派遣のWebエンジニア

派遣で働く人が多い

Webエンジニアは、Web系の企業に就職して正社員として働く人がいる一方、派遣社員として働いている人もかなり多い職種です。

WebエンジニアだけではなくITエンジニア全般がそうといえますが、派遣の需要は大きく、スキルアップのため、さまざまな現場を経験するため、あるいはより良い給与や待遇を求めて、あえて派遣の働き方を選択するエンジニアもいます。

派遣のWebエンジニアの場合、基本的にはプロジェクトごとに職場を移っていくことになります。

すぐに派遣先が見つかるとは限りませんが、Webエンジニア職はまだ人手不足が続いているため、とくにある程度のキャリアやスキルがある人は、引く手あまたの状態になることもあるようです。

正社員とあまり待遇が変わらない場合も

一般的に「派遣」というと不安定なイメージが持たれがちですが、ITのスキルを持つエンジニアは技術や経験が何よりも重視されることから、しっかりとした実力があると認められれば、派遣であっても良い条件で働けることがあります。

実力を高めると時給もアップし、結果的に正社員と同等かそれ以上の収入を得ている人もいるといわれるほどです。

一方、Webエンジニアが活躍する企業は小規模の企業やベンチャーも多いため、正社員だからといって必ずしも安定性が高いわけではありません。

人材流動性が高く、変化が激しい業界であることから、雇用についての考え方は比較的柔軟であるといえるでしょう。

派遣でも正社員とあまり変わらない給与や待遇となっている場合もあるため、その点にも気を付けながら、自分が理想とする働き方ができる場を探してみるとよいでしょう。

ITエンジニア専門の派遣会社も

派遣会社のなかでも、最近ではITエンジニアに特化した人材派遣を行う派遣会社も出てきています。

そのようなところには、Web系のほか、さまざまなジャンルのITエンジニアの求人があり、自分のキャリアや希望に応じて派遣先を紹介してもらえます。

キャリアカウンセラーによるカウンセリングの充実度や、就業後のサポート体制などは派遣会社によってまちまちであるため、いくつか比較しながら安心して登録できそうなところを選ぶとよいでしょう。