Webメディア企業に特有の職種

Webメディア企業で働く人たち

私たちユーザーに対して、さまざまな情報をわかりやすく、面白く提供するWebメディア企業では、さまざまな職種の人たちが活躍しています。

ここでは、Webメディア企業で特有といえる職種を以下に紹介していきます。

ただし、企業によって職種の名付け方が違ったり、複数の役目を兼任していたりすることもよくあります。

とくに、規模が小さな企業では、一人がプロジェクトをまとめながらデザインやコンテンツの編集までやる、といったことも珍しくありません。

代表的な職種

Web編集者

Webメディアを制作する際に、取材・撮影、執筆、編集、進行管理、予算管理などに中心的に携わりながら、コンテンツをまとめて形にしていきます。

「どんなものを作るか」という企画力や想像力と、それを具現化する力が強く求められます。

社内の別職種のスタッフや外部協力スタッフなど、人と関わる機会も多いため、コミュニケーション能力も必須となります。

Webデザイナー

記事などのコンテンツを、どのように見せれば効果的か?よりユーザーに伝わりやすいか?を考えて、デザインを施していきます。

配色やフォント、タイポグラフィなどの知識とセンスはもちろん、各デバイスでの見やすさや情報量などさまざまな点に配慮しながら、ディレクターなどを連携してデザインを完成させます。

Webデザイナーの仕事

Webディレクター

新しいメディアの企画を考えたり、コンセプトや方向性を決定します。

社外のクライアントと打ち合わせをしながら内容を詰めていったり、社内では制作チームのリーダーとして予算やスケジュールなどを管理して指揮をしたりします。

プロジェクトの責任者としての役目を担うことが多いでしょう。

Webディレクターの仕事

開発エンジニア

プログラミング言語を用いて、Webメディアのシステム開発に携わります。

既存サイトのコンテンツ更新やシステムのリニューアル、機能追加などを行ったり、新サイトを立ち上げる際の企画や開発を担当します。

エンジニアとして成長すると、開発者としてプロジェクトを管理するシステムエンジニアやプロジェクトマネジャーなどの役目を担うこともあります。

Webプログラマーの仕事