キャリア相談の内容で多いものは? みんながしている相談は?

(読了時間:4分45秒)
自分の働き方・生き方で迷ったときにぜひ活用したいのが、キャリア支援のプロと話をしながらサポートを受けられる「キャリア相談」です。

でも、「実際のところはどんな相談ができるの?」「みんながどんな相談をしているのか先に知りたい!」と思う方もいるでしょう。

そこでここでは、キャリア相談の内容で多いもの、よくあるキャリア相談の例をご紹介します。

本記事を参考にしながら、ご自身の相談内容をイメージしてみてください。

キャリア相談ではどんな話ができる?

キャリア相談では、自分の「キャリア」に関するさまざまな悩みや不安について、プロのアドバイザーやカウンセラーに直接相談することができます。

キャリア相談を一般的な就職や転職相談のようなものと考える方もいますが、キャリア相談が対象とするテーマは、単に目の前の「職業」や「仕事」についてだけではありません。

人は、職場や家庭、地域などでさまざまな役割を持っており、日々あらゆる出来事に遭遇します。

もちろん仕事は大事ですが、それ以外の日常の中でのあらゆる経験も、人のキャリア形成に大きく影響をおよぼします。

そうした人生の多様な出来事をどう受け止めてどのように自分らしく生きていくかを考えること、よりよい人生を送るためのお手伝いをするのがキャリア相談です。

アドバイザーとの対話を通して、自分の得意なことや好きなことを発見したり、モヤモヤとした気持ちを整理したり、自分でも気づいていなかった強みや特性を見つけ出すきっかけにもなったりします。

よくあるキャリア相談の内容

キャリア相談では「人の生き方」にまつわる幅広いテーマを扱いますが、以下でよくある相談内容の例をいくつか紹介します。

仕事にやりがいを感じられない

「現在の仕事がつまらない」「仕事に前向きになれない」などは、キャリア相談でとても多い内容です。

仕事にやりがいがないと感じている人は、その原因をじっくりと探っていくことが大事です。

たとえば、キャリア相談でアドバイザーやカウンセラーと話しているうちに、「正しく評価されている実感がない」「単調な仕事ばかりで飽きてしまう」「本当にやりたいことが他にある」など、さまざまな原因が見つかるものです。

こうした悩みを自分一人だけで考えていると、どうしても視野が狭くなり、新しい考え方や気づきも生まれにくいものです。

キャリア相談で第三者に相談することにより、本当の自分の気持ちに気づきやすくなるでしょう。

職場の人間関係で悩んでいる

どのような仕事や職業に就いている人でも、職場の人間関係に悩むことがあります。

たとえば、以下のような悩みを話す人が多いです。

「いつも人間関係でつまづいてしまう」
「上司の指導方法が合わず、仕事がつらくて仕方がない」
「部下とのコミュニケーションがうまくいかない」
「社内でいろんな人の板挟みになってストレスが多い」

人間関係がうまくいかないと、せっかくやる気があった仕事のモチベーションまで下がってしまいがちです。

キャリア相談を通して、まずはモヤモヤとした気持ちを整理しましょう。

そしてプロの意見を聞きながら、どのように問題と向き合っていけばよいか考えていくことは、きっと有意義な時間になるはずです。

自分に向いている仕事がわからない

「どんな仕事をしてもあまり楽しいと感じられない」「自分の強みを発揮できる仕事がわからない」などの悩みも多いです。

向いている仕事をしたいとは思っても、「自分にはたいした経験やスキルがないから…」と思い込んで、行動に移せないこともあるものです。

そんな方でも、第三者の意見を聞きながら自分自身と深く向き合うと、意外な強みに気づくこともあります。

じっくりと自分の経歴を振り返ったり、自己分析をする時間としてもキャリア相談は活用できます。

本当にしたいことが見つからない

仕事に限らず「一度きりの人生、夢中になれることを見つけたい!」という気持ちは、人間が持つ自然な感情です。

でも、誰もがしたいことを簡単に見つけられるわけではありません。

「昔はしたいことがあったのに、働いているうちにわからなくなってしまった」
「夢と現実のどちらを優先させるべき?」
「何をやっても楽しいと思えない…」

なども、キャリア相談の内容で多いものの一例です。

人は生きる中でいろいろなしがらみや感情が芽生えて、いつの間にか自分の気持ちがわからなくなってしまうこともあるものです。

自分が本当にしたいことは何か、キャリア相談を通して深く考えていくきっかけになります。

家庭と仕事を両立させることに不安がある

とくに女性に多いキャリアの悩みが、結婚や出産、育児などの家庭生活と仕事の両立に関するものです。

「育休取得後にキャリアが途絶えてしまうことが不安」
「結婚・出産後、独身時代と同じように働けるかどうかわからない」
「子育てしながらどう仕事に向き合えばいいの?」
「ライフワークバランスのとり方は?」

など、生活が変化する中では、さまざまな気持ちが出てくるものです。

こういったテーマに関しても、キャリア相談では本人の経歴やスキル、理想のライフスタイルなどを整理して、ムリなくその人らしい生き方ができるようにサポートします。

将来に対して漠然とした不安感がある

キャリア相談を受ける人は、全員が具体的ではっきりとした相談事を抱えているわけではありません。

「これという明確な悩みはないけれど、将来に不安を感じる」
「先行きが見えなくて心配になってしまう」
「いまの仕事に大きな不満はないけれど、ずっと続けられる自信がない」
「自分の人生はこのままでいいのかな?」

などの漠然とした不安を抱えている人もいます。

キャリア相談は、自分自身のモヤモヤとする感情の整理にも役立ちます。

ぼんやりとした不安を少しずつ明らかにすることで、もっと前向きに生きることができるようになるでしょう。

キャリア相談の内容で多いものは?まとめ

この記事では、キャリア相談でよくある内容についてご紹介しました。

ですが、人は一人ひとり価値観も違えば、置かれている状況や立場も異なります。

誰一人として、まったく同じ悩みを抱えている人はいません。

自分の生き方について少しでも迷ったら、ぜひ迷わずにキャリア相談を活用してみてください。

目的別サービス紹介

すべて完全無料ですので、ぜひ会員登録してみてください。

・大学・専門学校の資料請求なら:スタディサプリ進路

・転職エージェントなら:リクルートエージェント

・20代の転職なら:マイナビジョブ20s

・IT業界の転職(未経験からでもOK):マイナビITエージェント