Webエンジニアの勤務時間・休日

会社勤めの場合の一般的な勤務時間

会社員として働くWebエンジニアの勤務時間は、一般的に9時~18時くらいとなっています。

会社によっては朝が多少ゆっくりめの10時出社という場合もありますが、だいたい上記の時間帯で働くことになるでしょう。

ただし、企業によってはフレックス制度を設けていたリ、個々の都合に応じて早上がりや午後出社も可能など、フレキシブルな勤務時間で働けるところもあります。

もちろんその時々の仕事の状況が優先にはなりますが、勤務時間も含めて、エンジニアが働きやすい職場環境づくりに取り組んでいる企業が増えているようです。

休日や休暇は?

Webエンジニアが働く企業の大半は、土日が休みの「完全週休2日制」となっているようです。

それに加えて祝日も休みとなり、さらに有給休暇、夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇といった各種休暇制度が一般的です。

このほか、誕生日の前後に休みが取れるバースデー休暇など、ユニークな休暇制度を設けている企業もあります。

サービスのリリース前はどうしても多忙になりがちで、有給休暇を取ることは難しい場合もありますが、業務が落ち着いている時期には連休を取ることもできるでしょう。

残業について

Webエンジニアの残業状況は、勤務先の企業やプロジェクト内容などによって異なります。

IT業界のエンジニアは激務と思われがちですが、Webエンジニアの場合、携わる案件が自社案件開発か、それとも受託開発かによってもハードさは変わってくるようです。

自社サービスの開発に携わる場合、請け負いと比べると比較的スケジュールの組み方にも余裕があり、残業時間はそこまで多くないことも珍しくありません。

一時期、エンジニアの莫大な残業時間が社会問題になったことからか、最近では求人情報上で残業時間の少なさをアピールするものが目立ちます。

気になる人は、そうした点に注目してみるとよいでしょう。