役員の社内での位置づけ、役割

役員とは何か

役員は、会社法では「取締役」「監査役」「会計参与」の3種類の総称を意味しています。

また、これらは会社の「機関」の一部となります。

このようにいうと、会社経営に携わっている「会長や社長、専務や常務などは役員でないの?」と思う人もいるかもしれませんが、「会長」「社長」「CEO」といった肩書きは法律で定められたものではなく、あくまでも会社独自の職責上の呼称、敬称の一つです。

しかし、一般的には会社法で定められている役員に限らず、社長、専務、常務などの肩書をつけて経営に携わっている人を「役員」と呼ぶことも多くなっています。

役員というときに、正確にどういった意味で使われているのか知りたい場合には、都度確認する必要があるといえるでしょう。

会社法上での役員の位置づけ

会社法で定められている「取締役」「監査役」「会計参与」の役割は以下の通りです。

・取締役:会社機関の一部である「取締役会」の構成員となり、業務執行の意思決定を担当します。取締役のなかでも代表権を持つのは「代表取締役」となります。
・監査役:取締役と会計参与の業務を監査する権限を持ちます。
・会計参与:取締役と共同して、株式会社の計算書類等を作成します。

株式会社では、最高意思決定機関である「株主総会」が置かれますが、それに加えて上記の役員や、取締役会などの機関も設置しなくてはなりません。

それらをどのように設置しなくてはならないかは、会社の規模や種類などによって異なります。

一般的にいわれる役員の位置づけ

たいていの会社では、「会長」「社長」「副社長」「専務」「常務」「CEO」「COO」といった肩書きを付ける人も役員と呼ばれています。

ここでの役員の位置づけは、広く見て「会社経営に携わるポストに就く人たち」という意味であり、一般社員、つまり「従業員」とは異なる立場になります。

これらの役員は「取締役」の肩書きを持つことも多く、その場合、会社の重要事項や運営方針を決定する権限を有します。

さらに「代表取締役」になると、取締役のなかで最も決定権を持ち、対外的に会社を代表する立場となります。