執行役の仕事内容、役割、給料

会社の重要事項を実行する

執行役は、会社法によって定められている役員であり、「指名委員会等設置会社(指名委員会・監査委員会・報酬委員会を置く株式会社)」といわれる種類の会社に設置が義務付けられています。

執行役のおもな役割は、取締役会決議によって委任された事項の決定や、会社の業務執行を行なうことです。

執行役は取締役会の決議によって選任され、取締役を兼任することもできます。

取締役との関係については、通常、取締役が取締役会の構成員として会社における重要事項の決定や監督を行うのに対し、執行役は会社の業務を執行します。

つまり、会社の重要事項を決定するのが取締役、その決定した事項を実行していくのが執行役という関係になります。

「執行役員」との違いは?

会社では、「執行役」と似た言葉として「執行役員」という肩書きをつける人もおり、両者が混同されて使われることもあるようです。

しかし、この2つの言葉には明確な違いがあります。

執行役は、法律によって一定の条件を満たす会社には設置が義務付けられている立場であるのに対し、執行役員は経営における業務執行を担う存在ですが、「任意制度」といって、あくまでも会社の内部的な呼称のひとつです。

したがって、その役割に法的な根拠があるわけではなく、会社によって執行役員の具体的な仕事内容は異なります。

また、執行役員制度を採用していない会社もあります。

執行役の給料

執行役の給料は、従業員の給与とは異なり、取締役と同じ「役員報酬」といわれるものになります。

一般的に、執行役の報酬は、職務の内容や会社の状況などによって決められますが、業務執行を行う執行役と、経営の監督を担う非執行の取締役の報酬体系は別体系となっていることが多いようです。

また、取締役以上の役員報酬をもらう人もおり、大手企業になると、会社の業績が好調であれば年間報酬が1億円を超える人も出てきます。