいることかもしれません。

しかし、フィードバックに真摯に向き合うことこそが、成長のカギを握っているのです。

フィードバックを受ける際は、オープンマインドで臨むことが大切です。

感情的にならず、冷静に内容を受け止めましょう。

そして、フィードバックを自分の成長に活かすための心構えを持つことが重要です。

フィードバックは、自分を高めるためのチャンスであると捉えましょう。

また、周りの人にフィードバックを求めることも大切です。

信頼できる人に、率直な意見を求めてみてください。

そして、フィードバックをくれた相手への感謝を忘れずに。

フィードバックを通じたコミュニケーションは、人間関係を深め、お互いを高め合える素晴らしい機会となるはずです。

フィードバックを積極的に取り入れ、自己成長の糧としていきましょう。

30秒でわかる!転職サービス診断

当サイト人気の転職エージェント