女性の造園施工管理技士

女性でも造園施工管理技士になれる?

造園施工管理技士に限らず、「施工管理技士」といわれる種類の資格を持って各領域で仕事をしている人は、女性よりも男性のほうが圧倒的に多いとされています。

その大きな理由としては、建築や土木といった、いわゆる現場で働く職人的な要素が強い仕事であることが挙げられるでしょう。

昔から男性の活躍が目立つ業界とされ、造園分野の造園施工管理技士についても同様となっているようです。

とはいえ、女性では造園施工管理技士になれないというわけではありません。

時代が進むにつれ、女性が建設や土木などの業界に進む例も増えているといわれますし、現場監督として働く女性も出てきています。

女性でも造園施工管理技士を目指していくことは十分に可能です。

女性にとっての苦労は?

造園施工管理技士の国家資格を取得するには、実務経験が求められます。

したがって、学校を卒業したら、まずは造園会社などで職人として下積み経験を積んでいかなくてはなりません。

職人の世界はまだまだ上下関係が強いところが残っていますし、現場では大半が男性ということもあり得ますから、女性が仕事を続けていくには相応の覚悟と熱意が必要になるといえるでしょう。

もちろん、事務などのオフィスワークの仕事とは異なり、屋外での作業や力仕事も発生します。

強靭な身体がなくては無理というわけではないものの、体力はあるに越したことはありません。

女性だからといって職場で差別を受けたり、仕事内容が制限されたりするわけではないものの、こうした点に苦労を感じてしまう女性もいるようです。

本当になりたいかどうかをよく考える

造園施工管理技士としてステップアップするには、性別関係なく、どれだけこの仕事に対する熱意があり、努力できるかが重要だといえます。

男性でも仕事が続かない人は続きませんし、女性であっても社内で順調に昇進して管理職にまでなっている人もいます。

ひとつ言えるのは、この仕事は一朝一夕で一人前になれるわけではなく、専門的な勉強も必要です。

まずは仕事に関するさまざまな情報を集めながら、本当に自分がなりたいと思うかどうかをよく考えてみるとよいでしょう。