Webプログラマーの資格

資格は必要?

結論から言ってしまうと、Webプログラマーになるうえで、資格が求められることはほとんどありません。

就職や転職時に特定の資格が応募条件になるようなことはめったにありませんし、企業側も資格の有無よりも、経験や実績、スキルなどを見ることが多くなっています。

ただし、Webプログラマーの実務に関連する資格を持っていることで、自分が現在どの程度のレベルであるのかを示すのに役立ちます。

また、この仕事ではつねに腕を磨き続ける必要があることから、資格の勉強を通して自身のスキルアップを目指していくといった人も多くいます。

ここからは、Webプログラマーに関連する資格で代表的なものを紹介していきます。

Webプログラマーに関連する資格の種類

情報処理技術者試験

「独立行政法人情報処理推進機構(IPA)」が実施する国家試験です。

基本レベルと応用レベルの2種類の資格があり、前者は情報処理の基礎を理解しているかや、情報技術の原理や知識や技術が一定以上の水準であるかを総合的に評価するもの、後者は技術に加えて管理から経営にいたるまで、高いレベルでのIT人材となるための幅広い知識と応用力があるかを評価するものとなっています。

Webクリエイター能力認定試験

コーディング能力を中心に、Webサイトを作っていくうえで求められる能力全般を認定する試験です。

Oracle Certified Java Programmer

オラクルが行っているJavaの認定資格です。

ブロンズ、シルバー、ゴールドの3段階に分かれており、ブロンズとシルバーは誰でも受験可能です。

その他

上記のほかにも、C言語、Ruby、PHPといった各種プログラミング言語についてのスキルを評価する資格があります。

IT系の資格は多数存在しているため、自分の希望する進路と照らし合わせながら必要な資格の取得を目指していくとよいでしょう。

Webプログラマーを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やWebプログラマーを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost