フリーランスのWebエンジニア

フリーランスのWebエンジニアとは?

Webエンジニアは、Web系の企業で会社員や契約社員、アルバイト・パートなどの形で雇用されて働くほか、フリーランスで仕事をしていくことも可能です。

個人の技量が問われるIT系エンジニアはもともとフリーランスで働く人が多いとされており、Webエンジニアとして会社で働いている人たちも、最終的に目指すのはフリーランスと考える人もいます。

フリーランスになると、自分次第でさまざまな種類の案件に携わることができるほか、自分が得意な技術や強みを発揮してキャリアアップしていくことがしやすいです。

多様な経験を積むことでて単価を上げ、収入を大きくアップさせることも夢ではありません。

フリーランスのWebエンジニアとして働くには

フリーランスになるのに資格などは必要なく、誰でも思い立ったその日からフリーランスとして働くことは可能です。

フリーランスWebエンジニア向けの案件を扱うエージェントもあり、そうしたところに登録することで、仕事を紹介してもらうことができます。

しかし、個人の実力や信用のみで仕事をし、生活できるだけの収入を得るのは簡単なことではありません。

Webエンジニアはスキルや経験が大きな武器になりますが、とくにフリーランスとして働く場合は、即戦力になれるかどうかが成功の大きなポイントとなります。

そのため、まずは会社でWebエンジニアとしての実務経験を積み、ある程度の自信がついたところで、フリーランスになるのが一般的なルートです。

自分がどのような言語を使い、どのような開発案件に携わっていきたいのかを見据えたうえで、それに近づけるキャリアを歩んでいくことが大切です。

自分から世界を広げていくことも大切

Webエンジニアに限ったことではありませんが、フリーランスで仕事をすると、どうしても自分だけの世界に閉じこもってしまいがちです。

とくにWebエンジニアは、もともと技術を突き詰めるのが好きで、ずっと一人で仕事をしていてもあまり苦にならないタイプの人も多いようです。

もちろん、個人として仕事を請け負うからこそ、一人でやっていく意識は重要ですが、技術に関する外部の勉強会やセミナー・イベントなどに積極的に参加することで、仕事にもつながる出会いがあるかもしれません。

また、仕事をする場所として、自宅ではなくコワーキングスペースを利用すれば、そこでも刺激を受けることができるでしょう。

フリーランスといっても、クライアントとのコミュニケーションは不可欠ですし、新しい情報を人から得ることで自分の世界が広がる面もあるということは理解しておいたほうがよいでしょう。