Webエンジニアが勉強すること

プログラミングの勉強は必須

Webエンジニアは専門知識や技術が必要な仕事とよくいわれますが、勉強すべきことで最も代表的なのはプログラミング言語です。

Webエンジニアがよく使うプログラミング言語は「Java」「PHP」「Perl」「Ruby」「C/C++」「Swift」などが挙げられます。

開発現場によっては、実際のプログラミング作業は「Webプログラマー」が行うこともありますが、Webエンジニアもコードを書くことはありますし、プログラミングスキルを高めておくに越したことはありません。

プログラミングは専門学校やスクールで学ぶこともできますし、参考書や技術書、オンラインのプログラミング講座を利用して独学することも可能です。

データベースやセキュリティの知識も

Webエンジニアは、プログラミング以外にもデータベースやセキュリティ、HTML、CSSといった知識を必要とします。

基礎的なことは市販のテキストでも十分に学ぶことができるでしょう。

外部の勉強会やセミナーに参加し、最新の技術情報やトレンドについて学ぶ人もいます。

資格の勉強について

IT業界に関連する資格は非常に多く、国家資格からベンダー系の資格まで数えきれないほどあります。

資格は昇進や就職・転職に有利だから積極的に取得すべきという意見もあれば、資格よりも経験が重要といわれることもあり、資格の勉強をしたほうがいいのか迷ってしまう人もいるようです。

これについては、個人の考え方や勤務先の考え方にもよるため、どちらが正解というわけではありません。

会社によっては、特定の資格を持っていると手当が支給されたり、昇進の条件になることもあるため、その場合は勉強をして取得を目指すことになるでしょう。

しかし、資格をまったく持っていなくても、主体的に技術の勉強をしてスキルアップし、難しいプロジェクトをたくさんこなしているWebエンジニアも存在します。

単純に「資格を持っている=仕事ができる」ではないため、資格を取ろうと考えている場合は、何のために取るのかをよく考えてから、それに向けた勉強をしていくとよいでしょう。