Webプログラマーの勤務時間・休日

勤務時間

Webプログラマーとして企業に勤めている場合の勤務時間は、他職種の一般的な日勤の会社員と同様に、9:00~18:00くらいの間で設定されていることが多いようです。

Webサイト開発を行う会社は「フレックスタイム制」を導入していることも多く、人によって出社時間や退社時間が異なることがあります。

他業界に比べると柔軟な勤務時間となっている企業も目立ちます。

ただし、開発現場はつねに忙しく動いており、勤務時間を超えて仕事をしなくてはならないことも出てきます。

もちろん企業によって異なりますし、すべてのWebプログラマーが早朝から深夜まで働き続けているわけではないものの、定められた勤務時間外に仕事をするといったこともあるようです。

休日

Webプログラマーの休日は、土・日曜日を休みとする完全週休2日制となることが多いようです。

平常時はきちんと休めますが、納期に間に合わないなどのことがあると、休日出勤をせざるを得ないこともあります。

Webプログラマーはハードワーク?

Webサイト開発は納期が決まっているため、つねに決められたスケジュール内に作業を終えるように動かなくてはなりません。

また、開発には多くのスタッフが関わることが多く、自分の作業が終わっていても他の人の動きによっては一緒に残業をしなくてはならないこともあるでしょう。

度重なるエラーの発生などがあると、どうしても納期付近の作業が多くなりがちで、休日返上での仕事や、徹夜作業を余儀なくされる場合もあります。

こうしたことから、Webプログラマーはハードワークといわれることがあるようです。

ただし、一つの案件が無事に終了したタイミングではしっかり休めることもありますし、すべての職場でつねに激務というわけではありません。

一般には、客先常駐や受託開発に携わるよりも、自社サービスの開発を行うほうが残業時間は少ないといわれています。

Webプログラマーを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やWebプログラマーを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost