Webエンジニアのする副業

クラウドソーシングの利用が中心

「もっと稼ぎたい」「空いた時間を有効活用したい」「独立するために貯金をつくりたい」といった理由で、副業を考える人が増えていると言われます。

Webエンジニアとしての経験やスキルを持っている場合には、副業をするにしてもまったく関係ないことではなく、エンジニアとしての専門性を発揮できることをしようとする人が多いようです。

最近ではクラウドソーシングが普及したことで、それを使って仕事を見つけようとするケースが急増しています。

Webエンジニアであれば、自身のスキルを把握したうえで、自分が対応できそうな開発案件を請け負って自宅で作業を進めることもできるため、副業に取り組みやすいといえます。

クラウドソーシングが一般的になり、Webエンジニアとしての案件を探そうとするライバルも増えているようですが、高度な技術や専門性が求められる案件であれば、高単価で受注することも可能です。

その他の副業の代表例

在宅でのクラウドソーシング以外に、本業の会社が休みの日のみ、個人で契約をしたクライアント先へ出向いてWebエンジニアとして仕事をしている人もいます。

そのほか、プログラミングスキルを生かしてオンラインのプログラミング講師を務めたり、個人ブログやWebサイトで情報を発信しながらアフィリエイト報酬を得ている人などもいます。

上手に副業を選べば、それがWebエンジニアとしてのスキルアップにつながっていくでしょう。

副業をする際の注意点

もし会社勤めをしている場合には、副業をする前に、勤務先の会社で副業OKとしているかを確認しておく必要があります。

副業の考え方は会社によって異なり、とくに取り決めがない場合もあれば、就業規則で明確に禁止されていることもあるため注意しなくてはなりません。

副業が認められた場合でも、会社の業務に支障が出るような副業の仕方はNGと考えておいたほうがよいでしょう。