Webデザイナー需要・現状と将来性

Webデザイナーの現状

以前はWebデザイナーはさほど多くなく、Webサイト利用の目的の多くは「広告」でした。

しかし、今は学習環境やツールも整い、Webデザイナー自体は珍しい存在ではなくなっています。

また、Webサイトの用途は広告だけではなく、さまざまなサービス提供のプラットフォームとしての機能も求められるようになっています。

このような中、Webデザイナーにも幅広いデザインスキルやセンス、Webの知識が必要になっています。

Webサイトの必要性が社会的に高まる中、求人数は安定して多いですが、一方で十分なスキルをもったデザイナーは不足しているといます。

Webデザイナーとして条件のよい仕事に就くためには、既存の仕事に満足せず、スキルアップを続け、新しいジャンルにも積極的に挑戦していくことが大切です。

Webデザイナーの需要

Webサイトの利用がさまざまな形で行われるようになり、WebデザイナーはWeb制作会社だけでなくさまざまな働き口が出てきています。

たとえば、一般の事業会社でもWebの専門部署を設けるケースが増えており、その中でWebデザイナーとして働くこともできます。

また、システム関連の企業でもWebを利用したシステムが一般化してきたため、そのUI(ユーザーインターフェース)をより洗練されたものにするためにWebデザイナーを採用するケースが増えています。

その他、Webブラウザを通してのエンターテーメントの提供や、個人やスクールでのWebデザイン教室などWebデザイナーの需要はさまざまなところで生まれています。

Webデザイナーの将来性

Webデザイナーの基本的な仕事はWebサイトのデザイン作成です。

これは今後も変わることはありません。

しかし、Webサイトを利用する目的やデザインに対する要求が変わりつつあり、「かっこいい」だけのデザインではなく、「使いやすい」デザインのニーズが高まっています。

具体的には「使いやすいボタンやアイコンのデザインと配置」「センスよく機能的な配色」「情報を効率的に整理して表現する技術」などが求められています。

加えて、新しい技術を学び、Webブラウザ上で高速に処理や表示ができるようにし、ユーザーが快適に利用できるようにすることが大切です。

こうしたニーズに応えられるWebデザイナーは、今後も重宝され続けるでしょう。

Webデザイナーの今後の活躍の場

Webデザイナーはそのスキルや実績によって、さまざまな現場で活躍できます。

Webサイトの制作が中心的な仕事になる点は変わりませんが、WebサービスやアプリのUI開発などで活躍するWebデザイナーも増えています。

また、Webサイトに広く関わり、マーケティングやWebを利用した企画を提案できるなど、多方面のスキルを組み合わせることで活躍の幅を広げる人もいます。

外国語ができる人の中には、海外でWebデザインを教えたり、海外に暮らしながら日本の案件を受けるといったことをしている人もいます。

Webデザインが求められる現場は多いため、技術の使い方次第で、活躍の場はどんどん広がっていくと言ってよいでしょう。